効果測定 虎の巻

第13回 携帯サイトのアクセス解析

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

電通総研の2007年の発表では携帯(モバイル)の広告費は2011年に1,284億円となり,2006年(390億)の3.3倍にになると予想されています。

図1 携帯広告費の予測(電通総研発表の資料より作成)

図1 携帯広告費の予測(電通総研発表の資料より作成)

2006年にキャリアで大手検索エンジンが採用されてから,検索連動型広告がPC同様に広まり,携帯サイトでもSEM/SEO対策が当然となってきています。

携帯サイトでも効果測定の必要性が高まってきています。

しかしながら,これまでの連載で説明してきたPC版の効果測定と携帯サイトでは注意しなければならない点があります。

  • 1. 携帯キャリアでの仕様の違い
  • 2. キャリア毎のユーザの識別に違いがある
  • 3. 検索エンジンの種類
  • 4. JavaScriptが利用できない(一部機種を除く)

携帯サイトの注意点

効果測定という観点から注意しなければならない点は下記のとおりです。

  • 1. ユーザの識別
  • 2. セッションの識別
  • 3. リファラー

携帯主要キャリアでの仕様の違いを表にまとめました。

図2 携帯主要キャリアでの仕様の違い

図2 携帯主要キャリアでの仕様の違い

1.ユーザの識別

PCサイトの場合はCookieを利用してユーザの識別を行う場合が多いのですが,携帯の場合は端末識別番号が利用できます※注)。

DoCoMoの場合は,公式サイトの場合にURLに特別なパラメータを指定することにより,パラメータ値にDoCoMoのゲートウエイサーバーが識別番号を埋めてウエブサーバーに渡してくれます(非公式サイトは対象外)。

また,2008年3月末からDoCoMoは非公式サイトでもURLにguid=ONを付与するこことにより,iモードIDと呼ばれる識別番号をHTTPヘッダ内に入れて,ウエブサーバーに渡すことが可能になりました。しかし,どちらの方法でもSSLリクエストは対象外です。

効果測定においては流入とコンバージョンを紐付けて測定する必要がありますので,これは重要なポイントです。

したがって,DoCoMoの場合はSSLリクエストと非SSLリクエストでユーザを紐付ける仕組みはウエブサイト側で用意しなければなりません。

KDDI, SoftBankの場合はSSL/非SSLリクエスト共にHTTPヘッダにそれぞれ識別番号が入ってきますので,これを利用することができます。

Cookieを利用する場合も,表のとおりすべてのキャリア・端末でサポートされているわけではありません。端末の発売時期によっても,Cookieサポートが異なるため,PCサイトでCookieを利用して測定しているツールをそのまま利用することができません。

※注
上記の説明は携帯端末で端末識別番号の送信を許可に設定している場合を想定しています。

2.セッションの識別

セッションの識別についても,すべての携帯端末でCookieが利用できるわけではありませんので,別の方法を採用する必要があります。よく利用されているのはURLにセッションIDを埋め込む(またはパラメータ)方法です。

  • 例:http://www.activecore.jp/m/members.jsp;jsessionid=XXXXXX

3.リファラー

DoCoMoの場合,リファラーが送信されてきません。キーワードに関する分析はDoCoMoの場合できません。

著者プロフィール

山田賢治(やまだけんじ)

(株)アクティブコア 代表取締役社長。パッケージベンダーにてRDBMSのカーネルの開発,海外勤務を経て,データウエアハウス専用DBMS事業の立ち上げ,分析アプリケーションの設計・開発に携わる。

その後,インターネット系ベンチャーの技術部長を経て2005年に(株)アクティブコアを設立し,代表取締役社長に就任。現在は同社の経営全般および製品の設計・開発に奮闘中。

URL:http://www.activecore.jp/

コメント

コメントの記入