クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第54回 『鬼のお面を作ろう その1』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

  1. イメージをつかむために,まずは実際に並べていってください。

    画像

  2. これかな!?という気がしたら,それがベース・イメージです。

    画像

  3. 顔のパーツを拡大したり,縮小したり,ちょっと位置を動かしてみたり。それがCGの便利なところ。

    画像

  4. ちょっと位置をずらしたり,角度を変えてやるだけで印象が全然違ってきますよね。

    画像

  5. ほとんど同じパーツを使っていても,配置を変えるだけで大人の顔と子供の顔になります。親子の顔を描くときに便利な方法です。

    画像 画像

  6. 髪の毛だって,円形を描画するツールだけで描くことが出来るのです。

    画像 画像

  7. アートワークはこうなっています。単純ですね。

    画像

  8. 目と唇に表情を持たせてみました。これで結構似ています(モデルの写真を載せると怒られるので,作者の言葉だけでご勘弁ください)⁠

    画像

  9. 鬼らしくデフォルメして,出来上がり!

    画像

どうです。ああ,これなら納得,という顔になってくれましたか?

先ほども描きましたが,親しい人であれば,細かいパーツの形や配置よりも,その人がどんなイメージの人なのか,それを一番最初に頭において描いてみてください。単純なパーツの組み合わせでも必ず頭の中にあるイメージとぴったり重なる顔が描けるはずです。

画像

次回は,できあがったイメージをベースに,鬼のお面をクラフトしていきます。

プリントして輪郭を切り取って,ゴムをつけて終わり!てなことにはなりませんのでお楽しみに!

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com