CMSのポテンシャルを引き出す─MODxで作る商用サイト

第26回 一年を振り返って ~MODx Revolution~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

長いようで短かった本連載も今回で最終回を迎えることとなりました。これまでの総括として,改めてMODxの紹介と今後について触れていきたいと思います。

MODxの魅力

ブログ,ニュースサイトを構築するためのCMSはWordPressを筆頭として世の中に数多く存在しますが,なかみつ園のような商用サイトを構築することになった場合,筆者の個人的な前提条件としては次のようなものがありました。

  1. HTMLをガリガリ記述するような時代錯誤のサイトは作りたくなかった。→当然CMSは必須
  2. その中でも,見た目が明らかにニュースサイト,ブログ的になるものは避けたかった(毎日頻繁に更新するサイトではないため)⁠
  3. 初心者にもGUIで直感的な操作が可能。たとえばメニューの並び順をドラッグ&ドロップで入れ替えたり,右クリックから公開,非公開を設定できるなど。

これらの要件に見事にマッチしたのがMODx Revolutionでした※1)⁠

MODx Evolutionの頃はメニューの並び順をドラッグ&ドロップで変更できない,パッケージの追加が大変面倒,など欠点も多かったのですが,Revolutionではその辺りの使い勝手が劇的に向上しています。

※1)
では,WordPressでブログやニュースサイトではない一般的な商用サイトが構築できないのか,と聞かれれば,答えはNoです。たとえば,さいたまスーパーアリーナのサイトはWordPressで作成されています。

MODxの導入は簡単

……といっても,これは近年の全てのCMSに当てはまるフレーズですね。一昔前のCMSであれば,

  1. PHPやそれ自体の依存ライブラリをビルド,インストール
  2. MySQLデータベースやユーザを作成
  3. コマンドラインからSQLを流しこむ
  4. コマンドラインからCMSの設定ファイルを編集

といった流れを経て,やっとブラウザからCMSへの接続が可能となっていましたが,近年のCMSのほとんどはブラウザ経由でのインストールをサポートしているため,MySQLデータベースとユーザさえ作成しておけば,ブラウザから簡単に初期設定を行うことができます。

ただし,初期設定の容易さは必ずしも商用サイトの作りやすさとは比例しておらず,たとえば初心者がXOOPSを運用するのは大変です。そういう意味では,直感的な操作がしやすいMODx Revolutionは構築時にも運用時にも敷居の低いCMSといっても良いのではないでしょうか。

あらためてMODx Revolutionを試す

本連載の第1回目では,MODxを手軽に体験していただくためのKickstartファイルを用意していましたが,東日本大震災後,配布先のサーバが不定期で停止していたり,連載開始から1年でMODxやCentOSの構成もずいぶんと変わりましたので,今回あらためて,Kickstart(ks)ファイルを用意しました。

MODX Japanのデモサイトではもの足りない方は,VMwareやVirtualBoxなどで仮想マシンをCentOS-6.2-x86_64-netinstall.isoftp://ftp.kddlabs.co.jp/010/Linux/packages/CentOS/6.2/isos/などよりダウンロード)からブートし,コマンドラインパラメータで以下のようにksファイルを指定します。

ks=http://bluecoara.net/modx22_c6.ks

図1 ブート時にksファイルを指定

図1 ブート時にksファイルを指定

回線速度にも依存しますが,フレッツ光のような高速回線であれば約10分ほどでVMが構成され,すぐに

  • http://VMのIPアドレス/setup/

よりMODx Revolutionを試すことができます※2)⁠

参考までに,執筆時点でのksファイルの中身は次のようになっています。

リスト1 modx22_c6.ksの中身

install 
url --url http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/packages/CentOS/6/os/x86_64/ 
lang en_US 
keyboard us 
network --device eth0 --bootproto dhcp 
rootpw Pass1234 
firewall --enabled --port=22:tcp,80:tcp 
authconfig --enableshadow --enablemd5 
selinux --disabled 
timezone --utc Asia/Tokyo 
services --enabled=httpd,mysqld 
reboot 

bootloader --location=mbr --driveorder=sda 
clearpart --initlabel --all --drives=sda 
autopart 

%packages 
@base 
httpd 
mysql-server 
php* 

%post 
echo 'date.timezone = Asia/Tokyo' >> /etc/php.ini 
cd /tmp 
wget https://modx-revo-ja.googlecode.com/files/2.2.0-pl2-ja-p1.zip 
unzip 2.2.0-pl2-ja-p1.zip 
mv 2.2.0-pl2-ja-p1/* /var/www/html/ 
mkdir -p /var/www/html/assets 
mkdir -p /var/www/html/core/components 
chown apache:apache /var/www/html/assets 
chown apache:apache /var/www/html/core/components 
chown apache:apache /var/www/html/core/cache 
chown apache:apache /var/www/html/core/export 
chown -R apache:apache /var/www/html/core/packages 
touch /var/www/html/core/config/config.inc.php 
chown apache:apache /var/www/html/core/config/config.inc.php 

cat > /etc/rc3.d/S99post <<'EOF' 
#!/bin/sh 
cat <<'SQL' | mysql -u root 
CREATE DATABASE modx DEFAULT CHARACTER SET utf8; 
GRANT ALL PRIVILEGES ON modx.* TO modx@localhost IDENTIFIED BY 'modx'; 
SQL 
rm -f $0 
EOF 
chmod 755 /etc/rc3.d/S99post

もしこれまで機会のなかった方は,これを機にぜひMODxに触れてみてください。

※2)
一時期Scientific Linuxに浮気していましたが,結局CentOSに戻ってきました。

著者プロフィール

中満英生(なかみつひでお)

大学時代に出会ったSolarisがきっかけでUNIXの世界へ。その後ホスティングプロバイダ,データセンターで実務経験を積む傍ら,雑誌記事の執筆や技術セミナーの講師を務める。サーバ設定の他,セキュリティに関する著作や技術者エッセイも執筆経験あり。

コメント

コメントの記入