CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

第5回 画像にポインタを重ねるとキャプションが現れる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

画像にポインタが重なったらキャプションを示す

それでは,画像にポインタが重なったら,キャプションをアニメーションで示すようにしよう。キャプションの表示・非表示は,opacityプロパティで滑らかに変える。また,transformプロパティにscale()関数を与えて,伸縮のアニメーションも加える。タイトルclass属性"figure-title")と説明書きclass属性"figure-caption")に定めたCSSはつぎのとおりだ。

.figure-title,
.figure-caption {

    opacity: 0;
    transform: scale(10);
    transition: 0.3s ease-in-out;
}

.figure:hover .figure-title,
.figure:hover .figure-caption {
    opacity: 1;
    transform: scale(1);
}
.figure:hover .figure-title {
    transition-delay: 0.1s;
}
.figure:hover .figure-caption {
    transition-delay: 0.2s;
}

コードの中に用いたtransition-delayプロパティは,アニメーションが始まるのを与えた秒数分遅らせる(デフォルト値0s)⁠この値はtransitionプロパティで定めることもできる。今回は要素によって遅らせる時間を変えるため,transition-delayプロパティを使うことにした。これで,画像にマウスポインタを重ねると,キャプションがタイトルと説明書きで少し時間がずれて現れる図4)⁠ここまでのCSSの定めを,以下のコード1にまとめた。

図4 画像にポインタを重ねるとキャプションが時間差で現れる

図4 画像にポインタを重ねるとキャプションが時間差で現れる

コード1 画像にポインタを重ねたときキャプションがアニメーションで現れる

img {
    vertical-align: bottom;
}
.container {
    width: 340px;
    margin: 20px auto;
    cursor: default;
}
.container::after {
    content: "";
    clear: both;
    display: block;
}
.figure {
    position: relative;
    color: white;
    overflow: hidden;
    float: left;
    margin-left: 20px;
    font-family: "Open Sans", sans-serif;
}
.figure-title,
.figure-caption {
    position: absolute;
    left: 20px;
    width: 260px;
    text-align: center;
    opacity: 0;
    transform: scale(10);
    transition: 0.3s ease-in-out;
}
.figure-title {
    top: 10px;
    font-size: 24px;
    font-weight: 600;
}
.figure-caption {
    top: 60px;
    font-size: 12px;
    font-weight: 400;
}
.figure:hover .figure-title,
.figure:hover .figure-caption {
    opacity: 1;
    transform: scale(1);
}
.figure:hover .figure-title {
    transition-delay: 0.1s;
}
.figure:hover .figure-caption {
    transition-delay: 0.2s;
}

画像に色をかぶせる

マウスポインタを重ねたときキャプションを出すのに加え,画像に半透明のカラーをかぶせよう。キャプションが入った<div>要素class属性"mask")につぎのようなCSSを定める。backgroundに半透明のカラーを与え,表示・非表示はやはりopacityプロパティで変えた。transition-durationプロパティは,アニメーションの時間を決める。あらかじめtransitionプロパティで設定された時間だけを変えたい場合に使うとよい。このコードでは,マウスポインタを重ねたときと外したときとでアニメーションの時間が変わる。

.mask {
    position: absolute;
    top: 0;
    width: 100%;
    height: 100%;
    background: rgba(0, 0, 0, 0.4);
    opacity: 0;
    transition: 0.5s;
}

.figure:hover .mask {
    opacity: 1;
    transition-duration: 0.3s;
}

これで,マウスポインタを画像に重ねたとき,キャプションが現れるとともに半透明のカラーがかぶさる図5)⁠背景色により,テキストがより際立つようになった。ここまでのCSSの定めは,以下のコード2にまとめたとおりだ。

図5 ポインタを重ねるとキャプションに加えて画像にカラーがかぶさる

図5 ポインタを重ねるとキャプションに加えて画像にカラーがかぶさる

コード2 ポインタを重ねるとキャプションと半透明のカラーが画像にかぶさる

img {
    vertical-align: bottom;
}
.container {
    width: 340px;
    margin: 20px auto;
    cursor: default;
}
.container::after {
    content: "";
    clear: both;
    display: block;
}
.figure {
    position: relative;
    color: white;
    overflow: hidden;
    float: left;
    margin-left: 20px;
    font-family: "Open Sans", sans-serif;
}
.mask {
    position: absolute;
    top: 0;
    width: 100%;
    height: 100%;
    background: rgba(0, 0, 0, 0.4);
    opacity: 0;
    transition: 0.5s;
}
.figure-title,
.figure-caption {
    position: absolute;
    left: 20px;
    width: 260px;
    text-align: center;
    opacity: 0;
    transform: scale(10);
    transition: 0.3s ease-in-out;
}
.figure-title {
    top: 10px;
    font-size: 24px;
    font-weight: 600;
}
.figure-caption {
    top: 60px;
    font-size: 12px;
    font-weight: 400;
}
.figure:hover .mask {
    opacity: 1;
    transition-duration: 0.3s;
}
.figure:hover .figure-title,
.figure:hover .figure-caption {
    opacity: 1;
    transform: scale(1);
}
.figure:hover .figure-title {
    transition-delay: 0.1s;
}
.figure:hover .figure-caption {
    transition-delay: 0.2s;
}

著者プロフィール

野中文雄(のなかふみお)

ソフトウェアトレーナー,テクニカルライター,オーサリングエンジニア。上智大学法学部卒,慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。独立系パソコン販売会社で,総務・人事,企画,外資系企業担当営業などに携わる。その後,マルチメディアコンテンツ制作会社に転職。ソフトウェアトレーニング,コンテンツ制作などの業務を担当する。2001年11月に独立。Web制作者に向けた情報発信プロジェクトF-siteにも参加する。株式会社ロクナナ取締役(非常勤)。

URLhttp://www.FumioNonaka.com/

著書

コメント

コメントの記入