CSS3アニメーションでつくるインターフェイス表現

第19回 画像のアコーディオン表示

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

タブとキャプションのアニメーションを加える

タブを選ぶときのインタラクションにもうひと手間加えよう。つぎのように,キャプションの要素class属性"accordion-caption")をパネルの大きさに広げて,暗い半透明の背景色で重ねる。タブを選んだり:checked擬似クラス⁠⁠,マウスポインタを重ねた:hover擬似クラス)要素の背景色を透明に近づければ,開いた画像や選ぼうとするタブが明るくなる図4⁠。

.accordion-caption {
    width: 100%;
    height: 100%;
    background: rgba(47, 79, 79, 0.25);
    position: absolute;
    top: 0;
    transition: 0.2s linear;
}

.accordion-tab:checked + .accordion-caption {
    background: rgba(47, 79, 79, 0);
}

.accordion-tab:hover + .accordion-caption {
    background: rgba(47, 79, 79, 0.1);
}

図4 開いた画像とポインタを重ねたタブが明るくなる

図4 開いた画像とポインタを重ねたタブが明るくなる

仕上げにキャプションclass属性"accordion-caption")のテキストの<span>要素をアニメーションさせよう。透明から不透明にフェードインするとともに,少し上の位置から下がってくる。書き上がったCSSの記述は,以下のコード3にまとめたとおりだ。

.accordion-tab:checked + .accordion-caption span {
    opacity: 1;
    top: 50%;
    transition: 0.4s ease-in-out 0.5s;
}

コード3 タブでアコーディオンのように開閉する画像パネルとフェードインするキャプション

body{
    font-family: 'Open Sans Condensed','Arial Narrow', serif;
    background-color: aliceblue;
}
.container {
    position: relative;
    width: 400px;
    margin: 20px auto;
    overflow: hidden;
    box-shadow: 1px 1px 4px rgba(0, 0, 0, 0.08);
    border: 7px solid rgba(255, 255, 255, 0.6);
}
.accordion-panel {
    margin: 0;
    position: absolute;
    top: 0;
    left: 40px;
    width: 240px;
    box-shadow: 0 0 0 1px rgba(255, 255, 255, 0.6);
    transition: 0.3s ease-in-out;
}
.container > .accordion-panel {
    position: relative;
    left: 0;
}
.accordion-image {
    display: block;
}
.accordion-tab {
    position: absolute;
    top: 0;
    width: 40px;
    height: 100%;
    cursor: pointer;
    opacity: 0;
    z-index: 100;
}
.accordion-tab:checked {
    right: 0;
    width: 0;
}
.accordion-tab:checked ~ .accordion-panel {
    left: 240px;
    transition: 0.7s ease-in-out;
}
.accordion-caption {
    width: 100%;
    height: 100%;
    background: rgba(47, 79, 79, 0.25);
    position: absolute;
    top: 0;
    transition: 0.2s linear;
}
.accordion-caption span {
    position: absolute;
    top: 40%;
    margin-top: -20px;
    left: 20px;
    right: 20px;
    text-align: center;
    background: rgba(47, 79, 79, 0.25);
    line-height: 10px;
    font-size: 18px;
    opacity: 0;
    text-transform: uppercase;
    letter-spacing: 4px;
    font-weight: 700;
    padding: 20px;
    color: #fff;
    text-shadow: 1px 1px 1px rgba(0, 0, 0, 0.1);
}
.accordion-tab:checked + .accordion-caption {
    background: rgba(47, 79, 79, 0);
}
.accordion-tab:checked + .accordion-caption span {
    opacity: 1;
    top: 50%;
    transition: 0.4s ease-in-out 0.5s;
}
.accordion-tab:hover + .accordion-caption {
    background: rgba(47, 79, 79, 0.1);
}

著者プロフィール

野中文雄(のなかふみお)

ソフトウェアトレーナー,テクニカルライター,オーサリングエンジニア。上智大学法学部卒,慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。独立系パソコン販売会社で,総務・人事,企画,外資系企業担当営業などに携わる。その後,マルチメディアコンテンツ制作会社に転職。ソフトウェアトレーニング,コンテンツ制作などの業務を担当する。2001年11月に独立。Web制作者に向けた情報発信プロジェクトF-siteにも参加する。株式会社ロクナナ取締役(非常勤)。

URLhttp://www.FumioNonaka.com/

著書