クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第33回 『ペタクタ その1 ダミー編』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ペタクタ,なんだそれ?と思われた方,ごもっともです。私もそうでした。

でも,実物をごらんになれば「あ,昔,縁日で見た」とか「懐かしのおもちゃ屋に売っていた」と納得すると思います。

ペタクタ……というより,ペタペタパタパタと絵が変わっていくおもちゃです。

カラクリは「絵がわり絵本」と一緒。

前回「もう少しわかりやすく書いてほしかった」という声が身近でありましたので,今回はじっくりと解説していきます。

わかりやすく書くためにはやはり制作手順を追っていった方が良いに決まっていますから,今回は3回に分けてお送りします。

まずは,その1・ダミーを作ろう編,です。

画像

材料と道具を揃えましょう

必要な材料は

  • 厚紙
  • 紙テープ用の薄紙(あればトレーシングペーパー)
  • 仮止め用テープ(製図用のテープやマスキングテープ)
  • 定規
  • カッター

画像

その他,あると便利な道具は順を追って紹介していきます。

あると便利かな道具その1・三角スケール

画像画像

製図で使う道具です。三角柱の各面に1/100,1/200,1/300,1/400,1/500,1/600の目盛りが刻まれています。

例えば100mmを2等分したいときは1/200の面で100mmの目盛り。3等分したいときは1/300の面の100mmの目盛りがそのサイズに充当しているわけです。

作例では268mmの厚紙を1/400の面のスケールを使って4等分しています。

あると便利かな道具その2・白色ボールペン

画像

ボールペンでなくてもいいのですが,黒では目立ちにくい色,もしくは白の方が目立つ色の紙などに印をつけるのに便利です。

最近のものは,いろいろな質感の紙にも色がのりやすくなっています。

あると便利かな道具その3・カッターマット
その4・長めのスチール定規

画像

カッターマットは大きいほど使い勝手がいいですが,仕舞い勝手は悪いです。作例ではB4サイズのものを使っています。

長めのスチール定規は長尺のものを切るときに,その長さと重みでしっかりとサポートしてくれます。

今回,紙帯にトレーシングペーパーを使いました。私は商売柄ロールで購入しているのでこいつの切り出しにはスチール定規が不可欠です。

どの道具も使い込んでいるので,見た目の悪さはご勘弁ください。

あると便利かな道具その5・透明アクリルグリッドつき三角定規

画像

透明でグリッドのついた三角定規は,90度でものをカットしたいときに便利です。

一度カットに使った定規はエッジがガタガタになっていますから,もうきちんとした直線を引く用途には使えません。

描画用とカット用の定規は使い分けるようにしましょう。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入