効果測定 虎の巻

第5回 コンバージョンの測定(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第3回第4回では流入元の測定方法や注意点について説明しました。流入元が識別できると,次はコンバージョンです。コンバージョンを「転換(率)」や「成果数(率)」と呼ぶツールもあります。ウエブの効果測定はコンバージョンがいかに正確に測定できるかが重要です。

今回はコンバージョンを計測する仕組みや方法について説明しましょう。

コンバージョンとは

コンバージョンはウエブサイトの成果を意味するイベントを指します。 業種・ウエブサイトの形態にもよりますが,一般的には次のイベントが発生した場合をコンバージョンとします。

  • 商品購入
  • 資料請求
  • 会員登録
  • 資料のダウンロード
  • 予約

コンバージョンに対しては,流入元に対してコンバージョン率を求めて,流入元の集客効果を測定します。これで,どの媒体がウエブサイトにとって効果があるかを測定します。

コンバージョン率 =(コンバージョン数 ÷ 流入数) * 100(%)

 コンバージョン

図 コンバージョン

顧客獲得が目的のサイトであれば,顧客獲得数と集客に投じた費用から顧客獲得単価を算出することができますキャンペーン等ではかかった費用をコンバージョンで割り出して費用対効果を測定します。

さあ,どのイベントをコンバージョンとするかを決めたら,コンバージョン計測の設定を行いましょう。

コンバージョンの計測方法

計測ツールのデータ取得方法によって分かれますが,一般的に以下のいずれかです。

  • コンバージョンとして計測するURLを定義して測定
  • コンバージョン専用のタグを設定して計測

コンバージョンとして計測するURLは完了ページ(Thank youページや成果完了ページ)を指定する場合が多いようです。

注)
URLを指定する場合は完全,前方,中間一致に注意する必要があります。 特に動的サイトでURLパラメータまで含めて一意に識別しなければならない場合は注意が必要です。 また,URLパラメータを識別できない測定ツールでは測定対象のページを特定できない場合もありますので,事前に確認しましょう。

 URLパラメータで画面が異なる例

図 URLパラメータで画面が異なる例

上記の場合,https://www.activecore.jp/product/regist.phpまでで前方一致にしていると,入力フォームのページも計測してしまいます。

URLで識別するタイプの計測ツールの場合,複数のイベントのコンバージョンURLが共通な場合はURLを変更するか,URLパラメータを個別に割り振る等で必ず識別できるようにしておきましょう。

コンバージョン専用のタグで識別するツールの場合は,コンバージョンページにのみタグを貼る(またはWebアプリで生成)するのでURLを意識する必要はありません。

動的サイトでPOSTメソッドを利用して画面を制御しているウエブアプリケーションの場合は, URLパラメータがブラウザ上(またはログ上)に表示されないことがあります(HTTPリクエストのボディにパラメータが格納されるため表示されない。hiddenも同様)。

パケットキャプチャ型のツールの場合はこのような場合でもパラメータを捕獲できるものがありますが,タグ型やログ型ではURLの区別がつきません。

そのような場合はURLパラメータをダミーで振るとページを識別できるようになります。 また,タグ型の場合は,任意でページ名称(または固有ID)を割り当てるタグをベンダーが提供している場合がありますので,確認してみましょう。

著者プロフィール

山田賢治(やまだけんじ)

(株)アクティブコア 代表取締役社長。パッケージベンダーにてRDBMSのカーネルの開発,海外勤務を経て,データウエアハウス専用DBMS事業の立ち上げ,分析アプリケーションの設計・開発に携わる。

その後,インターネット系ベンチャーの技術部長を経て2005年に(株)アクティブコアを設立し,代表取締役社長に就任。現在は同社の経営全般および製品の設計・開発に奮闘中。

URL:http://www.activecore.jp/

コメント

コメントの記入