今すぐできる超絶シンプルなMTのCMSカスタマイズテクニック

第6回 完成したサイトを「テーマ」として保存しよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

本連載の最終回では,Movable Type 5からの新機能である「テーマ」機能を使って,これまで制作してきたウェブサイトやブログの設定をテーマとして保存,別のウェブサイトに適用させてみよう,というお話をしていこうと思います。テーマとは,MTで作成したテンプレート,テンプレートセット,カテゴリ,フォルダやファイル,カスタムフィールドの設定をまとめてテーマとして保存し,そして別に作成したブログやウェブサイトにボタン一つでそのテーマを適用させることができるようになる,という機能です。

利用例として,

  • MTで制作したサイトの設定をバックアップするために使う
  • 製作段階で設置した仮設置ブログを,本公開ブログに移行するときに使う
  • サイトのテンプレートとして転用できそうなテーマを一度作成しておけば,似たようなウェブサイトを作成する場合に便利

などが挙げられます。たとえば,フランチャイズのチェーン店など,似たようなサイトを複数作成する場合に,一度テーマとしてサイトを構築しておけば,制作の手間が大幅に省けます。

  • 作成したテーマの配布が可能

また,企業用サイトのテーマ,写真アルバム用のテーマ,ブログのテーマ,など目的に合わせたテーマを作成して,オンラインから配布することが可能です。

とにかくバックアップという意味も込めて,作成したウェブサイトとブログはとりあえずテーマとして保存しておくことをおすすめします。

テーマでできること,できないこと

テーマ機能には保存できるものとできないものがあります。

 テーマ機能

 エクスポートインポート
テンプレート(設定ふくむ)
カテゴリ
ブログ記事△(※1△(※1
フォルダ
ウェブページ×△(※2
blog_static(ファイルなど)○(※3
カスタムフィールド△(※4△(※4
アセット情報××
テーマのサムネール×

※参考:http://www.slideshare.net/Dakiny/mtddc-tokyo-gamo021-4885673
※1:ブログ記事のエクスポート,インポートを使用
※2:テーマのyamlファイルを編集すればウェブページも含んだテーマ制作が可能
※3:JPG,JPEG,GIF,PNG,JavaScript,CSS,ICO,FLV,SWFswfが可能
※4:カテゴリ別の設定ができない

また,テーマを作成するうえでのテンプレートの構造の注意点として以下がありますので気をつけましょう。

  • 他のブログのテンプレートをIncludeせず,同じブログ内でテンプレート構造を完結させる。
  • リンクや画像のURLは,絶対パスで記述せず,ブログルートからの相対パスで記述する。
  • カテゴリーやフォルダ,カスタムフィールドをテンプレートタグで指定する場合は,それらを忘れずにテーマに含める。
  • プラグインに依存するMTタグがある場合は,必要なプラグインを同時に配布する。

テーマのエクスポート

今回は第1回第5回を通して作成してきた企業サイトのテーマ化のエクスポート方法について説明していきます。

最終的に,⁠ウェブサイト」のテーマ1つ,⁠ブログ」のテーマ2つを作成します。

作成するパーツ

作成するパーツ

ウェブサイトの配下にあるブログもまとめて一括でテーマ化にしたいところなのですが,MT5の標準機能ではできません。ウェブサイト,ブログは別個のものとして,それぞれにテーマとして保存する必要があります。

では実際のテーマ作成作業について説明していきます。

  • 「ウェブサイト(company)」のトップ > ツール > テーマのエクスポート

を開きます。

ウェブサイトテーマのエクスポートを開く

ウェブサイトテーマのエクスポートを開く

「名前」「出力ファイル名」⁠⁠バージョン」などの入力項目はわかりやすい名称をつけます。また,それぞれオプションを設定することができます。

フォルダ

フォルダをテーマとしてエクスポートすることができます。テーマ適用時に,自動でフォルダを作成します。今回の例では,ウェブページ用として作成した「about」のフォルダがエクスポートされるように設定しています。

ファイル

エクスポートするウェブサイトのディレクトリ配下にあるトップレベルフォルダに格納されているファイル(JPG,JPEG,GIF,PNG,JavaScript,CSS,ICO,SWF,FLV)をエクスポートできます。フォルダ名は,フォーム内に一行ずつ記載します。ブログのサイトルート直下のみ指定可能です。

今回は,CSSや画像をすべて格納している「common」フォルダを指定します(⁠common」フォルダはFTPなどからアップロードしているものでも可で,つまりMT上からアップロードしていないファイルも指定可能です)⁠

「common」フォルダを指定

「common」フォルダを指定

テンプレートセット

ウェブサイトに含まれるテンプレートセットを全てエクスポートできます。

カスタムフィールド

ブログ記事やウェブページのカスタムフィールドも設定できます。カテゴリ別の設定は含むことができません。

著者プロフィール

高橋真弓(たかはしまゆみ)

2005年,都内のWeb制作会社にてWebプロデュースやWebディレクションを担当。2008年,シックス・アパート株式会社に入社。マーケティング・マネジャーとしてシックス・アパートのマーケティング活動全般を手がける。

http://uramayu.typepad.jp/

コメント

コメントの記入