キーパーソンが見るWeb業界

第17回 バカメディアに見るIAとコンテンツ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

画像

今回は株式会社ライブドアにて,おもに広告企画を担当する他,個人として『バカ日本地図』⁠chakuwiki』などを運営している谷口正人氏をゲストにお迎えして,IAの考え方,バカメディアが目指すこと,個人としての働き方などについて,レギュラーメンバーの2人と語っていただきました。

今回,阿部淳也氏はおやすみです。

谷口正人(たにぐち まさと)
株式会社ライブドア 広告企画ディレクター

IAとして多くの大手サイトのリニューアルを行ったあと,ライブドアで広告企画を行う。 個人としてバカサイト「借力」を主催。これまでに『バカ日本地図』⁠バカ世界地図』⁠ ⁠バカ日本語辞典』⁠バカの門』⁠ご当地バカ百景』⁠ご当地バカ百景2』など多くの 書籍を出版する。最近では個人ブログ「OL男子の4コマ書評」で新たな出版を目論ん でいる。趣味は空手とヌンチャク。

長谷川 敦士(はせがわ あつし)
株式会社コンセント 代表取締役社長/インフォメーションアーキテクト

1973年山形県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(Ph.D)⁠ネットイヤーグループ株式会社を経て,2002年株式会社コンセントを設立。情報アーキテクチャの観点からWebサイト,情報端末の設計など幅広く活動を行っている。著書に『IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計』⁠監訳に『デザイニング・ウェブナビゲーション』などがある。武蔵野美術大学非常勤講師。情報アーキテクチャアソシエーション(IAAJ)主宰。NPO法人人間中心設計推進機構(HCDNet)理事,米Information Architecture Institute,ACM SIGCHI,日本デザイン学会会員。株式会社AZホールディングス取締役。

森田 雄(もりた ゆう)
株式会社ツルカメ 代表取締役社長 UXディレクター

2000年に株式会社ビジネス・アーキテクツの設立に参画し,2005年より取締役,2009年8月同社退職。読書家と称した充電期間を経て,2010年5月よりめでたく社会復帰。IAおよびUX,フロントエンド技術,アクセシビリティ,ユーザビリティのスペシャリスト。CG-ARTS協会委員。広告電通賞審議会選考委員。米IAInstitute会員。アクセス解析イニシアチブ会員。Webby Awards,NewYorkFestivals,WebAwards,アックゼロヨン・アワード グランプリおよび内閣総理大臣賞,グッドデザイン賞など受賞多数。趣味は料理とカメラ。

個人の活動から

谷口:私は元々IAという立場でWeb業界に関わっていました。最初は,制作会社で働いてからセピエントに移り,そこでIAをアメリカ人より学び,海外のIA事例に多く接しました。それらを活かしてWebの業務に携わっていました。

当時は,まだ日本国内ではIAという考え方がほとんど浸透していなくて,日本の大手企業のユーザビリティ監査やサイトリニューアルなどを請け負っていました。そういった業務を4年ほど続けてから,今度は自分でサービスを作りたいと思い,今のライブドアに転職しています。

ライブドアでは,livedoor Wikiなど新規サービスの立ち上げに関わり,現在は広告企画を担当しています。最近は,ロケタッチといった位置情報系サービスを含めた,従来の広告とは異なる,店舗を持っている企業とのコラボレーションに注力しています。

IAという職種になって思ったのが,そもそもIAというのは「メタ情報をどう扱うか」⁠視点をどう切り替えるか」⁠この2点が本質で,大量の情報を大胆に整理する技術です。そこから派生して生まれたのが,技術評論社さんから書籍としても刊行された『バカ日本地図』や,現在のChakuWikiです。

森田:ちなみに僕,バカ日本地図のメンバーだったんですよね。サイトのマークアップをお手伝いしていました。そのころ,僕の中ではIAという意識はなくて,純粋にバカに共感したという気持ちが強かったですね(笑)

IAの仕事って何?

長谷川:やはりバカ日本地図もIAだからこそできるの仕事だと思います。あのサイトは,人々が(日本地図を)どう思っているかを,視覚的表現で実現しているからです。情報というのは思い浮かべるだけでは誤解を招くことも多いですが,視覚化することで具現化することができます。また,バカ日本地図に関しては良い意味の悪ノリにつながり面白いサイトになっていますが,実際には面白いだけでない,構造化をするためのサイトになっているわけです。

そもそもIAというのは,編集することです。⁠Webサイトの情報設計」は,IAの一部でしかありません。元々,編集者から提唱されたこのIAという概念は,編集の仕方,つまりどうすれば読みやすくなるか,探しやすくなるかのことであり,インデックスを作ることで,情報に価値を与える作業なのです。ですから,Webサイト構築で言うところのIAはプロジェクトの1つでしかないと言えます。

谷口さん個人が行っている,情報を編集して発信するというのが本質的なIAと言えますね。

森田:たしかに,WebのプロジェクトとしてのIA っていうのは役割としては末端に位置するでしょうね。IA ってもともとは,もっとアカデミックなものですよね。

長谷川:辞書の編集のように財になりにくい,アカデミックな作業になりますね。

森田:今の流れで,たとえば電話帳の編集ということを考えてみると,これまでは誰の番号をどういう順番で掲載するか,それが編集作業であり,IA的な作業でもありました。しかし,これだけ携帯電話が普及したり,状況が変わってくると,電話帳をどう届けるか,どうやって見てもらうかまでを考えるのがIAにもなりますね。

谷口:それおもしろいですね。もっと突き詰めていけば,週刊電話帳みたいなスタイルで,A4一枚サイズに,その週に話題になった電話番号をまとめたメタ情報を届けたほうが,今の時代にマッチしているように思います。

長谷川:IAという仕事は,メタ情報かどうかを考えるのではなくて,メタメタな情報を考えて,レイヤを行き来するときに,⁠メタ情報を)どうつなぐかということになります。

メタ情報だと抽象度が高いので,今見ているユーザの,何かのレイヤに紐付けて可視化する,つなぐことが重要になります。

谷口:そうですね。視点を設定して,それに関係ないものはバッサリ捨てる作業,とも言えます。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入