読むウェブ ~本とインタラクション

第6回 次世代のオンラインマガジン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第4回から続くテーマ「嗜好性の高い専門誌(たとえば「BRUTUS」「pen」,「STUDIO VOICE」など)のオンラインマガジン化」をデスクトップアプリケーションの視点で見ていきたい。

前回は,Microsoft社のWFPやAdobe社のApolloについて解説したが,両者に共通する「脱ブラウザ」戦略の布石は2002年のRIAだったといえる(失敗したCentralの経験も含めて)。リッチなインターネットアプリケーションの提供,それは単に仕掛けが大袈裟になったり見栄えがゴージャスになるのではなく,Webアプリケーションとデスクトップアプリケーションの溝を埋める(つまりFlashやPDF,HTML,JavaScriptなどを1つの環境で利用できる)ことに意味がありそうだ。

RIA再び

RIA(Rich Internet Applications)とは,豊かな表現力や操作性の高いWebアプリケーションを表す概念のことである。Flashの技術を採用したものが多いが,AjaxやJavaなどの技術も含まれる。そもそもRIAという用語は,Macromedia社(現Adobe社)によって提唱されたものだ。2002年,RIAについて書かれたホワイトペーパーがFlash MXの発表と同時に公開されている。最初のRIAは,Flash MXの発表会で公開された「Broadmoor Hotel」の予約システムである。画面切り替えなしで簡単に宿泊の予約ができるようにデザインされており,とても革新的でインパクトのあるデモンストレーションだった。ところが,もともとアニメーションソフトだったFlashの特異なインターフェイスに,開発者が馴染めなかったようだ。そのため,RIAが浸透していくのに時間がかかってしまった。

再びRIAが語られるようになった背景には,昨年の6月にリリースされたAdobe Flex 2の評価がある。Eclipseベースの開発環境となり,仕様が厳格化されたActionScript 3.0も登場,大規模な開発にも十分に使えるようになったのである。何より開発者が使い慣れている環境で実行できることで,大きな前進へとつながった。Adobe社のWebサイトAdobe Flex 2: 主な機能で機能ツアーのムービーを視聴できる。RIA開発を大まかにイメージすることが可能だ。

なお,RIAに関する概要は「RIAコンソーシアム」のサイトを見てほしい(RIAコンソーシアムはRIAの普及および発展を促進させる目的で2003年10月に発足した組織)。現在,RIAコンソーシアムには「ユーザーインターフェース分科会」「テクノロジー分科会」「マネージメント分科会」があり,技術研究やノウハウの蓄積,ガイドライン作成などの活動をおこなっている。Webサイトには,RIAデモサイトRich Internet PCが公開されており,RIAとはどのようなものか実際に体験することが可能だ。RIAではお馴染みのPIP(Person In Presentation:人物の動画とWebの画面を組み合わせたプレゼンテーションの手法)による動的なガイダンスも見ることができる。

エキスパンドブックのコンセプト

デスクトップアプリケーションで提供されるマガジンを考える際,ボイジャー(Voyager Japan)T-Time(ティータイム)が参考になる。筆者は90年代の前半にニューヨークのVOYAGER社を訪問し,電子書籍のベースとなるようなシステム(PCとレーザーディスク,CD-ROMを連動させて利用者が制御できるシステム)を見せてもらい,衝撃を受けた記憶がある。PCで読書するための拡張した本「エキスパンドブック」のプロジェクトも動き出していた。

エキスパンドブックとは,電子書籍用のフォーマットのこと(もしくは,そのフォーマットで作られた電子書籍のこと)「ディスプレイで読む」ことに徹底的にこだわっており,文字が見やすいだけではなく,縦書きやルビにも対応している。オーサリングをおこなうためのエキスパンドブックツールキットなども用意されていた。

ボイジャーは,米国本社とのジョイントベンチャーによって1992年に設立。現在,電子書籍のビュワーソフトazur(アジュール)T-Time(ティータイム)を提供している。azurは,5,900冊もの文学作品が読める「青空文庫」のためのビュワーソフト,T-Timeは,TTZ,EBK,BOOK,PDF,HTMLなどの各フォーマットに対応した電子書籍のビュワーソフトである。特徴は以下を参照してほしい。

  • 可読性の高い文字のレンダリング
  • 縦書き
  • 行間や段組み,ホワイトスペースの変更
  • XHTMLのルビ,傍点・傍線に対応
  • JIS X 0213(日本語文字コードの拡張規格)に対応
  • 視覚障碍者(ロービジョン)をサポート,文字サイズ拡大,輝度反転,拡大鏡などの機能を搭載
  • 「電子かたりべ」プレーヤーと連動させ,音声読み上げ
  • Windows,Mac OS,Pocket PC,Palm/CLIEのソフトウェアが用意されている
  • 書き出し機能によって,携帯電話,Apple iPod,SONY PSP,マルチメディアプレーヤーや電子手帳,デジタルカメラでの閲覧(対応機種はサイト内の対応デバイス一覧を参照)

著者プロフィール

境祐司(さかいゆうじ)

インストラクショナル・デザイナー[Instructional Designer]として学校,企業の講座プラン,教育マネジメント,講演,書籍執筆などの活動をおこなう。2000年より情報デザイン関連のオンライン学習実証実験を始める。現在,教育デザイナー育成を目的としたフォーラムを立ち上げるため準備中。著書に「速習Webデザイン Flash CS4」(技術評論社),「Webデザイン&スタイルシート逆引き実践ガイドブック」(ソシム)などがある。

URLhttp://admn.air-nifty.com/monkeyish_studio/

著書

コメント

コメントの記入