キーパーソンが見るWeb業界

第13回 ソーシャルメディアから見えてきたコーポレートサイトの本質

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

画像

今回は,ゲストに花王株式会社Web作成部ディレクター本間充氏をゲストに迎え,⁠ソーシャルメディア」との向き合い方について語っていただきました。

今,1つのブームになりつつあるソーシャルメディアが,企業のWebにとってどのような影響があるのか,これからどう接していけばいいのか,そしてコーポレートサイトはどうあるべきか,レギュラーメンバーの三人とともに語りました。

本間 充(ほんま みつる)
花王株式会社 Web作成部 Web技術グループリーダー

1992年,花王入社。研究職を経て,1997年から花王のWebサイトの企画・運営に関わる。初期のWeb業務は,Webサーバの設計・導入などインフラの仕事であった。現在は,アジアにおける花王グループサイトのガバナンスやWeb広告コミュニケーションの効果分析,ソーシャルメディアの活用方法の検討など,多岐にわたる。日本数学会会員。Web広告研究会幹事,オープンモバイル・コンソーシアム理事。

阿部 淳也(あべ じゅんや)
1PAC. INC.代表取締役 クリエイティブディレクター

自動車メーカで車内のユーザインターフェース設計を約7年間手がけた後,IT部門で約4年間Webデザイン,Flash,CG制作とともに,テクニカルディレクターを経験。2004年よりCosmoInteractive Inc.に参加。多くのWebサイト立ち上げにプロデューサー,クリエイティブディレクターとして携わる。2008年にクリエイティブプロダクション「ワンパク(1PAC.INC.)⁠を設立し独立。⁠インターネットとリアルな世界を融合させ相乗効果を生むコミュニケーションをつくる」を合い言葉に,さまざまなクリエイティビティあふれるHOTな作品をリリースし続けている。

長谷川 敦士(はせがわ あつし)
株式会社コンセント 代表取締役社長/インフォメーションアーキテクト

1973年山形県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(Ph.D)⁠ネットイヤーグループ株式会社を経て,2002年株式会社コンセントを設立。情報アーキテクチャの観点からWebサイト,情報端末の設計など幅広く活動を行っている。著書に『IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計』⁠監訳に『デザイニング・ウェブナビゲーション』などがある。武蔵野美術大学非常勤講師。情報アーキテクチャアソシエーション(IAAJ)主宰。NPO法人人間中心設計推進機構(HCDNet)理事,米Information Architecture Institute,ACM SIGCHI,日本デザイン学会会員。

森田 雄(もりた ゆう)
株式会社ツルカメ 代表取締役社長 UXディレクター

2000年に株式会社ビジネス・アーキテクツの設立に参画し,2005年より取締役,2009年8月同社退職。読書家と称した充電期間を経て,2010年5月よりめでたく社会復帰。IAおよびUX,フロントエンド技術,アクセシビリティ,ユーザビリティのスペシャリスト。CG-ARTS協会委員。広告電通賞審議会選考委員。米IAInstitute会員。アクセス解析イニシアチブ会員。Webby Awards,NewYorkFestivals,WebAwards,アックゼロヨン・アワード グランプリおよび内閣総理大臣賞,グッドデザイン賞など受賞多数。趣味は料理とカメラ。

2010年はソーシャルメディアの年

本間:現在,花王株式会社のWeb作成部にて,グループリーダーをしています。コンテンツだけではなく,Webインフラ全般を見る役割です。

最近よく見かけるのが,企業のソーシャルメディアへの取り組みです。2010年はまさにソーシャルメディア元年と言えるでしょう。ただ,日本と海外を比較すると,ギャップを感じる部分があります。それは,日本の場合,ソーシャルメディアはバイラルマーケティングの延長であり,海外の場合,ファンのためのメディアであるという点です。

阿部:たしかに,今年はソーシャルメディアの案件が増えているように思います。ただ,現状はそれが目的になってしまっていることが多いのですが,⁠ソーシャルメディアは)手段であり,目的ではありません。ある種,話題性が先行している状況ですね。

長谷川:一昔前のブログブームと同じだと思います。現在はまだ運用まで考えられていないことがほとんどです。本来ならばやり続けることが大事です。ソーシャルメディアの目的は,Webでファンを作ること。ファンとのコミュニケーションを長期的に行うのはとても大切です。

本間:たしかに,これまで企業が直接顧客とコミュニケーションを取ることが難しかったわけですが,ソーシャルメディアの登場により,企業が直接顧客とのコミュニケーションを取る機会が生まれました。しかし,現時点では企業側にその組織がないという問題があります。

阿部:ソーシャルメディアを利用したコミュニケーションは,企業が大きくなればなるほど難しいですよね。その担当部署が広報部なのか,あるいは花王さんであれば生活者コミュニケーションセンターなのか。宣伝部とはちょっと違うような気がします。

本間:結局,この問題の原因は企業の事情です。予算をどう使うか,どういう組織にするかということですから。

森田:そう考えると,そもそも広報部と宣伝部がわかれている必要がないとも言えます。現状ある部署を想定するなら,広報と宣伝の融合でしょうね。

阿部:今のところ,よく見かけるのが広告の枠の中で試すケースですよね。それが,先ほど本間さんも言っていた,日本のソーシャルメディアがバイラルマーケティングの延長になってしまう原因の1つでもあります。

長谷川:現在はソーシャルメディアを検証中なところが多いと思います。その中でも,たとえば,ソーシャルメディアガイドラインのようなものを提供する企業はありますが,結局,それぞれがソーシャルメディアを咀嚼できているかどうかが大切なわけです。

森田:それって,企業だからというよりは,使う人がわかっているかどうかということでもありますよね。企業でガイドラインを決めたとしても,使う人が理解していなければ意味がありません。

あとは,使う前からリスクを怖がってしまってうまく行かないケースもあります。

本間:メディアっていう言葉が付いているから,ついつい広告っぽく思われがちですが,ソーシャルメディアは単なるコミュニケーションスペースです。言葉からの誤解というところもあります。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入