月刊インタラ塾,gihyo.jp瓦版

2月18日に第8回「広告クリエーターvs広告営業(渡辺潤平・戸練直木編)」開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Web広告に携わっている方々へ向けて,広告制作におけるポイントやヒントをお伝えするイベント月刊インタラ塾kurukuru主催,株式会社ピクルス運営)。2月18日に,第8回「広告クリエーターvs広告営業(渡辺潤平・戸練直木編)」がApple Store, 銀座で開催される。

メインセッション

第8回目の月刊インタラ塾は「広告クリエイター VS 広告営業(渡辺潤平・戸練直木編)」と題して,「渡辺潤平社」の渡辺潤平氏と「風とバラッド」の戸練直木氏のお二人がゲストです。大手広告代理店を離れ活動する二人の視点から広告の創り方について語っていただきます。

広告を創るのは一般的にはクリエイターだと思われがちですが,広告はチームで創ることがほとんどです。チームである以上,いろんな人の意見などが集まり,それらをまとめていかなければなりません。そういったところを踏まえて,戸練氏(営業視点)が考える理想的な広告の創り方,渡辺氏(クリエイター視点)が考える理想的な広告の創り方について,トークセッション形式で語っていただきます。

第一線で活躍されている2人のワークスタイルから理想的な広告の創り方に迫ります。現在,広告営業に携わっている方からフリーランスのクリエイターの方までオススメできる内容になっているかと思います!是非,会場までお越しください!

プロフィール

渡辺潤平(わたなべじゅんぺい)

渡辺潤平社/コピーライター。1977年千葉生まれ。2007年渡辺潤平社設立。主な仕事として,キューンレコード/ユニコーン再始動広告,千葉ロッテマリーンズ/シーズン,東京ミッドタウン,ソニー・エリクソン,日清などの多数のキャンペーンやブランド広告を手掛ける。2007年4月より,雑誌『metro min.』誌上にて小説「メトロの女」連載開始。

プロフィール

戸練直木(とねりなおき)

1964年静岡生まれ。2006年12月代表取締役としてkazeproを設立し,現在,風とバラッド株式会社/アカウントプランナー,kazepro/代表取締役。

2007年より,ポプラ社より食材を切り口とした新雑誌「旬がまるごと」の発刊をプロデュース。隔月で発行。北欧文化発信レーベル「フラワーレーベル」を立ち上げ,10月にフラワーレーベルより次世代ユニット「バニラビーンズ」のデビューをプロデュースした。また,主なクライアントとして,資生堂,キリンビバレジ,任天堂,ワコール,フジテレビ,テレビ朝日,シダックス,エイベックス,KDDI,ソニーエリクソン,マネックス,栄光ゼミナール,アットホームなどの企業がある。

ファイブミニッツプレゼン

また,日々の業務の中ですぐ使えるTIPSやモチベーションの管理方法などを5分間のプレゼンで話していただく「ファイブミニッツプレゼン」では,以下のプレゼンが行われる予定。

「賞や公募を作品作りに利用しよう!」

作品づくりに関する話を,YJICA,1-click award応募時の体験をもとにお話します。

プロフィール

篠原史樹(しのはらふみき)

早稲田大学広告研究会,所属。

「DIY的Flashと外部デバイスの連携」

4歳児の妄想をFlashで表現してみました。

プロフィール

原央樹(はらひろき)

ツムジテクノロジー,所属。

実施概要

日時 2009年2月18日(水)
18:30~20:00(18:00開場)
場所 Apple Store 銀座 3F
〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館3F
最寄り駅 銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅を下車,A13番出口から徒歩2分
有楽町線「銀座一丁目」駅を下車,徒歩3分
JR線「有楽町」 駅を下車後,徒歩8分
参加料 無料
定員 200名(座席数 84席)
主 催 kurukuru
http://www.kuru2jam.com/
運 営 株式会社ピクルス
http://www.pickles.tv/

本イベントの詳細は,月刊インタラ塾のサイトで確認のこと。

月刊インタラ塾
URLhttp://www.intarajyuku.net/

著者プロフィール

月刊インタラ塾(げっかんいんたらじゅく)

昨今、マス広告のあり方が大きく変化し,Web広告はより一層重要なポジションを担って来ております。そんな中,「宣伝・広報」「広告代理業」「広告制作業」に携わる方々へ向けてユーザーに響くWeb広告を生み出すための考え方や技術など,役に立つ情報をイベントを通じてお伝えできるのではないかと思い,開催致しました。また,このイベントをきっかけに,次代を担う人がでてきてくれればと願い,微力ながらもWeb業界全体に貢献ができればと考えております。

URLhttp://www.intarajyuku.net/

コメント

コメントの記入