クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第35回 『ペタクタ その3 クラフト編』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

長い道のりを乗り越えて,やってきましたクラフト編。

カマボコ板の準備はいかがでしょうか?

無い?

じゃあ,段ボールでもベニヤ板でもいいです。

少し重量があった方が気持ちよくペタクタしてくれますよ。

画像
PDF作例のダウンロード

作例は,A4サイズでプリントするように作ってあります。

PDF利用時のご注意
本サンプルデータは著作物であり,著作権は著作権者 杠聡にあります。営利目的・個人使用に関わらず,データの再配布や転載を禁じます。
本サンプルデータを使用した結果生じたいかなる直接的・間接的損害も,技術評論社,著者は,一切その責任を負いません。
以上の注意事項をご承諾いただいた上で,本サンプルデータをご利用願います。

材料&道具の準備をしましょう

材料のご紹介……なんですが,例によって途中で重大なミスに気づき,せっかく準備したリボンを使いませんでした。

リボンの変わりに丈夫目のビニール袋を用意しておいてください。

詳しくは後ほど解説いたします。

  • カマボコ板 2枚
  • 竹ひご(ちょい太め,割り箸でもOK)
  • 接着剤
  • 帯に使うもの
  • 33回で作ったダミー
  • ノコギリ
  • ホッチキス
  • はさみ
  • プリント用紙(アイロンプリントを準備使いましたが,通常の用紙でもOK)

画像

あると便利な道具シリーズ

マイクロソー
前にもご紹介しましたね。小さいものを切るのに便利なノコギリです。歯が細かいから切断面をきれいに仕上げることができます。これは100円ショップで求めました。
紙ヤスリ

切断面や角を落としてやると,見場が良くなります。木のささくれをとってやるので安全面でもいいですね。

中間くらいの目のもの。作例では240番。丁寧に仕上げたいなら,さらに大きな番数(目が細かくなる)を使ってください。

画像

板に切断線を描いておきます。面倒なようでも4つの面すべてに描いておくと,まっすぐ切る目安をつけやすいです。

画像

クランプ

材料をきっちりとホールドしてくれるので,切断するのが楽になります。

特に今回のように小さい材料を切るときには有効です。接着したものを乾燥するまで挟んでおくときも使えます。

画像

作例では二枚一緒に挟み込んでいます。

直接,材料をクランプで押さえているけど,本当はこれはダメ。写真を撮るために仮にやって見せているだけです。木の材料の表面にクランプの後がついてしまいますから,間に薄い板きれ一枚程度でかまいせん,緩衝材を入れてください。

机の厚みがありすぎて緩衝材がはさめませんでした,たはは。

画像

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入