Hosting Department:ホスティングを活用するための基礎知識

第1回 ホスティングで使われる基礎技術

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回から始まる「Hosting Department:ホスティングを活用するための基礎知識」。本連載では,ホスティングサービスを利用するうえで必要な基礎知識を解説します。第1回目となる今回は,CGI/ドメイン・サブドメイン/グループウェアについて紹介します。

CGI(Common Gateway Interface)
 Webページを動的にするインターフェース

インターネットを爆発的に普及させた立役者は,言うまでもなくHTML(HyperText Markup Language)によってわかりやすい文書として表現できるWebページと言えるでしょう。しかし,HTMLはハイパーリンクによって文書を階層構造として扱ったり,文書の体裁を見映え良くしたりすることには優れていますが,基本的にWebサーバに保存されている情報を一方的に送ることしかできません。入力されたデータに基づいて表示内容を変えるような動的な表現は非常に不得意なのです。

そこで,Webページを動的に扱うためのしくみが考え出されました。それがCGI(Common Gateway Interface)です。CGIは,Webブラウザから送られてきた要求に基づいてサーバのプログラムを実行し,その実行結果をWebブラウザに返します。

CGIで実現できること

CGIは通常「1.Webページ上のフォームに入力された情報を受け取り」,「2.Webサーバ上のファイルにデータを保存し」,「3.データを保存したファイルをもう一度読み込んで」,「4.プログラムの実行結果によって文字や画像などのデータを整形し」,「5.その結果を出力する」,という一連の流れで動作します。この流れは,どんなに複雑な機能を持ったCGIでも同じです。どんなデータを読み書きして,どんな処理を行ったか,その結果を表示するわけです。

ただし,CGIが表示するのは処理結果に基づいたHTMLファイルです。そのため,HTMLで表現できないことはCGIでも行えません。また,基本的に単体のWebサーバ上で実行されるので,他のWebサーバにあるデータを操作するようなことはできません。さらに,表示しているWebページに対し,自動的に情報を更新するようなことは行えません。

そのために,さらに動的なWebページを実現するには,Microsoftの「IIS(インターネット インフォメーション サービス)」上で稼働する「ASP(Active Server Pages)」,Java対応のWebサーバで稼働する「JSP(Java Server Pages)」などを利用します。

CGIのプログラミング言語

よく「CGIを書く」という声を耳にします。これは「CGIのプログラミング言語を利用し,プログラムを書く」という意味です。そのプログラミング言語の代表と言えるのが「Perl(Practical Extraction and Report Language)」です。Perlは,Webサーバで実行する際にバイナリコードとしてコンパイルする必要のないインタプリタ言語です。テキストファイルに書いたスクリプトを逐次実行でき,文法も変数の型を定義するような必要がなく,テキスト処理に適したコマンドが用意されているため,広く利用されるようになりました。いまやCGI=Perlと言えるほど,PerlはCGIのプログラミング言語の主流になっています。

Webページを動的にするインターフェース

インターネットを爆発的に普及させた立役者は,言うまでもなくHTML(HyperText Markup Language)によってわかりやすい文書として表現できるWebページと言えるでしょう。しかし,HTMLはハイパーリンクによって文書を階層構造として扱ったり,文書の体裁を見映え良くしたりすることには優れていますが,基本的にWebサーバに保存されている情報を一方的に送ることしかできません。入力されたデータに基づいて表示内容を変えるような動的な表現は非常に不得意なのです。

そこで,Webページを動的に扱うためのしくみが考え出されました。それがCGI(Common Gateway Interface)です。CGIは,Webブラウザから送られてきた要求に基づいてサーバのプログラムを実行し,その実行結果をWebブラウザに返します。

コメント

コメントの記入