CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

第5回 画像にポインタを重ねるとキャプションが現れる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

画像に変形のアニメーションを加える

画像にも軽くアニメーションを加えよう。マウスポインタを重ねたら,少し大きくして傾けることにする図6)⁠<img>要素には,つぎのようにclass属性"transform"を与えた。そして,以下のCSSのとおり,transformプロパティに関数rotate()scale()で,回転と拡大の変形を加えている。

<div class="container">
    <div class="figure">
        <img src="images/photo_001.png" alt="pen" width="300" height="200" class="transform">

    </div>
</div>
.transform {
    transition: 0.3s ease-in-out;
}
.figure:hover .transform {
    transform: rotate(-15deg) scale(1.4);
}

図6 ポインタを重ねると画像は大きくなって傾く

図6 ポインタを重ねると画像は大きくなって傾く

リンクボタンをアニメーションで加える

仕上げとして,リンクのボタンをアニメーションで加えよう。<div>要素class属性"container")に,つぎのように<a>要素class属性"info-link")を含める。CSSは以下のとおり,ボタンとしての見た目を整え,画像の下端から上ってくる動きにした図7)⁠アニメーションの始まりはもっとも遅い。書き上がった<body>要素へのタグの記述とCSSの定めは,以下のコード3にまとめたとおりだ。

<div class="container">
    <div class="figure">

    <a href="#" class="info-link">More info</a>
    </div>
</div>
.transform,
.info-link {
    transition: 0.3s ease-in-out;
}

.info-link {
    position: absolute;
    top: 200px;
    left: 100px;
    width: 80px;
    padding: 5px 10px;
    background: navy;
    color: white;
    text-decoration: none;
}
.figure:hover .info-link {
    top: 150px;
    transition-delay: 0.4s;
}

図7 ポインタを重ねたとき最後に画像下端からリンクボタンが上ってくる

図7 ポインタを重ねたとき最後に画像下端からリンクボタンが上ってくる

コード3 画像にポインタを重ねるとキャプションなどがアニメーションで現れる

<div class="container">
    <div class="figure">
        <img src="images/photo_001.png" alt="Cactus" width="300" height="200" class="transform">
        <div class="mask">
            <h3 class="figure-title">Figure Title</h3>
            <p class="figure-caption"><!-- テキスト省略 --></p>
        </div>
        <a href="#" class="info-link">More info</a>
    </div>
</div>
img {
    vertical-align: bottom;
}
.container {
    width: 340px;
    margin: 20px auto;
    cursor: default;
}
.container::after {
    content: "";
    clear: both;
    display: block;
}
.figure {
    position: relative;
    color: white;
    overflow: hidden;
    float: left;
    margin-left: 20px;
    font-family: "Open Sans", sans-serif;
}
.mask {
    position: absolute;
    top: 0;
    width: 100%;
    height: 100%;
    background: rgba(0, 0, 0, 0.4);
    opacity: 0;
    transition: 0.5s;
}
.figure-title,
.figure-caption {
    position: absolute;
    left: 20px;
    width: 260px;
    text-align: center;
    opacity: 0;
    transform: scale(10);
    transition: 0.3s ease-in-out;
}
.figure-title {
    top: 10px;
    font-size: 24px;
    font-weight: 600;
}
.figure-caption {
    top: 60px;
    font-size: 12px;
    font-weight: 400;
}
.figure:hover .mask {
    opacity: 1;
    transition-duration: 0.3s;
}
.figure:hover .figure-title,
.figure:hover .figure-caption {
    opacity: 1;
    transform: scale(1);
}
.figure:hover .figure-title {
    transition-delay: 0.1s;
}
.figure:hover .figure-caption {
    transition-delay: 0.2s;
}
.transform,
.info-link {
    transition: 0.3s ease-in-out;
}
.figure:hover .transform {
    transform: rotate(-15deg) scale(1.4);
}
.info-link {
    position: absolute;
    top: 200px;
    left: 100px;
    width: 80px;
    padding: 5px 10px;
    background: navy;
    color: white;
    text-decoration: none;
}
.figure:hover .info-link {
    top: 150px;
    transition-delay: 0.4s;
}

著者プロフィール

野中文雄(のなかふみお)

ソフトウェアトレーナー,テクニカルライター,オーサリングエンジニア。上智大学法学部卒,慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。独立系パソコン販売会社で,総務・人事,企画,外資系企業担当営業などに携わる。その後,マルチメディアコンテンツ制作会社に転職。ソフトウェアトレーニング,コンテンツ制作などの業務を担当する。2001年11月に独立。Web制作者に向けた情報発信プロジェクトF-siteにも参加する。株式会社ロクナナ取締役(非常勤)。

URLhttp://www.FumioNonaka.com/

著書

コメント

コメントの記入