月刊インタラ塾,gihyo.jp瓦版

第11回レポート「勅使河原一雅のクビエイティビティ」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

ごぶさたです!! すっかり夏ですね。が,季節は梅雨に戻っていただいて,6月11日の第11回インタラ塾のレポートです。ゲストは,首美qubibi勅使河原一雅さんadidas SALA FESTA 2009猿人 ウェブサイト & Pitfallなど,独特の世界を作り出す勅使河原さんは,やはり独特な,そして魅力的な方でした。

画像

最初に「首美」の理由

今回はたっぷり1時間,タナカさんと勅使河原さんのトークセッション。まず,「首美の理由」から。これは,「首美術」を略して「首美」なんだそうです。もともと「首」っていう言葉自体が好きでハンドルネームにしてて,その美術的な行為というので「首美術」。どうして首美と略すかというと,多摩美とか武蔵美とか略すのに憧れて。ちなみに,「首」が好きな理由は「頭と身体をつなぐ重要な部分なのに,決していい意味で使われるわけではない。ちょっとイヤラシさもあったり…。なんか,ぞくっとする感覚がある」から。

ということで,タナカさんの長年の疑問が解決したところで本題に。「勅使河原一雅,自身の作品を語る」です。

画像

勅使河原さんと見る勅使河原さんの作品

猿人 ウェブサイト & Pitfall

クリエイティブエージェンシー「猿人」のコーポレートサイト。いわゆるピンクの本Webデザインの「プロだから考えること」でも取り上げられており,それによると1年越しで出来上がったサイトだそうです。このサイト,まず見てもらえればわかるんですが,サルの惑星という感じで広いグラフィックが展開されており,現れる穴にバナナが入るとそこから地底の,猿人がうごめく世界に入り来んでいくという感じ(自分解釈です)。

猿人 ウェブサイト & Pitfall

猿人 ウェブサイ

この仕事の場合,最初に猿人さんのほうから「何かおもしろいものを作って欲しい」という話があったという。そこで,「猿人」っていう会社名自体インパクトがあったので,そこから拾って作っていったそうです。フルに勅使河原さんのディレクション。

この映像,インタラクションはなしで,何か動かすと戻ってしまう。なぜそういうデザインにしたのか? しかも,もともとは(もっとたちが悪くて)クリックして押したままにしているときにだけ見れるという仕組みだったそうです。それがブラウザの仕様でどうしてもできない部分があって,最終的に現在の形に。

通常は動かす,画面を進めることを意識するが,「(映像へは)特に,必ず見てもらいたいというわけでもなく,普通に情報として見ることのできるものの中にポコっと穴があって,そこに対してはたまたま気づいたとしたら,というくらいの軽さで入りたい」と。当初,バナナを動かすということもやってみたが,そうするとゲーム性が出てしまって,ただバナナが動く,それがおもしろいというだけで終わってしまうほうが強い。そうではないということで,こういう形になったそう。

グラフィックは全部勅使河原さんが作り,ランダムに現れる。この作品など,最近のここ2,3年の傾向として表現が映像にシフトしているのではないか,とここでタナカさんの突っ込み。そういう意識は自分であるのか,映像を作りたいというのがあるのか? 「自分としてそれはないが,僕に期待される部分というとマウスを動かすと何か起こるとか…ということが多かったんですけど,それに対するアンチテーゼという意味もちょっと込めてるというのはある」と。

また,画面には繰り広げられた映像世界の痕跡が残る。これに気づいた人がどのくらいいるのか? 気づかない人のほうが,最後まで見た人はあまりいないのでは? と勅使河原さん。

最後まで見られないかもしれないサイト―普通ならクライアントからストップがかかりかねないが,それでも,猿人さんはこの方向を理解してくれたという。

この案件で一番気をつけていたのは,広告制作会社のサイトなので広告を作ることだけはいやだという点だった。そういう気持ちがあちこちに出ているのではないかと,勅使河原さんは分析する。つまり,何が広告かというと,「コンセプトが伝わりやすい」「明確な意志が人に伝わる」というのを広告の1つの要素とすれば,まずはそれをとっぱらいたいと考えた。

しかし,だからといって,イメージを,グラフィックを並べただけかというとそうではない。猿人サイトのトップ,これは天球図をモチーフにしていて,世界を猿人が中心になって動かすという意味をこめている。この穴もトップページの地面も月である。壁画のように地面に描かれているのは,獲物を追いかける様子であったり,さっきの映像も猿人がバナナを追いかける。人間は欲望を追いかけることで中で進化を遂げている,その過程の中にある猿人なのだという。

クライアントにグラフィックや世界観を説明する,自分の表現に対する理詰めはできているのだ。

著者プロフィール

月刊インタラ塾(げっかんいんたらじゅく)

昨今、マス広告のあり方が大きく変化し,Web広告はより一層重要なポジションを担って来ております。そんな中,「宣伝・広報」「広告代理業」「広告制作業」に携わる方々へ向けてユーザーに響くWeb広告を生み出すための考え方や技術など,役に立つ情報をイベントを通じてお伝えできるのではないかと思い,開催致しました。また,このイベントをきっかけに,次代を担う人がでてきてくれればと願い,微力ながらもWeb業界全体に貢献ができればと考えております。

URLhttp://www.intarajyuku.net/

コメント

コメントの記入