すぐに仕事に役に立つ InDesign速効Tips

第7回 この特殊文字は何に使うの?(その2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

前回に続いて,[書式]メニューの[特殊文字の挿入]から選択できる特殊文字について解説していきます。今回紹介する「タブ」に関連した特殊文字には便利な機能がたくさんあります。

正しい引用符の入力

InDesign CS2の[書式][特殊文字の挿入]は,6つのグループに分かれていて,前回はそのうちの3つを紹介しました。今回は,残りの4番目のグループから紹介していきます。

「引用符」の特殊文字

「引用符」の特殊文字

4番目のグループには,引用符に関する特殊文字が並びます。欧文組版の場合は,引用符をどのように入力するのかがとても重要であり,DTPソフトには必ずと言ってよいほど,直線引用符(垂直型の引用符)から曲線引用符(オタマジャクシ型の引用符)へ切り替えたり,あるいは,曲線引用符を入力するための機能が付いています。

下図が,文字組版において正しい「曲線引用符」

下図が,文字組版において正しい「曲線引用符」

InDesignは,[書式]メニューの[特殊文字の挿入]から「引用符名」を選択して引用符を入力する仕組みです。このとき,直線引用符と曲線引用符のどちらにするかは[InDesign]メニュー(Windowsは[編集]メニュー)「環境設定」[欧文辞書]で設定します。初期設定は,直線引用符であるため,曲線引用符に変更するようにします。

「環境設定」[欧文辞書][二十引用符][引用符]の種類(メニューの一番上)を選択する

「環境設定」→[欧文辞書]で[二十引用符]と[引用符]の種類(メニューの一番上)を選択する

便利なタブを入力

5番目のグループにはタブの記号が並びます。

「タブ」に関連する特殊文字

「タブ」に関連する特殊文字

最初の[タブ]は,キーボードの[Tab]キーを打つことで入力されるタブ記号です。通常は,キーボードから[Tab]キーを打てばよく,メニューからわざわざ選択するような,面倒な方法は必要ないはずです。

ところが,このメニュー操作でなければ入力できないこともあるのです。それは,表組のセルのテキストの中でタブを入力するような特殊な場合です。

著者プロフィール

株式会社シータス

東京の印刷会社。商品カタログ,PR誌,書籍などの企画制作から組版・製版・印刷,Webサイトの企画・制作,さらに食品・雑貨の輸入販売などなど,幅広く展開中。また,InDesignをはじめとしたDTPやWebのノウハウを活かし,書籍の執筆も行う。おもな著書に「InDesignプロフェッショナルテクニック」「Photoshopデジタルフォト基礎レッスン」「Flash MX 2004で作る小さくて可愛いWebアニメーション」「デジタル一眼レフ プロ級写真の撮り方教えます」(技術評論社刊)など多数。

Webサイト「ぱぴっとタウン」でコラム「ステップアップのためのInDesign導入術」を連載中。 →http://www.papit-town.jp/column/index.html

URLhttp://cetus.co.jp/

著書

コメント

コメントの記入