CMSのポテンシャルを引き出す─MODxで作る商用サイト

第23回 祝!MODx-2.2リリース-注目の機能 実践!Articles

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

コンテナの作成

ブログやニュースサイトを作成するためには,⁠Create Articles Here」を選択し,⁠New Articles Container」⁠つまり新しいブログやニュース記事のための外枠,コンテナを作成します。

ここでは,次図のように,必要最低限となる「Container Title」⁠Container Alias」⁠Description」⁠公開するにチェック」の情報を入力し,⁠保存」をクリックします。

図2 ブログコンテナの作成

図2 ブログコンテナの作成

すると,次図のように,左側のリソースツリーに見慣れない「ブログ」というアイコンが作成されるようになります。外枠が完成しましたので,後はこの中に記事を書きためていくのが大まかな手順です。

図3 コンテナが作成された

図3 コンテナが作成された

記事の追加や管理

以降の手順は画面上から簡単に想像できると思いますが,新規記事を投稿するには,画面下の「New Article」をクリックし,次図のように必要な項目を埋めていきます。

図4 新規記事の作成

図4 新規記事の作成

このように,いくつかの記事を作成した後,http://www.example.com/blog/ を表示してみてください。たったこれだけの作業で,次図のように,

  • タグ
  • 最近の記事
  • コメント機能,最近のコメント
  • アーカイブ機能

などがサポートされたブログを書けるとは,これまでのMODxの歴史を考えると感動的です!

図5 ブログらしくなっている様子

図5 ブログらしくなっている様子

カスタマイズ

繰り返しになりますが,直感的に操作でできるのがArticlesの魅力のひとつですので,ひと通り試してみれば,どこをどうすればカスタマイズできるのか,というのも自然に分かってくるかと思います。

ここでは,Articlesを使用する上での,基本的な設定項目について簡単に紹介しておきます。

テンプレート

Articlesをインストールすると,⁠エレメント」⁠⁠テンプレート」⁠⁠Articles」の中に2つのテンプレートがインストールされます。ひとつはコンテナ用のテンプレート,もうひとつは各記事が利用するテンプレートです。デフォルトのものは後々参考になるため,直接編集するのではなく,コピーして編集するのが良いでしょう。詳しくは次回解説予定です。

システム設定

「システム」⁠⁠システム設定」より,⁠articles」を絞り込むことで,デフォルトテンプレートなど,いくつかの設定項目を見つけることができます。必要であればデフォルトのテンプレートを参考に,カスタムテンプレートを設定してみましょう。

コンテナ中の「Advanced Settings」

ここでは,依存スニペットなどの基本設定を行うことが出来ます。たとえば,記事をいくつアーカイブするか,コメントをいくつ表示するか,などです。

最後に

いかがでしたか?筆者もまだまだArticlesを使い始めたばかりなのですが,久しぶりに要注目!な機能に出会えた感じがします。少し紹介しきれなかった部分もありますので,次回も引き続きArticlesに触れていくことにしましょう。

著者プロフィール

中満英生(なかみつひでお)

大学時代に出会ったSolarisがきっかけでUNIXの世界へ。その後ホスティングプロバイダ,データセンターで実務経験を積む傍ら,雑誌記事の執筆や技術セミナーの講師を務める。サーバ設定の他,セキュリティに関する著作や技術者エッセイも執筆経験あり。

コメント

コメントの記入