kulerで気軽にカラーコーディネイト

第6回 kulerで出会う配色と向き合ってみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

こんにちは,吉田コマキです。これまでは,自分で配色をつくってWebデザインやインテリアデザインに活用する方法をご紹介しました。今回は,ネイルアーティストの友人のご協力をいただき,kulerで見つけた配色を元につくったネイルアートをご紹介します。

とにかく眺めてみて,検索してみて

kulerは,とにかくインターフェイスがいい。画面を開いて,ぱたぱたと新しい配色の発見にワクワクします。もう,すでにお使いの皆さんはご承知のとおり,kulerのメリットは,自分で作った配色を作成,保存できること。そして,それが公開できること。

公開できるということは,他の方の配色も公開されているということですよね。自分では考えつかなかった思わぬ配色がたくさん広がっています。

今回はネイルアートが題材。様々な配色を検索して,その配色を元につくってみましょう。

私はネイルアートはやらないのですが....

私はネイルアートはやらないのですが....

「結婚」をイメージさせて「Spring」

ちょっと季節が外れていますが,「結婚」の季節をイメージさせるパステル調のカラーを検索してみました。まずは「Spring」。世界中の人が思う「春の色」が1000件以上,ヒットします。ロマンチックでパステル画や水彩画をイメージさせてみましょう。欲しい配色は見つかるでしょうか。

Springひとつとっても,たくさんのSpringカラーがある

Springひとつとっても,たくさんのSpringカラーがある

ネーミングひとつとっても,使われる率が高まるのかもしれません。思わず「Delicate Spring」にそそられて[My kuler]に保存してしまいます。淡いピンクとグリーンで彩られた配色は,どこか繊細さも生み出します。壊れそうだけど,透明感があって幻想的なイメージになりますね。

「Delicate Spring」。タイトルで選んでしまうことも...

「Delicate Spring」。タイトルで選んでしまうことも...

それを元にネイルアートを作っていただきました。

そのまま「Delicate Spring」とつけてもいいのかも

そのまま「Delicate Spring」とつけてもいいのかも

同じように,Springで見つけた「Spring Happiness」。作者は,ハッピーな気分をさせる配色と意図しているのでしょうか。先ほどの「Delicate Spring」よりは,透明感は落ちるものの,くっきりと春を意識して気持ちを前面に出している感じがしますね。

もう少し,はっきりしたカラーを加えてみたいと思って探した配色

もう少し,はっきりしたカラーを加えてみたいと思って探した配色

配色が決まるだけで,すいすいと作り上げられて行きます。ほとんど同じパーツを使いつつも配色を変えるだけで,ずいぶんと印象が変わっていきます。

「Spring Happiness」のネイルアート

「Spring Happiness」のネイルアート

著者プロフィール

吉田コマキ(よしだこまき)

ブロッコ・デリ・アーキテクツ有限会社 取締役 デザイナー/アートディレクター。販促企画を経て,1996年にweb業界へ足を踏み入れてしまい,そのまま現在に至る。主にWebデザイン,インタラクションデザイン,グラフィックデザインに関わる。毎日情報設計ばかりしているので,たまの休みに絵を描くことで文字情報から離れている。

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員/沖縄大学マルチメディア教育研究センター研究員。

URL:http://www.blocco-deli.co.jp/

コメント

コメントの記入