すぐに仕事に役に立つ InDesign速効Tips

第4回 覚えて便利なコピー・テクニック

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

QuarkXPressになくて,InDesignにある便利な操作で一番目に思い浮かべる操作は何でしょう?いろいろな答えが聞けそうですが,そのなかでも[元の位置にペースト]は,ベスト上位に入る操作と思います。

[元の位置にペースト]にショートカットを

不幸にして[元の位置にペースト]を知らない方に,簡単におさらいしておきましょう。たとえば,新しい章になると必ず登場する「タイトル」のテキストフレームがあるとします。[選択ツール]で既存の「タイトル」のテキストフレームを選択して[編集][コピー]を行い,次に,新しいページに移動して[編集]メニューから[元の位置にペースト]を選択すると,ページ上の同じ位置に「タイトル」のテキストフレームがペーストされます。

使ってみると確かに便利。いろいろなところで使える機能ですが,こんなに便利なのに,InDesign CSとCS2では[元の位置にペースト]にショートカットがありません。

実は,InDesign CSやCS2の英語版では,[Shift][Command][Option][V]キー(Windowsは[Shift][Ctrl][Alt][V]キー)というショートカットが付けられています。ところが,日本語版では,そのショートカットキーを日本語版特有の機能である[グリッドフォーマットを適用せずにペースト]に割り当てているため,[元の位置にペースト]のショートカットキーが「なし」になってしまったようです。

InDesign CS2の初期設定では,[元の位置にペースト]にショートカットが割り当てられていない

InDesign CS2の初期設定では,[元の位置にペースト]にショートカットが割り当てられていない

頻繁に使うことの多い[元の位置にペースト]には,やはり,[編集]メニューの[ショートカット編集]を使って,ユーザー独自のショートカットキーを設定したいところです。ただし,キーの組み合わせは,英語版の[Shift][Command][Option][V]キーが必ずしもよいとは思えません。頻繁に行う操作ですから,4本の指を使うのでは作業効率の意味でマイナスです。

お勧めのキーの組み合わせは,[Shift][Command][V]キー(Windowsは[Shift][Ctrl][V]キー)です。初期設定では[選択範囲内にペースト]のショートカットになっていますが,[選択範囲内にペースト]はそれほど多くは使わないはずなので,[元の位置にペースト]のためのショートカットキーとして設定し直してもよいでしょう。

移動先にコピーを作る

コピー操作の方法でよく行う操作のひとつに[Option]キー(Windowsは[Alt]キー)を押しながら,マウスでオブジェクトを移動する方法があります。この操作は,アドビ社のソフトに共通で,IllustratorやPhotoshopでも同じ操作で,移動先にコピーができます。

マウス操作ではなく,移動する距離をコントロールパレットに数値入力することでも,同じように,移動してコピーが可能です。操作方法は次のようになります。

著者プロフィール

株式会社シータス

東京の印刷会社。商品カタログ,PR誌,書籍などの企画制作から組版・製版・印刷,Webサイトの企画・制作,さらに食品・雑貨の輸入販売などなど,幅広く展開中。また,InDesignをはじめとしたDTPやWebのノウハウを活かし,書籍の執筆も行う。おもな著書に「InDesignプロフェッショナルテクニック」「Photoshopデジタルフォト基礎レッスン」「Flash MX 2004で作る小さくて可愛いWebアニメーション」「デジタル一眼レフ プロ級写真の撮り方教えます」(技術評論社刊)など多数。

Webサイト「ぱぴっとタウン」でコラム「ステップアップのためのInDesign導入術」を連載中。 →http://www.papit-town.jp/column/index.html

URLhttp://cetus.co.jp/

著書

コメント

コメントの記入