キーパーソンが見るWeb業界

第19回 建築から見るWebと空間のデザイン

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

画像

今回は,有限会社エイスタディ齊藤良博氏をゲストにお迎えし,建築から見た,Webと空間のデザイン,ユーザへのアプローチについてお話を伺いました。

齊藤 良博(さいとう よしひろ)
Twitter:@ys44163110
有限会社エイスタディ代表

1997年千葉大学工学部建築学科卒業,同年有限会社インテンショナリーズに入社。建築/住宅の設計から,物販店舗,飲食店舗のインテリアデザイン,プロダクトデザインなどを多数手がける。飲食店の新規開業やオペレーション,さまざまな分野の新規事業の企画,デザインマネジメントまでを行う。在職中の主な物件として「ストラスブルゴ」⁠ユナイテッドアローズ」⁠ホテルクラスカ」など。2004年有限会社エイスタディ設立。2010年~,千葉大学工学部建築学科非常勤講師。

阿部 淳也(あべ じゅんや)
Twitter:@1pacfiresoul
1PAC. INC.代表取締役 クリエイティブディレクター

自動車メーカで車内のユーザインターフェース設計を約7年間手がけた後,IT部門で約4年間Webデザイン,Flash,CG制作とともに,テクニカルディレクターを経験。2004年よりCosmoInteractive Inc.に参加。多くのWebサイト立ち上げにプロデューサー,クリエイティブディレクターとして携わる。2008年にクリエイティブプロダクション「ワンパク(1PAC.INC.)⁠を設立し独立。⁠インターネットとリアルな世界を融合させ相乗効果を生むコミュニケーションをつくる」を合い言葉に,さまざまなクリエイティビティあふれるHOTな作品をリリースし続けている。

長谷川 敦士(はせがわ あつし)
Twitter:@ahaseg
株式会社コンセント 代表取締役社長/インフォメーションアーキテクト

1973年山形県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(Ph.D)⁠ネットイヤーグループ株式会社を経て,2002年株式会社コンセントを設立。情報アーキテクチャの観点からWebサイト,情報端末の設計など幅広く活動を行っている。著書に『IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計』⁠監訳に『デザイニング・ウェブナビゲーション』などがある。武蔵野美術大学非常勤講師。情報アーキテクチャアソシエーション(IAAJ)主宰。NPO法人人間中心設計推進機構(HCDNet)理事,米Information Architecture Institute,ACM SIGCHI,日本デザイン学会会員。株式会社AZホールディングス取締役。

森田 雄(もりた ゆう)
Twitter:@securecat
株式会社ツルカメ 代表取締役社長 UXディレクター

2000年に株式会社ビジネス・アーキテクツの設立に参画し,2005年より取締役,2009年8月同社退職。読書家と称した充電期間を経て,2010年5月よりめでたく社会復帰。IAおよびUX,フロントエンド技術,アクセシビリティ,ユーザビリティのスペシャリスト。CG-ARTS協会委員。 広告電通賞審議会選考委員。米IAInstitute会員。アクセス解析イニシアチブ会員。Webby Awards,NewYorkFestivals,WebAwards,アックゼロヨン・アワード グランプリおよび内閣総理大臣賞,グッドデザイン賞など受賞多数。趣味は料理とカメラ。

建築というデザイン

齊藤:私は千葉大学の工学部建築学科の出身で,⁠デザイン⁠という仕事に触れた最初のきっかけは,大学時代のデザイン事務所でのアルバイトでした。その後,某大手企業のデジタル部門に出向するなどして,どんどんこの世界にはまっていき「デザインで食っていこう」と意識するようになりました。

卒業後,intentionalliesに勤めて,それから独立しました。intentionallies時代に,中村勇吾さんや福井信蔵さんたちとも接することがありましたね。

独立後は,建築方面にシフトして,空間のデザインを扱うようになります。元々デジタルデザインに触れていたこともあって,Webの黎明期から,Webと空間のつなげ方を強く意識していました。

たとえば,空間デザインの1つである店舗デザインに関して,最近のトレンドはオンラインでの収益化です。これは,店舗単体では収益がとれなくなってきているため,必然的な流れと言えます。

1つの例として,ファッション関連の店舗のトレンドを見てみると,まず,セレクトショップという自分たちで合わせられる場所作りが流行りました。それが売れなくなると,次はテーブルへの展開,さらにマネキンを利用した仮想のリアルさといったように,空間のデザインが変わりながらも,本質としては,アイコンを使いながら,イメージを伝えて販売するという傾向が見られます。

そして,現在は,そのアイコンがオンライン,つまりWebに流れてきているわけです。たとえば,実店舗のマネキンを見るよりも,オンラインで,女優やモデルが着用している写真や映像を見たほうが,イメージがつかみやすいわけです。

また,最近では,ARなどを使ったシミュレーションなどもオンラインショップでは取り入れられていますね。

森田:その話は面白いですね。客の意識として,マネキンだとイメージしづらい,つまりリテラシーが低いわけで,逆に,ディスプレイ上だとイメージしやすい,つまりリテラシーが高くなっているわけですよね。僕は,オンラインで洋服は買えないですね(笑)⁠

阿部:僕も買えない(笑)

森田:今の話を聞くと,いずれにしても,客自身が自分のサイズを把握していたり,何より,オンラインで購入するというリテラシーが高くなっているように思います。

齊藤:それから,店舗側からしてみると,必要以上の倉庫を持たなくて良い,つまり在庫管理がしやすいことも,オンライン販売に流れている理由の1つです。

長谷川:オンラインを活用する場合,⁠ディスプレイという限定された空間なので)リアルでは副としていたものを,主にしなければいけないわけです。つまり,Web用の商品設計も必要になってきて,何と何を用意するかなど,既存の店舗設計とは大きく異なりますよね。商品にWebのイメージを投影するぐらい求められるかもしれません。

コンセントでは,そういった案件の場合,商品企画の現場にディレクターも入りながら,そもそも商品の戦略がどうなっているかというステップから一緒に企画するように心がけていて,最近のECでは,全般的に最初から関わるようになってきています。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入