すぐに仕事に役に立つ InDesign速効Tips

第10回 カンプ用のダミーテキストを用意する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

デザイン用のカンプを作成するとき,原稿が未完成であれば,「ダミーテキスト」が必要になります。InDesignには,こうしたときに便利な[サンプルテキストの割り付け]という機能があります。

日本語のダミーテキストを流し込む

InDesignで空っぽのテキストフレームを選択して,[書式]メニューから[サンプルテキストの割り付け]を選択すると,テキストフレームにダミーテキストが挿入されます。しかし,ここで挿入されるのはアルファベットによるダミーテキストであり,日本語のダミーテキストではありません。ダミーテキストとはいえ,デザインを見せるためのものですから,日本語でないとやはり目的が果たせません。

初期設定では[サンプルテキストの割り付け]を選択すると,アルファベットのテキストがランダムに挿入される

初期設定では[サンプルテキストの割り付け]を選択すると,アルファベットのテキストがランダムに挿入される

[サンプルテキストの割り付け]で挿入できるテキストは,初期設定ではアルファベットの文章になりますが,日本語に変更することも可能です。日本語に変更するには,最初に,ダミー用の文字を入力したテキストファイルを用意します。テキストエディタを使って,たとえば「これはダミーです。」と入力し,「Placeholder.txt」というファイル名で保存してみましょう。保存先は,InDesignアプリケーションがある同じフォルダにします。

InDesignアプリケーションがある同じフォルダに「Placeholder.txt」を保存する

InDesignアプリケーションがある同じフォルダに「Placeholder.txt」を保存する

InDesignで空っぽのテキストフレームを選択し,[書式][サンプルテキストの割り付け]を選択します。この操作で,テキストフレーム一杯に「これはダミーです。」というテキストが繰り返されるはずです。

[サンプルテキストの割り付け]を実行すると,テキストフレームに「Placeholder.txt」の内容が挿入される

[サンプルテキストの割り付け]を実行すると,テキストフレームに「Placeholder.txt」の内容が挿入される

「これはダミーです。」というテキストが繰り返されるのでは,デザインカンプとして見栄えが良くないというのであれば,もう少し文章らしい長めのテキストを用意します。ただし,よく読めるテキストを使うと,デザインカンプを見る人が,文章のほうばかりに目を向けてしまって,デザインを見せるというデザインカンプの本来の目的が果たせません。こうしたことをよく考えたうえで,あえて「読みにくい」日本語文のダミーテキストを用意しましょう。

方法としては,仮のテキストを用意できたら,主語と動詞など,テキストの前後を入れ替えて,あえて読みにくいテキストにすることです。多少面倒ですが,テキストの10文字目や20文字目などに記号を入力すると,文字数をカウントしやすいダミーテキストになります。

夏目漱石の『坊ちゃん』のテキストを崩して作ったダミーテキストの例。
20文字目に四角の記号を挿入している

夏目漱石の『坊ちゃん』のテキストを崩して作ったダミーテキストの例。20文字目に四角の記号を挿入している

著者プロフィール

株式会社シータス

東京の印刷会社。商品カタログ,PR誌,書籍などの企画制作から組版・製版・印刷,Webサイトの企画・制作,さらに食品・雑貨の輸入販売などなど,幅広く展開中。また,InDesignをはじめとしたDTPやWebのノウハウを活かし,書籍の執筆も行う。おもな著書に「InDesignプロフェッショナルテクニック」「Photoshopデジタルフォト基礎レッスン」「Flash MX 2004で作る小さくて可愛いWebアニメーション」「デジタル一眼レフ プロ級写真の撮り方教えます」(技術評論社刊)など多数。

Webサイト「ぱぴっとタウン」でコラム「ステップアップのためのInDesign導入術」を連載中。 →http://www.papit-town.jp/column/index.html

URLhttp://cetus.co.jp/

著書

コメント

コメントの記入