キーパーソンが見るWeb業界

第7回 継続は力なり―成功するコーポレートサイト(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

画像

今回は「コーポレートサイト」をテーマに,Webサイトの運用についてお話しいただきました。

ゲストには,三菱電機株式会社にて,コーポレートサイトのディレクションや運用などを担当する粕谷俊彦氏をお迎えし,大規模組織ならではのポイント,三菱電機として意識的に取り組んでいることについて,キーパーソン3名と熱く語っていただきました。

粕谷 俊彦(KASUYA Toshihiko)
三菱電機株式会社 宣伝部 デジタルメディアグループ

Windows 95発売で大ブーム当時のパソコンや買取制へ移行時の携帯電話など,90年代初頭より三菱電機の情報システム製品の広告宣伝を担当しメディアミックスプロモーションを経験。2001年からは,オフィシャルWebサイトのデザイン統一,ユーザビリティー向上,CMSの運用などコンテンツにまつわるさまざまな業務を統括している。

阿部淳也(Abe Junya)
1PAC. INC.代表取締役 クリエイティブディレクター

自動車メーカにて電装部品のユーザインターフェース設計を8年間手がけた後,IT事業部異動。約4年間Webデザイン,Flashオーサリングなどを手がけるとともに,営業支援システムや化学物質管理システムなどのテクニカルディレクターを経験。2004年よりCosmo Interactive Inc.に参加。多くのWebサイト立ち上げにプロデューサ,クリエイティブディレクターとして携わる。2008年にワンパクとして独立。

森田 雄(MORITA Yuu)
株式会社ビジネス・アーキテクツ取締役,Quality Improvement Director

東芝EMI,マイクロソフトなどを経て,ビジネス・アーキテクツの設立に参画,2005年より取締役。XHTMLやCSSなどのフロントエンド技術,アクセシビリティ,ユーザビリティのスペシャリスト。 CG-ARTS協会委員。文部科学省ホームページリニューアルアドバイザー委員。広告電通賞審議会選考委員。著書(共著)『Webデザイン -コミュニケーションデザインの実践-』など。

長谷川敦士(HASEGAWA Atsushi, Ph.D)
株式会社コンセント 代表取締役社長/インフォメーションアーキテクト

1973年山形県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科修了。ネットイヤーグループ株式会社を経て,2002年に株式会社コンセントを設立。インフォメーションアーキテクトとして大規模サイトの設計やプロデュースに携わるかたわら,人間中心設計推進機構(HCD-Net)理事を務めるなど,IA(情報アーキテクチャ)研究や啓蒙活動を牽引している。

コーポレートサイトの評価は?

森田:コーポレートサイトについて考えるとき,それが良いものなのか悪いものなのかという評価基準が難しいなと思っています。コーポレートサイトはインターネットという視点から見た企業そのものですから,企業が社会に良い影響を与えているという事実自体によって価値を備えられるものだといえます。とはいえ,直接サイトを担当している当事者や関係者にとっては,客観的に見てサイト自体が優れているかどうかってモチベーションとしても知りたくなると思うんですよね。

そうなるとたとえば,コンテストやアワードというのが挙げられるかと思うのですが,広告・プロモーション系のものと比較すると,どうもぴったりはまりそうな評価を得られるものが少ないように思います。国内で主なものと言えば,TIAA(東京インタラクティブ・アワード)や文化庁メディア芸術祭のもの,アックゼロヨン・アワードなどでしょうか。しかしこれらはどれも,コーポレートコミュニケーションを評価するというのに向いているかというとそうでもないですね。

粕谷:私自身は元々広告宣伝のフィールドにいましたので,とくに感じるのかと思いますが,マーケットが大きくて歴史が長い分だけ広告系のアワードは非常に多くて,自らエントリーしなくてもランキングされているような状況です。Webの専任になってみると,その違いを強く感じます。

さらに,Webによる企業情報の発信という観点で見ると,IRや環境報告を除くと他の情報は目立たないし,一般ウケし難い情報だとも言えるため,評価しづらいのかもしれません。

阿部:僕たちが企業のWeb担当者の方とお話しするときに,多くの方たちが指標として表すことに頭を悩ませているように思います。たとえば,環境に対する取り組みをWebに掲載していたとして,それをUUやPVで評価して良いかどうかというのは違和感を感じることがあります。

森田:結局,サイト自体が格好良いかどうかみたいなところで終わってしまっているケースが多いのかなと思いますね。

長谷川:粕谷さん以外の僕たち3名は,全員Webデザイン・制作を請け負う側であり,企業に対しての効果指標の提示が求められます。今回のテーマは「コーポレートサイト」ですが,今挙げられたような課題が見えている中,どうやって(指標を)見せていくかが重要です。

粕谷:私たち企業側の担当者にとっても,効果指標はとても重要です。最近では,どこのサイトでも解析ツールを使ってログを集計することはやってると思いますが,しかし,大事なのはそのログをどう活用するかです。たとえば,ログを取ったり,会員情報を取ることができるのであれば,Webならではの使い方としてユーザの行動やライブな要求を汲み取った改善ができるわけで,いわゆるHCD(Human Centered Design)を実現するための貴重なデータが得られると思います。

臨機応変に指標を作れる強み

阿部:では,実際に指標としての数字などを作っていくことを考えたとき,企業側ではどうやってKPI(重要業績評価指標)を決めていくのでしょうか?また,Webサイトは継続的に動いていくものですから,どういうサイクルで変えたりするのか,あるいは同じままで進めていくのでしょうか。

粕谷:KPI の話の前に,まず,Webそのものがまだまだ生まれたての世界だということを認識することが重要だと思っています。つまり,指標を作るにしても何が大事なのかというのを模索している段階です。たとえば,バナーと解析ツールを組み合わせてコンバージョンを見ていく…など,技術とともに数字の取り方も変わってきています。さらに,数字を取るうえでわかること・見つかることなども出てきます。

そう考えると初めから目標の数字を作ってそこに到達することだけが大事なのではなくて,そのミッションを評価するのに最適な数字はなんなのかを探りながら到達度を測っていくことが大切だと感じています。それが,その企業や組織にとっての新たなKPIになり得るからです。

森田:僕も賛成です。たとえばPVを単純に10倍にするというゴールを決めたとしても,その数字はWebサイトの属性によって意味があったりなかったりします。とくに必要だが目立つわけではない企業情報を前面に出しているサイトであれば,PVの数字そのものばかりが重要視されるわけではありませんよね。

僕たちもプロジェクトスタート時には数字を作りはしますが,数字自体よりも,それを達成したことでどうなるかのほうを大事にしています。

長谷川:今の粕谷さんのコメントを聞いて,古くからWebに関わっている強みだと感じました。安易に数値目標を定めないということを,経験をふまえて決められているからです。

たいてい企業というのは数値目標を決めてしまったほうが楽ですし,動きやすいです。でも,これは言い換えると「何のための数値なのかという」観点について思考放棄してしまう危険性があります。

今,森田さんがおっしゃったようにサイト属性に応じた数字にこそ意味があって,たとえばECであればPVや来訪者(ユニークユーザ)の値だけでなく,来訪者の満足度が大切となってきます。

数字という定量的に簡単に決めてしまうのは危険ということでもあり,私たちのような立場はとくに,その数字の裏側を見ていかなければなりません。

阿部:数字を決めること自体が目的ではないということですね。これは一緒にプロジェクトを進める関係者全員のマインドにも通じるところで,何のためのサイトか,そのためにはどういう数字が必要なのかを考えなければいけないわけです。

コメント

コメントの記入