グングン売上がアップする!ネットショップ構築のポイント

第1回 ネットショップに訪れるお客様の意識

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめまして。今回から,連載「グングン売上がアップする!ネットショップ構築のポイント」を書かせていただきます渕上雅己と申します。

この連載では,ネットショップ制作を行われるWeb制作会社,Web担当者向けに,ネットショップ構築の際のポイントや,制作のコツ,売上アップのためのノウハウなどをご紹介していきます。Webデザイン,HTML+CSSコーディング,マーケティングなど,幅広いテーマになりますが,読者のみなさまの売上アップのヒントとなり,お役立ていただければ幸いです。

第1回は,ネットショップを構築するにあたってつかんでおきたい,「ネットショップに訪れるお客様の意識」について解説します。

「ネットショップを開設したけど売れない」のはなぜ!?

オンラインショッピング利用者数の増加にともない,ネットショップの出店店舗数も増加しています。楽天市場には22,924店舗(2008年3月13日現在),Yahoo!ショッピングには15,906店舗(2008年2月末現在),独自ドメイン店舗は10万を超える店舗が開設されています。

「カラーミーショップ」※1の申込み店舗数は11万を超えている

「カラーミーショップ」の申込み店舗数は11万を超えている

※1)
株式会社paperboy&co. が提供するショッピングカートシステム。
  • http://shop-pro.jp/
  • 世間の流れにあわせて「我が社もネットショップを開設しよう!」と意気揚々と構築,オープンしたにもかかわらず,お客様が全然集まらず,売上も上がらないまま閉店,という話をよく聞きます。その原因の一つとして,「ネットショップに訪れるお客様の意識」を考えることなく制作し,結果として,お客様が集まらなかった,ということが考えられます。

    では,この「ネットショップに訪れるお客様の意識」とは,いったいどのようなものなのでしょうか?

    その正体は「お客様の商品購入意識の高さ」であり,ネットショップに訪れるお客様は「購入意欲が高く」,その他の情報サイトなどを利用する利用者は「購入意欲が低い」,ということです。

    お客様はネットショップに「お買い物をするため」に来ている

    「何を当たり前のことを書いているんだ!?」と思われた方も多いと思いますが,このことを意識せずにネットショップを構築してしまうと,お客様が集まらない店舗になってしまいます。

    友達との待ち合わせや,休日の気晴らしに,デパートでウインドウショッピングをしている所を想像してみてください。特に買いたいものがあるわけではなく,ただ目に留まったものを見ているところに,店員から声をかけられ,しつこく接客されたらどのように感じるでしょうか。おそらく,大半の人はわずらわしく感じ,そのお店から出て行ってしまうのではないかと思います。

    一方,欲しい商品が決まっていてお店に訪れたとき,いろんな商品を見て回り,商品について詳しいことが知りたいときに店員さんから声をかけてもらうと,知りたい情報が得られ,商品を買う決断がしやすくなると思います。

    これが「購入意欲の差」によるお客様の気持ちです。「購入意欲が低い」時に,接客されても商品を買う気にはなれませんが,「購入意欲が高い」時に,接客を受けると商品を購入する割合が高くなります。

    極端な例を挙げると「『チーズケーキの作り方』を調べに図書館に行ったら,入り口でチーズケーキを売りつけられた」という場面に遭遇したらどう感じるでしょうか。誰もチーズケーキを買うことはないでしょう。このことが,まさに「チーズケーキの作り方」を調べるために,Yahoo!やGoogleで「チーズケーキ」と検索したときに,ネットショップのページが表示されたときのお客様の気持ちです。

    ネットショップを開設する際,「お買い物がしたい」と考えているお客様をターゲットとして店舗を構築し,集客する必要があります。

    著者プロフィール

    渕上雅己(ふちがみまさみ)

    ミンクス代表,ウェブプロデューサー/デザイナー。

    大学卒業後,ウェブ制作の専門学校を経て,ネットショップ構築に特化したウェブ制作会社に入社。業務を通じてネットショップにおけるウェブデザイン,ユーザビリティ,SEO/SEM,ネットショップ運営等に携わる。

    2006年9月に独立し,ミンクスを本格的に立ち上げ,中小規模のネットショップ制作を中心に業務を行う。

    URLhttp://mincs.net/

    コメント

    コメントの記入