クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第35回 『ペタクタ その3 クラフト編』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

さらにあると便利な道具シリーズ

卓上作業台

脚の先っぽが吸盤になっていて,表面がつるつるしている机ならガッチリくっついて,本体の大きめクランプ(オレンジのハンドルをくるくるして締め付けます)で材料をがっちり固定してくれる優れもの。木工以外でも活躍してくれます。

画像

高そうだ?

いえ,なんとこれはホームセンターの特売日に980円で手に入れました。

どちらかというと,置いておく場所に困る優れものです。

ハンディヤスリ(正式名称がわかりません)

紙ヤスリは木の破片などに巻いて使うものですが。これはすでにヤスリが台座に固定されています。

子どもでも扱える代物です。ヤスリの部分はねじで簡単に交換できるようになっています。

画像

と,便利な道具シリーズを紹介しているうちに,板を切り終わり,切断面を磨き,ついでに角の面取りも済ませました。

画像

ここで,再考してみます。

ダミーは厚紙を使ったので,一番上の面に棒を貼り付けたけれど,今回は厚みのある板を使っているわけだから,板の側面に穴を開けて,棒を取り付けてやれば絵柄を隠すことなく,カラクリを作ることができるではないですか。

早速実行(でもデザインは気に入っているので,このままでいきます⁠⁠。キリで穴を開けて,竹ひごを木工用ボンドで取り付けました。

画像 画像

穴を竹ひごの太さよりも大きく空けてしまったので,セロテープで太さを調節しています。

画像

イラストと合わせて組み立ててみましょう

  1. デザインをプリントアウトします。

    今回は木目を生かしたくて,アイロンプリントペーパーを使いました。

    アイロンの熱で転写するため,左右を反転して出力しています。

    画像

  2. 前もってデザインに加えておいた,点線のガイドに沿って切っておきます。

    アイロンプリントペーパーを使わないのであれば,切る前に裏面に両面テープを貼っておくといいでしょう。

    その場合はプリント時に反転する必要はありません。

    画像

  3. 用紙の説明書を良く読んで転写します。

    説明書は"布"に転写することを前提に描いてありますから,木に転写する際のさじ加減はご自身でトライアンドアウトして見つけてください。

    くれぐれもヤケドをしないように。お子さんと一緒に作っている場合は,特に注意してあげてくださいね。

    木目が生きていて,いい感じに転写できました。

    画像

  4. 猫の方も転写します。

    転写するときも,この後,帯をつけていくときも,ダミーを確認しながら作業しましょう。

    画像

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com