読むウェブ ~本とインタラクション

第6回 次世代のオンラインマガジン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

海外で開発されるWebブラウザは,日本語に関する問題が多い。多くのブラウザでは縦書きやルビなどもサポートされていない。ディスプレイで読むマガジン・コンテンツなどは,これらの問題に対応できず妥協して作っているのが現状である。ボイジャーが提供するビュワーソフトは,1993年のエキスパンドブック・ツール・キット日本語版リリースから14年かけて蓄積された「日本語を読む」ためのノウハウが十分に活かされている。デスクトップアプリケーションを設計する上でとても参考になるはずだ。

T-Time(ティータイム)の閲覧画面

「T-Time(ティータイム)」の閲覧画面

現在,米国VOYAGER社は解散しており,日本の学校でも使われているメディアオーサリングツールSqueak(スクイーク)に関連した出版プロジェクトSophie(ソフィー)に携わっている。Sophieサイトにはデモムービーなどが公開されている(次世代のエディトリアルツールをイメージさせる必見の映像である⁠⁠。

オンラインマガジンの仕様

Webブラウザに依存しない,つまりデスクトップアプリケーションで「ディスプレイで読むマガジン・コンテンツ」を提供する場合,以下に示す仕様で開発されることが望ましい。前述したボイジャーのazurT-Timeでは大半の仕様がサポートされているので,使用感などはすぐに試すことができる。

  • 可読性の保証(文字の高品質レンダリング)
  • フォーマットの変更(文字サイズ,フォント,行間,段組み,余白などを読者が自由に変更できる)
  • 縦書き,ルビ,JIS X 0213(日本語文字コードの拡張規格)をサポート
  • アクセシビリティのサポート(文字サイズ拡大,輝度反転,拡大鏡,音声読み上げ,キー操作など)
  • Windows,Mac OSでの動作
  • 携帯電話やPDA,iPod,PSP,マルチメディアプレーヤーなど,さまざまなデバイスでの閲覧
  • 透明テキストによる検索性の向上(AmazonやGoogleが採用している方式)

Microsoft社のWFPやAdobe社のApolloの登場によって,開発は飛躍的に効率化され,今後さまざまなサービスが試行されていくだろう。UI(ユーザーインターフェイス)理論や情報アーキテクチャーなど,要求されるスキルは高くなるが,協業が明確になるため各専門の役割分担で遂行できるはずだ。現在,一部の制作会社では実験的にプロジェクトチームを結成して,iTunesライクなデスクトップアプリケーションの可能性を探っている。マガジン・コンテンツなどは,サンプルとして扱いやすいため,プロトタイプなどが多数開発されているようだ。

重要となるユーザーエクスペリエンスデザイン

デスクトップアプリケーションで提供する場合,インストール時に利用規約が必要となる。大半のアプリケーションはダウンロードのあと,PCにインストールする際,利用規約の画面が表示される。通常,画面の下部に[同意しない]⁠同意する]⁠キャンセル]⁠保存]⁠印刷]などのボタンが配置されており,⁠同意する]ボタンをクリックすることで使用許諾契約あるいはライセンス契約に同意したとみなされる。このようなクリックオン(Click on)形式の契約はデスクトップアプリケーションの主流となっている。法的有効性にはさまざまな議論があり,注視していく必要があるが,概ね有効と考えてよいだろう。

インストーラーや利用規約の手続きなども,アプリケーションごとに異なるが,洗練されたデザインでわかりやすいインストールを実現している製品は印象が良い。操作がスムーズに進められるだけではなく,インストール中に魅力的なビジュアルを表示する等,期待感を高める演出もほどこされている。そして,ほとんどの場合,このような製品はアプリケーション本体のUIなどもセンスがよく使いやすい。提供価値の高いデスクトップアプリケーションを開発するには,ユーザーエクスペリエンスデザイン(User Experience Design)の重要性,利用者とアプリケーションのあらゆるインタラクションについて考えていく必要がありそうだ。

「T-Time(ティータイム⁠⁠」インストール時に表示される利用規約の画面

「T-Time(ティータイム)」インストール時に表示される利用規約の画面

著者プロフィール

境祐司(さかいゆうじ)

インストラクショナル・デザイナー[Instructional Designer]として学校,企業の講座プラン,教育マネジメント,講演,書籍執筆などの活動をおこなう。2000年より情報デザイン関連のオンライン学習実証実験を始める。現在,教育デザイナー育成を目的としたフォーラムを立ち上げるため準備中。著書に「速習Webデザイン Flash CS4」(技術評論社),「Webデザイン&スタイルシート逆引き実践ガイドブック」(ソシム)などがある。

URLhttp://admn.air-nifty.com/monkeyish_studio/

著書