キーパーソンが見るWeb業界

第20回 物質の価値,電子化の意味

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

画像

今回は,紙版『Web Site Expert』の最終号ということで,本誌編集長馮が加わり,今年の振り返りから,物質や概念の価値の変化,電子化の意味について議論しました。

阿部 淳也(あべ じゅんや)
Twitter:@1pacfiresoul
1PAC. INC.代表取締役 クリエイティブディレクター

自動車メーカで車内のユーザインターフェース設計を約7年間手がけた後,IT部門で約4年間Webデザイン,Flash,CG制作とともに,テクニカルディレクターを経験。2004年よりCosmoInteractive Inc.に参加。多くのWebサイト立ち上げにプロデューサー,クリエイティブディレクターとして携わる。2008年にクリエイティブプロダクション「ワンパク(1PAC.INC.)⁠を設立し独立。⁠インターネットとリアルな世界を融合させ相乗効果を生むコミュニケーションをつくる」を合い言葉に,さまざまなクリエイティビティあふれるHOTな作品をリリースし続けている。

長谷川 敦士(はせがわ あつし)
Twitter:@ahaseg
株式会社コンセント 代表取締役社長/インフォメーションアーキテクト

1973年山形県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(Ph.D)⁠ネットイヤーグループ株式会社を経て,2002年株式会社コンセントを設立。情報アーキテクチャの観点からWebサイト,情報端末の設計など幅広く活動を行っている。著書に『IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計』⁠監訳に『デザイニング・ウェブナビゲーション』などがある。武蔵野美術大学非常勤講師。情報アーキテクチャアソシエーション(IAAJ)主宰。NPO法人人間中心設計推進機構(HCDNet)理事,米Information Architecture Institute,ACM SIGCHI,日本デザイン学会会員。株式会社AZホールディングス取締役。

森田 雄(もりた ゆう)
Twitter:@securecat
株式会社ツルカメ 代表取締役社長 UXディレクター

東芝EMIやマイクロソフトなどを経て,2000年に株式会社ビジネス・アーキテクツの設立に参画し,2005年より取締役,2009年同社退職。読書家と称した充電期間を経て,2010年5月ツルカメ設立とともにめでたく社会復帰。IAおよびUX,フロントエンド技術,アクセシビリティ,ユーザビリティのスペシャリスト。CG-ARTS協会委員。 広告電通賞審議会選考委員。米IA Institute会員。アクセス解析イニシアチブ会員。内閣総理大臣賞,グッドデザイン賞など受賞多数。趣味は料理とカメラ。

馮 富久(ふぉん とみひさ)
Twitter:@tomihisa
株式会社技術評論社 クロスメディア事業部部長代理,本誌編集長
電子書籍を考える出版社の会 事務局長

1975年生まれ。横浜市出身。芝浦工業大学大学院機械工学専攻修士課程修了。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部に配属。 現在,WebSig24/7のモデレーターを務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

2011年はどうだったのか?

森田:今年の振り返りですが,年初は何がありましたっけ? 1月のグルーポンおせち騒ぎ,2月の京大入試カンニング事件……,インターネット上で取りざたされたものっていうとこのあたりでしょうか。とくにフラッシュマーケティングは今年のはじめはいろいろな意味で盛り上がっていましたね。

阿部:でも,確かに震災以前の1月,2月のことってあまり覚えていないですね。

森田:仕事に関して言えば,1月,2月でやっていたことがなくなってしまった印象です。3月11日の震災の影響で。数字で言うと,5本のうち,1,2本がなくなるような感覚でしょうか。弊社の案件は上流の設計とか企画寄りの段階だったため,そのままリスケジュールで済んだ感じですが,実装やシステム開発をしていた場合,作り上げていたものすべてがなくなる(企画そのものが立ち消え)といったケースも多かったんじゃないでしょうか。

長谷川さんはどうでした?

情報伝達の意義

長谷川:コンセントはそれほど大きな影響を受けなかったほうかもしれません。というのも,コンセントの場合,直接的な実装や開発というよりは,新規商品企画段階のプロトタイプ開発といったプロジェクトも多いからです。ただ,運営サポートをしているサイトに関しては影響を感じました。

とくに,今回のように既存通信網や店舗が影響を受けたりして,リアルでの連絡手段がなくなってしまった企業の場合,Webサイトが生命線になります。 Webにきちんとした情報を掲載し,発信することが大事になるため,我々が頑張らなければ,と強く思いましたね。災害支援を行うにしても,一次情報を発信しないと伝わらないケースもありましたから。

馮:その内容に通ずるものとして,私たちが運営しているgihyo.jpのサイトの広告クライアント企業の話があります。その企業は本社が仙台市にあり,震災により甚大な被害を受けました。事業内容はソフトウェアのパッケージ販売を行っており,サポートなども必要になるのですが,震災以降(その企業に対する)連絡手段がなくなってしまったのです。そこで,なんとか電話ベースでやりとりした後,同社の別営業所を窓口としたサポート体制の振替について,gihyo.jpを経由してお伝えすることになりました。こういった形で,とにかく情報をどう伝えるか,また,その連絡手段の重要性について,震災直後は企業もユーザも改めて考えることになったのではないでしょうか。

阿部:私は宮城県名取市の出身なので,震災の影響が実家にどれだけあったのか把握したかったのですが,直後1週間は電話,メールでは母親と連絡が取れませんでした。やはり,このときにいくらインターネットがあったとしても,家族で使えるプラットフォームやツールがなければ役に立たないことを実感しましたね。

馮:それから,震災直後に情報の絶対量が増えた気がしませんか?

森田:おそらく情報量が増えたと言うよりは,同じテーマ(震災・原発問題)の話題が増え,Twitterなどのソーシャルメディアに掲載されたり,TVや新聞といったマスメディアがこぞって取り上げたので,増えたように感じたのかと思います。別の言い方をすると,⁠とくに震災・原発問題に関する)情報の密度が濃くなったのではないでしょうか。当然,その一方で,ノイズが増えたとも言えますが。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入