効果測定 虎の巻

第11回 効果測定と他サービスの連携(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

ここまでの連載ではウエブサイトの集客・サイト内の測定について説明してきました。

今回は測定したデータと他サービスとの連携という観点で考察していきたいと思います。

ウエブサイトの測定では購入前の行動がわかる

ウエブサイトの効果測定データには,「見込み客がどこから来たか」,「再訪問しているが,購入に至らなかった客」や,「購入客」の行動が把握できるという利点があります。

POSデータ等の売上データからは購入した顧客のデータはわかりますが,購入前の行動はわかりません。しかし,ウエブサイトではどこから流入したか,どのキーワードでサイトにたどり着いたか等の購入前の行動が測定できます。

図1 ウエブサイトの測定データの特長

図1 ウエブサイトの測定データの特長

基幹システムとウエブサイトの行動履歴を紐付ける

一般的には顧客管理データや,売上データは顧客がアクション(購入)を起こして初めてデータを収集することができます。

ウエブサイトでは訪問履歴をとることによって購入に至らない訪問者や,購入に至った顧客のデータを収集することができるのです。しかしながら,一般的にはウエブサイトの測定データだけでは顧客個人を特定できることはあまりありません。

この連載でウエブサイトの測定でクッキーでユーザを識別する方法が一般的だと説明してきましたが,測定ツールが発行するクッキーには通常は個人の属性情報は入っていません。 あくまで,同一ユーザ(ブラウザ)からの訪問かどうかを識別するために発行している場合がほとんどです。

したがって,ウエブサイトの訪問データと購入や資料請求,会員申し込みといったイベントを紐づけるための仕組みが必要です。 顧客管理データ等の基幹システムとウエブサイトの行動履歴を紐付けることによって,購入前の行動と購入データが結びつきさらに価値のあるデータになるのです。

図2 基幹システムとウエブサイトの行動履歴を紐付ける

図2 基幹システムとウエブサイトの行動履歴を紐付ける

他システムとの連携の主な例を以下に挙げてみましょう。

  • コンバージョンデータの基幹系システムとの連携
  • メールシステムとの連携
  • 顧客システムとの連携
  • アンケートシステムとの連携

以降では他システムとの連携例を説明します。

著者プロフィール

山田賢治(やまだけんじ)

(株)アクティブコア 代表取締役社長。パッケージベンダーにてRDBMSのカーネルの開発,海外勤務を経て,データウエアハウス専用DBMS事業の立ち上げ,分析アプリケーションの設計・開発に携わる。

その後,インターネット系ベンチャーの技術部長を経て2005年に(株)アクティブコアを設立し,代表取締役社長に就任。現在は同社の経営全般および製品の設計・開発に奮闘中。

URL:http://www.activecore.jp/

コメント

コメントの記入