ECオープンプラットフォームとなったEC-CUBEを徹底活用!

第3回 カスタマイズなしでここまでできる!プラグインの活用法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

前回は,プラグインのダウンロード方法から使用方法まで基本的な部分をお伝えしました。今回はプラグインを使ってどのようなことができるか,現在ダウンロード可能なプラグインを紹介していきながら見ていきたいと思います。

ぜひ今後のECサイト制作の参考にしてください。

現在ダウンロード可能なプラグイン

2012年6月15日現在,EC-CUBEのオフィシャルサイトで配布されているプラグインは54個あります。

まだ最新版のEC-CUBEはリリースされたばかりなので,プラグインの数もこれから増えていくと思われますが,現段階でも目移りするほどさまざまな追加機能や,サービスと連携できるプラグインがリリースされており,今後が非常に楽しみです。

次項よりEC-CUBEのオフィシャルサイトに掲載されているプラグインのカテゴリごとにどのようなプラグインがあるか詳しく見ていきましょう。

オーナーズストアのカテゴリ順に見ていきます

オーナーズストアのカテゴリ順に見ていきます

カテゴリ1:決済

1つ目のカテゴリである「決済」では主に,決済モジュールが配信されています。

ちなみに,EC-CUBEでは機能追加の機構として,モジュールとプラグインという2つの機構が存在します。EC-CUBE2.12.0で新しくリリースされたのは,プラグインの機構の方で,開発や仕様がオープンで,よりライトであるのがモジュールの機構と異なる点です。

決済機能に関しては今後もモジュールという,どちらかというとクローズドな機構により提供がなされるようです。決済機能はセキュリティ面において高クオリティを保つ必要がありますのでユーザーとしては安心して使用できるのではないでしょうか。

その中,決済機能のプラグインとして現状は1つリリースされています。

  • ルミーズ定期購買プラグイン(ルミーズ決済モジュールに定期購買機能を追加)

決済モジュールへの機能追加を行うことができる補助ツールという形式のものがプラグインとして提供されています。

今回唯一提供されている定期購入機能の追加は,EC-CUBE本体ではもちろん実装されていない機能で,昨今非常に要望が高い機能の一つです。決済機能と直接繋がることにより,よりユーザーにとって使いやすいプラグインと言えます。

今後も,購入方法や,決済方法の多様化が進むにつれ,決済モジュールへの機能追加や機能補助という形でプラグインが多々リリースされることが予想されます。

カテゴリ2:集客/ソーシャル

集客サービスやSNS連携といった,主に集客に関するプラグインです。

SNSへの連携というのが昨今のEC業界でも非常に話題ですが,EC-CUBEのプラグインでも現在複数リリースされています。

  • 広告効果測定ツールアドエビスタグ埋め連携プラグイン(広告効果測定ツール『アドエビス』のタグ埋めを簡単に行うことができるプラグイン)
  • ソーシャルゲートウェイ連携プラグイン(Facebook上でECサイトの開設・決済が可能な「ソーシャルゲートウェイ」と連携)
  • ハロー!フェイスブックアシストプラグイン(FacebookページでEC-CUBEを表示)
  • 商品詳細画面Facebookコメント追加プラグイン(商品詳細画面にFacebookコメント欄を追加)
  • OPGタグ挿入プラグイン(FacebookのOPGタグを挿入)
  • Facebookアカウント自動入力プラグイン(Facebookアカウント情報を会員登録時に自動入力)
  • Twitterつぶやきプラグイン(複数のアクションをTwitterに自動投稿)
  • Pinボタン設置プラグイン(商品詳細ページにPinterestのPinボタンを設置)
  • conecoデータ入稿補助プラグイン(価格比較・商品検索サイト coneco.netへのデータ入稿自動化)

やはりというか,現在最も多いのが「Facebook」と連携するためのプラグインです。Facebookでショップサイトを開設ができるアラタナ社のソーシャルゲートウェイのサービスともプラグインで簡単に連携が可能です。

今後も各種SNS連携はもとより,集客サービスのプラグインはリリースされると思われますが,プラグインにより集客手段が増えていくということを考えると,今後EC-CUBEを使うメリットは非常に高いように思います。

アラタナ社のソーシャルゲートウェイも簡単連携

アラタナ社のソーシャルゲートウェイも簡単連携

カテゴリ3:顧客管理/販促/分析

販売促進,顧客管理,分析まで,主にサイト内で売り上げUPを行うために必要な機能に関するプラグインです。

メルマガ,レコメンド,分析ツールとの連携等,さまざまな角度での売上UPをプラグインを入れることにより容易に実現することができます。

販促,分析系サービスはサイト構築時の必須機能でない場合が多く,導入が先送りになるケース(もしくは導入しないケース)が多くありますが,プラグインとして容易に機能追加・サービス連携ができますので,今後EC-CUBEでサイト構築する際は是非積極的に取り入れて売上UPを目指したいところです。

  • PostCarrier for EC-CUBEメルマガ配信連携プラグイン(メルマガ配信サービス「PostCarrier」連携)
  • MCKitメルマガ配信連携プラグイン(HTMLメルマガ補助ツール)
  • レコメンドエンジンEC-Cooper連携プラグイン(Amazonのレコメンドエンジンと連携)
  • FractaRE レコメンドエンジンプラグイン(FractaRE レコメンドエンジンとの連携)
  • 売れ筋商品プラグイン(購入履歴上位4つの商品を表示)
  • IPアドレス記録プラグイン(クライアントのIPアドレスを記録)
  • 会員へのお知らせ欄対応プラグイン(Myページに会員へのお知らせ情報を表示)⁠
  • のし対応プラグイン(贈答品販売用の「のし」を設定)
  • 販売期間設定プラグイン(商品の販売期間を設定)
  • まとめ買いプラグイン(まとめ買い割引機能)
  • Google Analytics非同期Eコマースタグ対応プラグイン(Google Analytics連携)
  • PAMELA optimized for EC-CUBEプラグイン(スマートフォンアプリ作成サービス「PAMELA」との連携)
  • Evernote対応プラグイン EverCube Clipper(Evernoteのクリップボタンを商品詳細画面に設置)

EC連携ではまだまだ珍しいEvernote。クリップすると後日の購入率がUPする?

EC連携ではまだまだ珍しいEvernote。クリップすると後日の購入率がUPする?

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入