デジタルブランドマネジメント

第8回 アウェアネスレベル:ブランドを超えてリーチを伸ばす方法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ブランドサイトの主な機能はブランドのパーソナリティとベネフィットを,それらを求める人々に伝えることです。認知度が高く,毎日何千もの人が検索をするブランドにとっては,ブランドを検討する人にリーチすることは簡単です。しかし,そのリーチをさらに伸ばすには? 認知度が低い,小さなブランドは? 誰にも知られていない新しいブランドは,どうすれば良いでしょうか?

ブランドサイトはブランドに対し,異なるアウェアネス(認知度)のレベルにいる様々なユーザーをターゲットとすることで,そのリーチを伸ばすことができます。ブランドサイトがターゲットすべきアウェアネスには次の3つのレベルが存在します。

レベル1:問題を認識している レベル2:ソリューションの種類を認識している レベル3:ブランド(または特定のソリューション)を検討している

レベル1のユーザーは直接自身が抱える問題を含むフレーズで検索をしています。彼らはソリューションの「種類」を求めており,この段階で特定のソリューションを検討することはありません。レベル1に対するコミュニケーションは問題を解決するソリューションとして,製品やサービスの「カテゴリー」を提案し,検討させる必要があります。

画像

レベル2のユーザーは製品やサービスの「カテゴリー」を含むフレーズで検索をしています。彼らは問題の解決に最も適したブランド,または特定のソリューションを求めています。レベル2に対するコミュニケーションはユーザーの注意を引き,ブランドを最適なソリューションとして検討させる必要があります。

画像

レベル3のユーザーはブランドや製品名を含むフレーズで検索をしています。彼らはブランドを理解しようと,またはそのバリューを検証しようとしています。レベル3に対するコミュニケーションはブランドのベネフィットを伝え,購入に十分なバリューを感じさせる必要があります。

画像

すべてのアウェアネスレベルのユーザーをターゲットとし,各レベルに応じたコミュニケーションを行うことで,ブランドサイトはそのリーチをブランドの検索を超えて伸ばすことができます。

つまり,すべてのアウェアネスレベルをターゲットに設計されたブランドサイトこそが最も広く,そして深くマーケットにリーチすることができるのです。

著者プロフィール

荻野英希(おぎのひでき)

デジタルマーケティングエージェンシー,FICC inc. 代表取締役社長。
デジタルがブランドをどのように強化し,その役割はブランド毎にどう異なるのか? デジタルブランドマネジメントの仕組みを検証する。

URLhttp://www.ficc.jp/

コメント

コメントの記入