クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第40回 『動くおばけやしき・その1』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

なつやすみですねえ。

いいなあ,夏休み。

でも,必ず終わりのくる夏休み。

大人になったらもう無い夏休み。

てなことを,こないだラジオでアナウンサーが言っておりました。

至言ですね。

そんな貴重な夏休み。

天気が悪くても,工作を思いっきり楽しんで,そのまま宿題に使えれば一石二鳥!

画像
参考文献
『たのしい紙こうさく2・紙でつくるおもちゃ』小峰書店
『たのしい紙こうさく6・紙でつくるかざり』小峰書店

ダミーを組み立ててみましょう

さあ,今回は夏休みスペシャル。

いつもより多めに作っていきます。

どれも動かせて遊べるようにします。

動かすためのしかけに合わせたデザインにしないと,作ってはみたけど動かない,だからデザインからやり直しました。

というどつぼにはまることに……

そんなことにならないよう,アイデアスケッチを起こし,実際に動かすことの出来るダミーを作ります。

そしてダミーに沿ったデザインを起こしていくことにしましょう。

画像 画像
画像 画像

オバケのホバークラフト

まずは,「すーっとすべるオバケのホバークラフト」。

ホバークラフトというと,大仰ですが,仕掛けはいたって簡単。

三角錐の上部を切り取った立体をつくり,そこから息を吹き込んでフワッと浮かせてしまおうというわけです。

  1. コンパスでクラフト用紙に二重の円を描きます。

    画像 画像

  2. これ一部分残してドーナッツ型に切り抜きます。

    内側の円の大きさは適当です。

    というか,この円の大きさも含めてダミーをいくつもつくりながら,よさげなサイズを探し出していくのです。

  3. あると便利な道具

    サークルカッター

    画像

    写真の2つはどちらも同じ用途の道具です。

    右側の円形の物は,厚手の用紙にも対応しており,鉄製のアーム部分を取り替えることで,かなり大きな円を切り出すことが出来ます。

  4. 上記の展開図で立体を仮組みしてみました。

    息を吹き込む穴がふさがれてしまい,浮いてはくれるのですがスムーズさに欠けます。

    画像

  5. で,今度はこんな展開図でいっってみました。

    画像

    うまくいっているように見えるますね。

    でも,実は接合部分で,かなり無理をしており,本来は円柱のはずの形はガタガタしています。

    画像 画像

    できれば,こんなに扁平でなく,もう少し高さもほしい,

    接地面も後ろ側は結構隙間だらけです。

    ホバークラフトですから,スムーズに動いてもらうには,接地面にできるだけ隙間が少ないのがベターなのです。

  6. 試行錯誤の末,ドーナッツの穴の部分はきれいに切り取ってしまうのがベストだという結論に達しました。

    画像

  7. 顔は後付になりますから自由にデザインすることが出来ます。

    高さ調節も楽ですし,接地面もきれいです。

    画像 画像

  8. さあ,上からふーっと吹いてみてください。

    すーっと動いてくれれば,ホバークラフト・オバケのダミーの出来上がりです。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入