効果測定 虎の巻

第10回 サイト内の測定(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第9回サイト内の測定(前編)ではページ分析・入口・出口ページについて説明しました。

ページ遷移

ページ遷移で確認すべき点は重要なページの前後の経路です。

  • TOPページからの数クリック
  • カテゴリTOPページからの数クリック
  • 重要ページの前後のクリック

 ページ遷移レポートの例

図 ページ遷移レポートの例

ブラウザの操作では戻るボタンが頻繁に利用されます。また,一般的なウエブサイトはグローバルナビゲーション,ローカルナビゲーションが配置してあり,すぐにリンクできるようになっています。

これらの理由により,ページ遷移については深く追いすぎると,分からなくなることがあります。

まず,サイトのメニュー構成と遷移の経路が期待どおりのパターンがどのくらいあるかを確認することが重要です。予定どおりでない場合は,メニューナビゲーションやリンクの構成を確認しましょう。

ページ遷移の結果の数パーセントのパターンの理由を見いだすことに時間を費やすケースが時々見受けられます。その結果,ウエブコンテンツを改善するならいいのですが,自分自身が納得する理由をレポートして満足している人も多いようです。

少しでも訪問者の立場にたって,コンテンツ改善を行って,改善前・改善後の変化を検証しましょう。

ページ内のリンクのクリック数

測定ツールによってはサイトの画面上にクリックした回数をオーバーレイ表示してくれるものもあります。重要なページについては遷移を見る前に画面内のリンクのクリック数を確認したほうが良いでしょう。

 ページリンクレポートの例

図 ページリンクレポートの例

シナリオ(フォールアウト)

入力フォーム~コンバージョンまでのユーザビリティ検証にシナリオレポート(ツールによってはフォールアウトと呼ぶ)を活用しましょう。訪問者にとって入力しづらいフォーム画面は不満や,退出の原因となります。入力エラーをカウントするために,エラー発生数をカウントするなどの工夫も検討しましょう。

 シナリオレポートの例

図 シナリオレポートの例

※)本当に知りたいのはページ遷移?

本来ページ遷移よりも重要なのは訪問者がどのコンテンツ(表示内容,ボタン,説明)に反応しているかということです。一般的にページ遷移レポートではパス名でレポートされますが,訪問者はパス名ではなく,コンテンツを見ているのです。

特にテキストリンクについてはリンクの説明文の訴求力で訪問者の反応が全く異なるのは,検索連動型広告で既に証明済です。表示スペースに制限のある携帯の場合はその傾向は顕著です。

今後の測定ツールには訪問者がどのコンテンツ(クリエィティブ)に反応したかをレポートする機能が求められるでしょう。

その他に測定しておきたい項目を説明します。

サイト内検索

測定ツールにサイト内検索レポートがある場合は是非活用しましょう(ただし,外部のASPサービスや,サイト内検索の実装によっては計測できない場合もありますので,ベンダーに測定可能かどうか確認しておきましょう) 。

サイト内検索のキーワードは訪問者の意志が現れています。訪問者が商品名で探しているか,ブランドか,または別の単語で情報を欲しているかを教えてくれるわけです。

検索連動型広告への出稿の参考データになりますし,コンテンツ改善のヒントになるでしょう。 サイト内検索で検索結果が0件のキーワードを探し出すことも有益だと思われます。

サイト内検索の実装にも依存しますが,キーワードと検索結果のヒット数をパラメータで拾えるのであればレポート化して定期的に確認することも検討しましょう。

 サイト内検索レポートの例

図 サイト内検索レポートの例

著者プロフィール

山田賢治(やまだけんじ)

(株)アクティブコア 代表取締役社長。パッケージベンダーにてRDBMSのカーネルの開発,海外勤務を経て,データウエアハウス専用DBMS事業の立ち上げ,分析アプリケーションの設計・開発に携わる。

その後,インターネット系ベンチャーの技術部長を経て2005年に(株)アクティブコアを設立し,代表取締役社長に就任。現在は同社の経営全般および製品の設計・開発に奮闘中。

URL:http://www.activecore.jp/

コメント

コメントの記入