価値を生むために知っておくべき,フルフラッシュサイト制作のあらすじ

第1回 はじめに ―なぜフルフラッシュサイトか―

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

進化し続けるFlash

現在,Webサイト制作に関わる人々の多くは,Flashを採用したWebサイトの普及について好意的な印象を抱いているかもしれません。「Macromedia FLASH 1」としてFlashが世に登場したのは1996年。以来,2002年の"MX",'05年の"8"など,数々のバージョンを経て,2007年現在の最新版"CS3"に到るまで,Flashは絶えず進化してきました。

アクションスクリプトの高速化やサーバーとの連携強化は,Flashで制作された各種コンテンツを,立派な「商品」として利用できるレベルに高めています。ブロードバンドの普及やデバイスの進歩も手伝い,リッチなWeb体験をユーザーが享受しやすい環境になった現在,Flashを用いたWebサイトは安定した普及期に入ったと言えるでしょう。

SNSや動画投稿サイトなど,新しい形態のWebサイトが誕生している現状にも,Flashの進化が少なからず影響を与えているように見受けられます。今後,あらゆるWebサイトの制作現場でFlashの採用が拡大していくのは間違いないと思われます。

Webサイトの目的とフルフラッシュサイト

ただ,すべてのWebサイト制作でFlashを使用することが,必ずしもクライアントやユーザーの満足に近づく最良の手段になる訳ではありません。制作においてどのツールを採用するか検討するのであれば,まずWebサイトの構築と運用によって辿り着くゴールを強く意識する必要があるでしょう。

Flashを,単に"HTMLのリッチ版"のように捉えたり,技術またはクリエイティブな側面から得られる達成感だけで選択すると,思わぬ罠に陥る可能性があります。あらゆるWebサイトには目的があり,その目的がFlashを利用することでより実現しやすくなる状況においてのみ,Flashという選択肢が効果を発揮するのです。

とりわけ,WebサイトのすべてをFlashで構築する手法には,その他の手法と大きく異なる特徴が存在しています。本稿は,数ある手法のなかでもFlashだけで構築された「フルフラッシュサイト」に焦点を絞り,価値を生むフルフラッシュサイト制作の道案内となる講義を目指した連載です。

今回から10回に渡り,著者の定義する制作ワークフローにのっとり,企画,デザイン,コーディングなどについて詳しく言及していきます。連載第1回目となる今回のテーマは,「なぜフルフラッシュサイトなのか?」。フルフラッシュサイトという手法の特徴と,その手法に到る必然性を,Webサイトの目的と照らし合わせながら解説していきます。

いくつかの目的

フルフラッシュサイトの特徴を理解する前に,まずは一般的なWebサイトの種類を目的別に分類・整理してみましょう。ここでは,著者が制作を手掛けた実例も紹介しつつ,以下の代表的な8つに分類してみました。

コーポレートサイト:

公式サイトとして,企業の全体像を幅広く認知させるためのWebサイトです。会社概要や沿革といった基本的な情報だけでなく,企業コンセプトの紹介や法令に則った情報の公開によって,企業の信頼性を高める役割も果たしていきます。

プロダクトサイト:

特定の商品やサービスの魅力を訴求し,購買行動を導きだそうとするWebサイトです。直接スペックに訴えるというより,商材のコンセプトや世界観を体感しやすい内容に変換して伝えていくような制作手法が採用されやすいWebサイトです。

プロモーションサイト:

エンタテイメント作品,娯楽メディア,アーティストなどを宣伝するWebサイトです。ストーリー性を持った構成でインタラクティブ性が高く,ユーザーが楽しみながら本編を疑似体験できるような効果を狙ったWebサイトが多いです。

キャンペーンサイト:

文字通りキャンペーンを行うWebサイトです。ユーザーの行動を喚起する狙いを持った,大まかなテーマが設定される傾向にあります。その上で,テーマに帰結するよう,商品やサービスの魅力を効果的にアピールするコンテンツを用意します。

ブランディングサイト:

ブランドイメージやコーポレート・アイデンティティ(CI)を高める,あるいは広めていく目的を持ったWebサイトです。企業やブランドが持つ独自のコンセプトや世界観を,ユーザーに深く浸透させる効果を狙ったものが一般的です。

ECサイト:

商材を購買できるEコマースサイトです。店舗としての役割があり,ネット上で決済に導く目的があるため,ユーザビリティの高さなどが重要なカギになります。商材の情報に加え,決済方法の案内や免責事項の掲載なども欠かせない要素になります。

ポータルサイト:

特定の情報にアクセスする際,窓口となるWebサイトです。「Yahoo!」のような検索エンジンのほか,大まかな分野が設定されたポータルサイトもあります。ユーザーが情報を取捨選択しやすいよう検索機能を実装し,整理された情報を網羅します。

サービスサイト:

上記に含まれない情報や商品・サービスを紹介していきます。求人サイトなどがそのひとつになります。

他にも多種多様なWebサイトはありますが,本連載では以上の分類を踏まえつつ,フルフラッシュサイトにすることで効果をあげやすいWebサイトの傾向を探っていきます。

著者プロフィール

齋藤順一(さいとうじゅんいち)

ARCHETYP代表。キノトロープ,ベースメントファクトリープロダクションを経て2007年5月株式会社アーキタイプを設立。

URLhttp://www.archetyp.jp/

コメント

コメントの記入