グングン売上がアップする!ネットショップ構築のポイント

第3回 「買い物かごに入れる」ボタン,上につけるか?下につけるか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

お客様がネットショップに訪れる目的は「お買い物」であり,お客様一人ひとりが欲しい物を探しにやってきて,欲しい物がいい値段で販売されていたら購入します。

つまり,店舗側のネットショップにおけるゴールは「購入手続きを完了させること」であり,もっと近いゴールは「お買い物かごボタンをクリックしてもらうこと」となります。

今回は,その「買い物かごに入れるボタンをクリックしてもらう」という点に注目し,最適な「買い物かごに入れる」ボタンの設置位置について考えてみます。

商品の購買率を変える「お買い物かごに入れる」ボタンの設置位置

「買い物かごを入れる」ボタンを設置する位置は,大きく分けて2つのパターンが考えられます。

一つは,ページを開いた瞬間にボタンが見える位置に設置する「上につける」パターン。もう一つは,商品のキャッチコピーやキャッチイメージ,商品の詳細説明を行った後に設置する「下につける」パターンです。

この「上につける」パターンと「下につける」パターンに,それぞれメリット・デメリットがあります。

「検索」で探して購入する商品は,「上につける」パターンが効果あり

商品ページを開いたときに購入ボタンが設置されている「上につける」パターンで,効果があるのは,お客様が欲しい商品がすでに決まっており,「検索」で探して購入する商品を取り扱う店舗において効果があります。

Amazonで主に取り扱われている本やCD・DVDは,購入ボタンがすぐにクリックできる位置にある

Amazonで主に取り扱われている本やCD・DVDは,購入ボタンがすぐにクリックできる位置にある

具体的な商材としては,本,CD・DVD,家電製品,TVゲーム,ワイン・焼酎・日本酒などのお酒類,ルイ・ヴィトンやプラダなどの高級ブランド品,香水,ゴルフ用品,車用品・バイク用品などです。

これらの商品は,基本的に商品に対する認知度が高く,どこで購入しても品質が変わらない商品です。

お客様は,あらかじめ商品名や商品の内容,価格を把握しており,商品名やブランド名・メーカー名,型番などで検索して,店舗に訪れ,販売価格や送料などの手数料を確認して,購入にいたります。

この場合,すでにお客様は商品に対する情報を十分に持っているため,キャッチコピーやキャッチイメージ,有名人からの推薦コメントなどの必要性は低くなります。

それよりも「在庫はあるか」「他よりも安く購入できるか」という要素の方が重要となります。

したがって,これらの商品を取り扱う店舗では,ページを開いたときに商品名,商品のイメージ画像,販売価格,在庫状況がすぐに確認でき,購入ボタンがすぐに押せるようにしておくことで,購入率を高めることができます。

また,「プラズマテレビを買いたいけど,まだどれにするか具体的には決まっていない」とか,「欲しいメーカーは決まっているんだけど,色や大きさ,性能までは固まっていない」というお客様のために,ページの下部分で商品の詳細情報や購入されたお客様からの感想などの情報を記述して,お客様が欲しい商品を決めるにあたって必要な情報を提供しておくことで購入機会の損失を防ぐことができます。

著者プロフィール

渕上雅己(ふちがみまさみ)

ミンクス代表,ウェブプロデューサー/デザイナー。

大学卒業後,ウェブ制作の専門学校を経て,ネットショップ構築に特化したウェブ制作会社に入社。業務を通じてネットショップにおけるウェブデザイン,ユーザビリティ,SEO/SEM,ネットショップ運営等に携わる。

2006年9月に独立し,ミンクスを本格的に立ち上げ,中小規模のネットショップ制作を中心に業務を行う。

URLhttp://mincs.net/

コメント

コメントの記入