月刊インタラ塾,gihyo.jp瓦版

12月4日に第6回『西田幸司が語るWEBサイト制作におけるアートディレクション』開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Web広告に携わっている方々へ向けて,広告制作におけるポイントやヒントをお伝えするイベント月刊インタラ塾kurukuru主催,株式会社ピクルス運営)。12月4日に,第6回『西田幸司が語るWEBサイト制作におけるアートディレクション』がApple Store, 銀座で開催される。

第6回のメインゲストは,個人サイトRAKU-GAKIで知られるアートディレクターの西田幸司氏。Webサイトを制作していく上での管理,制作,指示,落としどころ等,どこにも所属したことがないという西田氏独自のアートディレクションについて語っていただく。

日々の業務の中ですぐ使えるTIPSやモチベーションの管理方法などを5分間のプレゼンで話していただく「ファイブミニッツプレゼン」では,以下のプレゼンが行われる予定。

「修悦体の見つけ方とトリオフォーの事」
修悦体とトリオフォーのお話です。
……山下陽光氏トリオフォー/素人の乱シランプリ,
「プログラミングで絵を描く」
自分の作った作品の制作背景とプロセスをお話します。
……西村斉輝氏soucelab
「PM」
プロジェクトマネージャー(PM)の魅力をざっくりお話します。
……中田正幸氏TYO Interactive Design Inc.

本イベントの詳細は,月刊インタラ塾のサイトで確認のこと。

月刊インタラ塾
URLhttp://www.intarajyuku.net/

著者プロフィール

月刊インタラ塾(げっかんいんたらじゅく)

昨今、マス広告のあり方が大きく変化し,Web広告はより一層重要なポジションを担って来ております。そんな中,「宣伝・広報」「広告代理業」「広告制作業」に携わる方々へ向けてユーザーに響くWeb広告を生み出すための考え方や技術など,役に立つ情報をイベントを通じてお伝えできるのではないかと思い,開催致しました。また,このイベントをきっかけに,次代を担う人がでてきてくれればと願い,微力ながらもWeb業界全体に貢献ができればと考えております。

URLhttp://www.intarajyuku.net/

コメント

コメントの記入