CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

第15回 ハンバーガーメニューのアニメーション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

ハンバーガーボタンのアニメーション

ハンバーガーボタンclass属性"menu-open-button")のアニメーションからつくろう。チェックボックスclass属性"menu-open")がチェックされたら:checked擬似クラス)⁠3本線の上下はtransformプロパティにrotate()関数で±45度回し,真ん中はscaleX()関数でつぶした。これで,閉じるボタンの×のかたちができあがる図3)⁠

.menu-open:checked + .menu-open-button .hamburger-1 {
    transform: rotate(45deg);
}
.menu-open:checked + .menu-open-button .hamburger-2 {
    transform: scaleX(0);
}
.menu-open:checked + .menu-open-button .hamburger-3 {
    transform: rotate(-45deg);
}

図3 閉じるボタン

図3 閉じるボタン

それでは,transitionプロパティで滑らかなアニメーションにしよう。つぎのように,アニメーションの時間transition-durationプロパティ)やタイミング関数transition-timing-functionプロパティ)の値の変え方を,細かく調整した。ハンバーガーボタンの大きさもtransformプロパティで,マウスポインタを重ねたときや,クリックしたときとでscale()関数により変えている。

.menu-item, .menu-open-button {

    transition: ease-out 200ms;
}

.hamburger {

    transition: 200ms;
}

.menu-open-button {

    transform: scale(1.1, 1.1);

    transition-timing-function: cubic-bezier(0.175, 0.885, 0.32, 1.275);
    transition-duration: 400ms;
}
.menu-open-button:hover {
    transform: scale(1.2, 1.2);
}
.menu-open:checked + .menu-open-button {
    transform: scale(0.8, 0.8);
    transition-timing-function: linear;
    transition-duration: 200ms;
}

cubic-bezier()関数で定めるタイミング関数の値の変わり方は,Cubic Bezier Generatorで確かめられる図4)⁠ここまで書いたCSSを,以下のコード3にまとめた。

図4 cubic-bezier()関数が定める値の変わり方

図4 cubic-bezier()関数が定める値の変わり方

コード3 ハンバーガーボタンのアニメーションを加えたメニュー

.menu-item, .menu-open-button {
    background: darkcyan;
    border-radius: 100%;
    width: 60px;
    height: 60px;
    position: absolute;
    color: white;
    text-align: center;
    line-height: 60px;
    transition: ease-out 200ms;
}
.menu-open {
    display: none;
}
.hamburger {
    width: 25px;
    height: 3px;
    background: white;
    display: block;
    position: absolute;
    top: 50%;
    left: 50%;
    margin-left: -12.5px;
    margin-top: -1.5px;
    transition: 200ms;
}
.hamburger-1 {
    transform: translateY(-8px);
}
.hamburger-3 {
    transform: translateY(8px);
}
.menu-open:checked + .menu-open-button .hamburger-1 {
    transform: rotate(45deg);
}
.menu-open:checked + .menu-open-button .hamburger-2 {
    transform: scaleX(0);
}
.menu-open:checked + .menu-open-button .hamburger-3 {
    transform: rotate(-45deg);
}
.menu {
    position: absolute;
    margin: 10px;
    box-sizing: border-box;
    font-size: 20px;
    text-align: left;
}
.menu-item-1 {
    transform: translateX(80px);
}
.menu-item-2 {
    transform: translateX(160px);
}
.menu-item-3 {
    transform: translateX(240px);
}
.menu-item-4 {
    transform: translateX(320px);
}
.menu-open-button {
    z-index: 2;
    transform: scale(1.1, 1.1);
    cursor: pointer;
    transition-timing-function: cubic-bezier(0.175, 0.885, 0.32, 1.275);
    transition-duration: 400ms;
}
.menu-open-button:hover {
    transform: scale(1.2, 1.2);
}
.menu-open:checked + .menu-open-button {
    transform: scale(0.8, 0.8);
    transition-timing-function: linear;
    transition-duration: 200ms;
}

著者プロフィール

野中文雄(のなかふみお)

ソフトウェアトレーナー,テクニカルライター,オーサリングエンジニア。上智大学法学部卒,慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。独立系パソコン販売会社で,総務・人事,企画,外資系企業担当営業などに携わる。その後,マルチメディアコンテンツ制作会社に転職。ソフトウェアトレーニング,コンテンツ制作などの業務を担当する。2001年11月に独立。Web制作者に向けた情報発信プロジェクトF-siteにも参加する。株式会社ロクナナ取締役(非常勤)。

URLhttp://www.FumioNonaka.com/

著書

コメント

コメントの記入