ディレクターズノート-こちら狸穴公園脇ウェブサイト制作所-

第3回 サイトリニューアルに必要な情報を集めよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

綿鍋:
「なんかさ,つっこみどころが多すぎて超,大変そう・。」
埋田:
「同意。どこから手をつけたもんだか・。」
綿鍋:
「でも一応,自分の勤める会社のサイトだし・
今のままじゃ友達にも言えないよなー。やるしかないか・
ふぁー,今日はもう帰ろ・。」

<次の日>

綿鍋:
「おはようございます。」
上部(社長)
「おっ,出来たか,リ・ニュ・ウ・ア・ル・!」
綿鍋:
「・まだです!で,聞きたいことが・・」
上部(社長)
「まだか,そりゃそうだよな。
いやーあれな,すごい大変だったんだぞー。
音楽はミュージシャンの義多郎に作曲してもらってだなー,オレの写真見た? あれもフォトグラファーのアラバーキーに頼んだりしてさー,
あ,全部オレの友達なんだけどさー。
呑み友達ってゆーの?いや,オレって顔広いからさー,
皆使ってくれ使ってくれうるさくってさー。べらべらべら・。」
綿鍋:
「(出た,ウワベ節!今日は負けん!)
はい,それはわかりましたから。
社長はホームページで何がしたいんですか?
友達自慢ですか?」
上部(社長)
「・じ,自慢ってなんだよ,そんな風に言うなよー,きついんだからもー。
あのね,あれ,あれだよ・か,会社の窓口っていうか,
営業マン,営業マンにしたいんだよー!
(と言いながら後ずさる)」
綿鍋:
「って,社長!どこ行く気ですかっ!」
上部(社長)
「打ち合わせだよ,打ち合わせ~,じゃよろしく!」
埋田:
「・行っちゃった。」
綿鍋:
「あー,もう!
またいつものパターンじゃん!
どーすんのー?!」
埋田:
「どーするもなにも,情報が少なすぎるよねぇ・・」
綿鍋:
「うーん・・」

著者プロフィール

阿部良(あべりょう)

ウェブサイトを活用した販売促進型キャンペーンの広告,マーケティングの企画・ディレクションを行うかたわら,減少の一途をたどる老舗銭湯の現状を嘆きつつ,土日はホッピー片手にモツ煮込みを頂く365日。

山形県出身。駒沢給水塔保存委員会会員。


渡邉佳純(わたなべかすみ)

1979年,埼玉県鳩ヶ谷市生まれ。大学卒業後は割烹仲居,デザイン会社,商店売り子,鍛金家工房,音楽レーベル,イラスト描き等,接客・制作の垣根なくアルバイト。某IT系企業に入社し現在に至る。

鬱積した感情をWebデザインと周囲にぶつけ続ける,しゃもじに激似の元オリーブ少女。

コメント

コメントの記入