Webクリエイティブ職の学び場研究

第2回 面白法人CTO貝畑政徳氏に訊く(後編)―限界と向き合い,1クリエイターとして突き抜けていく

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

「意味がないもの」を作っている人が好き

前回に引き続き,面白法人カヤックのCTO貝畑政徳さんにお話を伺います。⁠変われる人」というのがカヤック共通の採用条件とは前編の話で触れましたが,技術者に関していえば「ものづくりが好き」も欠かせない条件とのこと。

貝畑さん「僕は意味のないものを作っている人って好きなんですけど,なんでかっていうと,意味がないものってその人にとって意味があるんですよ。その人が自分で欲しいもの,作りたいものを作っている。それは自分でものを作りたい欲求が強い証拠。それを形にしているエネルギーが,僕の中では一番の評価ポイントです。技術力はあるけど何も作っていないとか,大学での課題しかやっていませんでしたって人は,僕の中で⁠技術はあるけどエネルギーはない⁠って判断になっている。作りたいという内発的なエネルギーをもっている人を優先して採っているっていうのはあります」

いかにモチベーションを長く維持し続けるか

とはいえ,その内発的なエネルギーを長く維持し続けるのは難しいもの。そこで考案されたのが前編で紹介した「180度評価」ですが,それだけではありません。カヤックでは普段から,本人がモチベーションをもてる環境づくりを大事にしていました。

貝畑さん「一番単純なモチベーションって向上心とか好奇心ですよね。もっとうまくなりたいとか,新しいものを触りたいとか。だからカヤックでは,効率よりエンジニアの向上心とか好奇心を優先して,やりたいようにやらせているんです。エンジニアがこれを使ってやりたいといった技術を採用するケースが多い。もちろん,他のエンジニアの意見を取り入れて修正することもあるし,やったことはしっかり情報共有していますけど」

業務効率 vs 本人のモチベーション

リスクはもちろん承知の上。それでも,やりたいようにやらせる。このアプローチは「内発的エネルギーを生み出す」以外にも大いにメリットを生み出しているようです。

貝畑さん「効率は良くないんですよ,正直。現在カヤックでは言語を統一していませんが,言語を統一しないと,⁠この言語を使える人が他にいない⁠という状況になるリスクはありますし,短期的に見ればスピード感も落ちると思います。

でも言語を統一しないことで,エンジニアが勝手に新しい技術を外からもって帰ってくるので,それが次のビジネスの種になったり,クライアントワークとか他のサービスに活きるといったメリットがあります。

逆に,これだけやってくださいって話になっちゃうと,ほんとそれしかやらなくなっちゃうので,そこから外の世界に伸びていかないですよね。だから結構自由なほうが長期的にみるといいのかなぁって。常に新しい技術を取り入れているので,変わり身の早さというか,すぐに新しいものに飛びつけるようにはなっていますね。このように変化することも重要だと考えています。そういう意味では今は言語を統一していないけれど,ある年は言語を絞ってみるという選択をしてもいいかもしれない。それぐらい自由でいいと思います」

今多用されている技術も,この先なくならないとも限らない。変化の激しい業界を前提としたとき,業務効率とモチベーションをどうバランスさせるかは,今一度考えてみたいところです。

Webクリエイティブ職は過渡期にある

実際,変化の波は差し迫っているよう。Webクリエイティブ職は今,どんな過渡期にあるのでしょうか。カヤックの「今」を伺ってみました。

貝畑さん「フロントエンドは今一番ニーズがある部署で,業界的にもたぶんそうなっていくと思います。今まではフロントエンドでできることが限られていたけど,スマートフォンが出てきて,クライアントサイドでできることが増えてきて,フロントエンド側にもプログラミングのスキルが必要になってきています。

職種の垣根がなくなってきているので,カヤックでは両方とも技術部で統一しちゃいました。技術部にサーバサイドとフロントエンドエンジニアを両方入れて,その中で課が分かれている感じになっています。またその中にマークアップやJSのエンジニアが所属するHTMLファイ部とうネーミングのチームを新設しました。だから情報共有とかも基本がっちゃんこしてやっていますね」

過渡期は自分の「変われる力」度を評価するチャンス

「自分が担う仕事の領域が広がっていく」ことに対して,カヤックの面々はどんなふうに受け止めているのでしょう。

貝畑さん「エンジニアは喜んでいますね,やれることが増えたので。フロントもやっていいんだって話ですよね。 今までは一人で開発はできてもデザインが苦手っていうのがあったけど,今はフロントエンドのFlashとかJavaScriptもエンジニアが覚えて,まるっと一人でやってしまう状況になってきました。HTMLメインだった人たちも,もっとCSSを頑張ろうとかJavaScriptを覚えようっていうふうに,やれることは広がった感じですね」

「変われる人」かどうかというのは,こういう過渡期にこそ明らかになるのかも。変わらなきゃいけない局面に立っている今,しっかり新しい技術を自分に取り入れて,それを使って作る活動を始めているかどうか。これは「変われる力」を備えているかどうかを見る自己チェック指標になるかもしれません。

著者プロフィール

林真理子(はやしまりこ)

株式会社イマジカデジタルスケープ トレーニングディレクター。1996年より一貫してクリエイティブ職のキャリア支援事業に従事。デジタルハリウッドやエン・ジャパンを経て,2005年より現職。Webに関わる実務者を対象に,クライアントの社員研修や個人向け講座の企画コーディネート,カリキュラム設計,教材開発,講座運営,評価などのインストラクショナルデザインを手がける。日本キャリア開発協会認定CDA,日本MBTI 協会認定MBTI 認定 ユーザー。

バックナンバー

Webクリエイティブ職の学び場研究

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入