CMSのポテンシャルを引き出す─MODxで作る商用サイト

第23回 祝!MODx-2.2リリース-注目の機能 実践!Articles

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回に引き続き,MODxバージョン2.2系で追加された新機能について紹介していきます。今回紹介する機能は,MODx-2.2.0-pl2のアナウンスでも触れられている,バージョン2.2系で使用可能となった,Articlesというカスタムリソースです。

MODxはブログ向きではなかった?

はい,結論から言ってしまえば,従来のMODxは総合的なCMS(Contents Management System)としては優秀でしたが,ブログに向いているか?と言われれば,正直答えはノーでした。

というのも,MODx上で投稿記事のタグ,カテゴリ,アーカイブ,コメント機能などを管理するためには,以前紹介したQuipスニペットなど,さまざまなスニペットやチャンクを活用する必要があり,ブログの土台を準備するだけでも一筋縄ではいかなかったためです。

実際,MODxのオフィシャルドキュメントとしてCreating a Blog in MODx Revolutionというものがあるのですが,よほどのまとまった時間がない限り,このような複雑な手順をトライし,なおかつメンテナンスしていくのは厳しいでしょう。

そこでArticlesの出番です

Articlesとはスニペットでもチャンクでもなく,⁠カスタムリソースタイプ」とよばれるもので,前述のドキュメント中にも

MODX Revolution 2.2+ users can simply install Articles, which does everything below automatically for you, in an intuitive and easy-to-use interface.

MODX Revolution 2.2+ ユーザであれば単純にArticlesをインストールすることができます。直感的で簡単に扱うことができるユーザインターフェースであり,下記の全ての手順が自動化されます。

といった記述があるように,Articlesを使用することで,MODx上で簡単にブログを始める(今更!?)ことができます。

まずは,騙されたと思って「システム」⁠⁠パッケージマネージャー」より,⁠Articles」を検索し,導入を行ってみてください。参考までに,執筆時点での最新バージョンは1.4.3-plとなっています。

Articlesをインストールすると,それに依存するスニペットなども自動的にインストールされ,結果的に以下のような機能がインストールされます。

  • Articles
  • archivist(記事のアーカイブ)
  • getpage(ナビゲーションなど)
  • getresources(リソースのさまざまな表示)
  • quip(コメント機能)
  • taglister(タグ)

また,必須ではありませんが,以前紹介したSimpleSearchスニペットなどとも連携させることができます。

パッケージのインストールが終わったら,管理画面を以前と見比べてみてください。分かりやすいところでは,次図のようにリソースの作成メニュー中に項目が追加されています。

図1 メニューが追加された

図1 メニューが追加された

Articlesには本稿執筆時点で日本語翻訳ファイルが付属していないため,メニューの統一感がイマイチではありますが,前述のように「直感的な操作でブログが構築できる」のが特徴なので,特に問題にはならないでしょう。

著者プロフィール

中満英生(なかみつひでお)

大学時代に出会ったSolarisがきっかけでUNIXの世界へ。その後ホスティングプロバイダ,データセンターで実務経験を積む傍ら,雑誌記事の執筆や技術セミナーの講師を務める。サーバ設定の他,セキュリティに関する著作や技術者エッセイも執筆経験あり。

コメント

コメントの記入