読むウェブ ~本とインタラクション

第16回 電子書籍専門のパブリッシャーになる~近況報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回第15回から,約5ヵ月振りになります。第15回で解説した電子書籍ワークフローもすでに古くなっており,新しい記事として用意することにしました(2011年1月上旬頃を予定)⁠国内の電子出版業界もめまぐるしく変化していますが,私自身も変革の年になりました。今回は,近況報告を兼ねて,自ら実践中の電子出版について取り上げておきます。

まず,書籍のご紹介。12月9日に電子書籍の作り方⁠発行:技術評論社)という本を出しました。概論と実践編で構成されており,EPUBフォーマットの電子書籍に関するプロダクションワークの記述が中心になっています。1年前から始めた電子書籍関連のポッドキャスト番組の内容がベースになっています。200回分あるため,400ページ以上になってしまいました(書籍は240ページにまとめていますので,ご安心ください)⁠デリバリーのプロセスは含まれていませんので,ご興味のある方はポッドキャストのアーカイブをお聴きください。

電子書籍の作り方⁠四六判/240ページ/定価1,449円)

画像

電子書籍専門の出版社

もう一つは,出版社の立ち上げです。まさか,自分がパブリシャーになるとは思いませんでしたが,絶好のタイミングだと判断し,行動に移しました。電子書籍専門の出版社ですが,App Storeなどのメガプラットフォームで販売することは考えていません。また,著者の立場で運営しますが,自分の書籍を電子化するわけでもありません。海外ですと,A Book Apart, A List Apart, An Event Apartが最も近いモデルで,ウェブとライブ・イベントが密接に連携したプロジェクトになるでしょう。本の企画段階から公開していく,コミュニティ・ベースド・パブリッシングが主です。

出版社以外では,以下のプロジェクトを始めます。

有料メルマガの専用サイトをリニューアルし,映像や音声などのマルチメディアレポートを配信。購読者向けのクローズド・サイトだが,一定期間過ぎたコンテンツは,Facebookなどで公開していく予定(現在リニューアル中。1月7日オープン)

画像

「デザインの未来」⁠母体は学校法人)教育プロジェクトで電子出版をスタート。ネット講座と連携。iTunes Store EPUB eTextbook(iTunes U Podcast)とAmazon Kindle Storeが対象。準備中(旧サイト:http://www.commonstyle.jp/

画像

イーブック・エディトリアル・ポリシー

電子書籍のパブリッシャーとして,最初に手掛けた仕事はイーブック・エディトリアル・ポリシーの作成でした。現在の混沌とした状況の中で,近視眼的な行為をとってしまうと,結果的にコモディティ化した量産競争,価格競争に巻き込まれていく危険性があります。長期的な視野で,継続可能な電子出版事業を考えてくことにしました。電子書籍のプロジェクトで最も重要なことは,理念やビジョン,戦略について明確にし,著者や編集者,出版に関わる全ての人たちのコンセンサスを得ることではないでしょうか。

現在準備中の出版社は,オープンスタンダードな規格であるEPUBにこだわりました。自分の著書(IT関連の実用書)を電子書籍化するのであれば,ボイジャーの.bookか,シャープのXMDF3(次世代XMDF)を選択することになりますが,前述したウェブとライブ・イベントを絡めたコミュニティ・ベースド・パブリッシングでは,フォーマットやプラットフォームはあまり重要ではなくなります。

電子出版の方針を明確にし,戦略的に技術(電子書籍フォーマットなど)を採用する

電子出版の方針を明確にし,戦略的に技術(電子書籍フォーマットなど)を採用する

文芸書フォーマットにおけるマシンリーダブルとヒューマンリーダブルの関係(イーブック・エディトリアル・ポリシーより抜粋)

文芸書フォーマットにおけるマシンリーダブルとヒューマンリーダブルの関係(イーブック・エディトリアル・ポリシーより抜粋)

イーブック・エディトリアル・ポリシーでは,⁠トランジショナル・イーブック」「ユニバーサル・イーブック」に分け,長期的には「ユニバーサル・イーブック」の利得を選択するというビジョンを明確にしています。トランジショナル・イーブックとは,⁠移り変わっていく電子書籍⁠のことで,読みたい人がいればどんなフォーマットでも電子書籍として定義します。Wordで書いた文書でも,スキャンしたJPEGのZIP圧縮でも,Twitterのツイートをまとめたテキストでも,プログラミングで作り込んだアプリケーションでも,Ajaxでつくられたブラウザ上の本でも,とにかく,読者が存在すれば,どんなものでも「電子書籍」として定義できるという考え方です。

著者プロフィール

境祐司(さかいゆうじ)

インストラクショナル・デザイナー[Instructional Designer]として学校,企業の講座プラン,教育マネジメント,講演,書籍執筆などの活動をおこなう。2000年より情報デザイン関連のオンライン学習実証実験を始める。現在,教育デザイナー育成を目的としたフォーラムを立ち上げるため準備中。著書に「速習Webデザイン Flash CS4」(技術評論社),「Webデザイン&スタイルシート逆引き実践ガイドブック」(ソシム)などがある。

URLhttp://admn.air-nifty.com/monkeyish_studio/

著書

コメント

コメントの記入