すぐに仕事に役に立つ InDesign速効Tips

第11回 画像フレームのテクニック

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

InDesignの画像フレームはとても柔軟な設計で作られ,便利な機能が数多く備わっています。これまでQuarkXPressを使ってきた人は,目からウロコの機能も多いでしょう。今回は,InDesignならではの,便利な画像テクニックを紹介してみます。

柔軟なしくみの画像フレーム

InDesignは,いろいろなツールを使って画像フレームを作成できます。長方形フレームツールのような画像フレーム専用のツールもありますが,こうしたツールを使わなくても画像用のフレームが作れます。

たとえば,長方形ツールで作る「図形としての長方形」,あるいは,ペンツールで描く「パスのオブジェクト」であっても画像データを読み込めます。

ペンツールで描画するオブジェクトは,必ずしも,通常の四角形や円のような,ひとつながりの線,つまり「閉じたパス」のオブジェクトとして描く必要はありません。直線で作るギザギザの山形の図形,あるいは,1本のパスで作った曲線にも画像を読み込めます。

閉じていないパスであっても画像を配置できる

閉じていないパスであっても画像を配置できる

閉じていないパスに画像を配置できるという機能を応用することで,長方形の画像フレームの一部分だけを角丸にするような設定も可能です。

「コ」の字型のパスに[オブジェクト][角オプション](CS2までは[角の効果])を設定して,一部のコーナーのみを角丸にする

「コ」の字型のパスに[オブジェクト]→[角オプション](CS2までは[角の効果])を設定して,一部のコーナーのみを角丸にする

パスとしてのオブジェクトだけでなく,文字ツールで作るテキストフレームにも画像データを読み込めます。反対にテキストフレームも,必ずしも文字ツールで作る必要はありません。長方形フレームツールで作った画像フレームであっても,[ファイル][配置]で,テキストを挿入できます。

空っぽの画像フレームを選択して,[ファイル][配置]を選択すると,テキストを挿入できる

空っぽの画像フレームを選択して,[ファイル]→[配置]を選択すると,テキストを挿入できる

Quarkユーザーであれば,QuarkXPressで画像を配置できるのは常に「画像ボックス」であり,テキストを配置できるのは常に「テキストボックス」だということを覚えこんだはずです。InDesignにはこうした区別はなく,画像やテキストを配置して初めて,画像フレームやテキストフレームになります。

このように,InDesignは,画像フレームの操作に対してとても柔軟です。さらに言えば,画像を配置する際にわざわざフレームを作成しておく必要もありません。[ファイル][配置]のメニュー操作,あるいは,デスクトップやBridge上からドラッグ&ドロップするだけで,画像を配置すると同時に画像フレームも作られます。

著者プロフィール

株式会社シータス

東京の印刷会社。商品カタログ,PR誌,書籍などの企画制作から組版・製版・印刷,Webサイトの企画・制作,さらに食品・雑貨の輸入販売などなど,幅広く展開中。また,InDesignをはじめとしたDTPやWebのノウハウを活かし,書籍の執筆も行う。おもな著書に「InDesignプロフェッショナルテクニック」「Photoshopデジタルフォト基礎レッスン」「Flash MX 2004で作る小さくて可愛いWebアニメーション」「デジタル一眼レフ プロ級写真の撮り方教えます」(技術評論社刊)など多数。

Webサイト「ぱぴっとタウン」でコラム「ステップアップのためのInDesign導入術」を連載中。 →http://www.papit-town.jp/column/index.html

URLhttp://cetus.co.jp/

著書

コメント

コメントの記入