クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第29回 『大相撲恐竜場所(その1)』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

残暑が厳しいのかなあ,などと期待をしていたら,夏をいっきにうっちゃるように秋がやってきました。夏にもう少し踏ん張っていて欲しくもあったけれど,季節がうつろっていくのが日本の良いところ。

日本の良い国技,であって欲しい相撲業界はバタバタしておりますが,そんなことは関係なく,こちらではクラフトマウス相撲恐竜場所を開催したいと思います。

ご存じトントン相撲で場所を開催しますので,力士は長方形に納まる形でデザインを考えてください。

今回は子供たちも大好きな恐竜を力士にすることにしました。

画像

恐竜を描いてみましょう

  1. 例によって,下書きをスキャンしてIllustrator のアートボードにテンプレートとして配置しました。

    画像

  2. ベジェをつかって描いていきます。

    前回のやり方でトレースして構わないのですが,方向線とアンカーポイントの置き方がいまひとつうまくいかない場合にはこんなやり方もあります。

    下絵に合わせて直線でざっと描画します。

    画像

  3. パスを閉じたら,アンカーポイントの切り替えツールを使って必要なアンカーポイントに丸みをつけていきます。

    画像 画像

  4. 余分なポイントはアンカーポイントの削除ツールで削除しながら描いていきましょう。

    画像 画像 画像

  5. 下あごの部分は,輪郭を直線で描画して,フィルタ→スタイライズ→角を丸くするで,一気に丸みをつけました。

    画像

    画像 画像 画像

    効果メニューにも同様のコマンドがありますが,今回は後で直線に戻すことはありませんから実際にパスの形を変形させるフィルタメニューを使用しましょう。

    このことは次の項でも説明します。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入