CMSのポテンシャルを引き出す─MODxで作る商用サイト

第7回 もっと作業効率アップ,カスタムテンプレート変数を活用する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

前回は,メニューを自動作成してくれるWayfinderというスニペットを紹介しました。これにより,商品ページなどのリソースを作成するだけでメニューが自動作成されるようになり,結果として効率性の向上はもちろんのこと,手作業で発生しがちなリンクミスを排除できることで正確性も期待することができます。

今回も,商用サイトを構築する上で有効な効率性,正確性アップにつながる小技を紹介したいと思います。

テンプレート変数とは

MODxにおけるテンプレート変数については,第3回ですでに紹介済みですが,簡単に復習しておくと,テンプレートやリソース中で使用可能な変数です。たとえばページタイトルや長いタイトルはテンプレートやリソース内で

[[*pagetitle]]
[[*longtitle]]

として取得することができました。実用的な用途としては,テンプレート内のタイトルタグに

<title>[[*pagetitle]] | [[++site_name]]</title>

のような記述を行っておけば,実際の表示は

会社概要 | お茶のなかみつ園

とすることができます。

カスタムテンプレート変数とは

文字通り,カスタムテンプレート変数とはカスタマイズ可能なテンプレート変数です。例のごとく,なかみつ園を例にあげてみます。

商品紹介ページや個別の商品である薫風を見ると,商品の価格や内容量が記載されています。2011年5月時点で,薫風の価格は1,575円,内容量は100グラムです。

商用サイト内の商品によっては,キャンペーンなどで価格や内容量が変動する場合があります。その場合,当然のことながらサイト内の全てのページで値を統一しなければなりません。しかし,コンテンツの量が多くなってくればくるほど,残念ながらそれに比例して更新ミスの可能性も高まってしまいます。

そのため,価格などの重要な情報を更新するのであれば,⁠簡単に」なおかつ「差異が発生しないように」を目指したいものです。ここで有効な考え方が,カスタムテンプレート変数で,ご想像のとおり価格や内容量のような管理者独自の値を変数として保持し,さまざまな場所から参照させることができます。

カスタムテンプレート変数の作成

今回は,一般的な商用サイトを例にあげて,商品価格である「price」というカスタムテンプレート変数を作成してみましょう。管理画面左側の「エレメント」タブより「テンプレート変数」にカーソルを合わせ,右クリックより「テンプレート変数を作成」または「テンプレート変数をクイック作成」に進み,表1のような変数を登録します。

ちなみに,レンダリングオプション部分では一行テキスト以外にもラジオボタンやリッチテキストなどさまざまな形式を指定できますので,変数の用途に応じていろいろと試してみてください。参考までに,なかみつ園では「価格」「内容量」については1行テキスト,⁠店主の声」についてはリッチテキストを用いています。

表1 カスタムテンプレート変数の情報

変数名price
入力種別1行テキスト
規定値100円
テンプレートアクセス前回作成したmytplにチェック

変数が作成できたら,前回テストとして作成していた「生姜紅茶」の編集画面に進み,テンプレート変数タブをクリックします。そこには先ほど作成した「price」というテンプレート変数が存在しますので,図1のようにデフォルトの値の代わりに1,050円と入力してみます。

図1 priceに1,050円を入力

図1 priceに1,050円を入力

最後に通常の商品ページを表示してみると,結果は図2のようになります。例のごとく,デザインはともかくとして,変数の値が無事出力されていることが確認できるでしょうか?

図2 変数の値の表示

図2 変数の値の表示

著者プロフィール

中満英生(なかみつひでお)

大学時代に出会ったSolarisがきっかけでUNIXの世界へ。その後ホスティングプロバイダ,データセンターで実務経験を積む傍ら,雑誌記事の執筆や技術セミナーの講師を務める。サーバ設定の他,セキュリティに関する著作や技術者エッセイも執筆経験あり。

コメント

コメントの記入