kulerで気軽にカラーコーディネイト

第2回 kulerを触る:色理論を知らずとも,色理論にのっかる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

こんにちは。吉田コマキです。第2回目になる今回は,kuler(クーラー)のインターフェイスを眺めながら,色理論のお話をします。

なにはともあれ,kulerを開いてみよう!

さて,いよいよkulerに触れてみます。まずは,kulerのサイトにアクセスしてみましょう。ここで注意してほしいのは,Flash Player 9以上のプレイヤーでないと表示しません。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイトにアクセスしてインストールを済ませてください。

kulerは現在のところ英語版のみですが,直感的に触れることができますので,ちょっとした単語を覚えていけば,すぐに操作に慣れることができます。

kulerのサイトが開いたら,画面の右上をご覧ください。「Register」「Sign In」の2つのリンクがあります。

図1 kulerのサイト。右上部に「Register」「Sign In」の2つのリンクがある

図1 kulerのサイト。右上部に「Register」と「Sign In」の2つのリンクがある

Adobe IDを取得する

kulerは,Adobe ID(アドビシステムズ社のサイトのサービスを利用するためのID)がなくとも閲覧したり触れることは可能ですが,作成したカラーテーマの保存など,一部の機能が使えません。そのため,Adobe IDをお持ちでない方は,あらかじめ取得しておくことをおすすめします。登録は無料ですぐに発行が可能です。

kulerのサイトの右上部の「Register」をクリックすると,Adobe IDを取得するサイトにアクセスできますが,英語サイトにつながります。Adobe IDは日本語サイトからも発行が可能ですので,英語が不安な方はこちらで取得すると良いでしょう。

図2 Adobe のID取得ページ(英語サイト)

図2 Adobe のID取得ページ(英語サイト)

サインイン

Adobe IDを取得できたら,kulerのサイトに戻って,一番右上の「Sign In」をクリックしてください。そうすると,Adobe IDを入力するウィンドウが出てきます。

図3 サインインするためのウィンドウが表示される

図3 サインインするためのウィンドウが表示される

これで,kulerを利用する準備が整いました。

著者プロフィール

吉田コマキ(よしだこまき)

ブロッコ・デリ・アーキテクツ有限会社 取締役 デザイナー/アートディレクター。販促企画を経て,1996年にweb業界へ足を踏み入れてしまい,そのまま現在に至る。主にWebデザイン,インタラクションデザイン,グラフィックデザインに関わる。毎日情報設計ばかりしているので,たまの休みに絵を描くことで文字情報から離れている。

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員/沖縄大学マルチメディア教育研究センター研究員。

URL:http://www.blocco-deli.co.jp/

コメント

コメントの記入