サルでき流 WordPressではじめる企業サイトの作り方

第13回 まずはこの4つを覚えよう!Webサイトの構成チェック

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

役立つウィジェット盛りだくさん,サイドバー

コンテンツの横にある,コンテンツよりも狭い領域。それがサイドバーです。⁠サイド」にある「バー」「サイドバー」なのですが,コンテンツがなんとな~く平面のイメージだとすると,こちらは。言葉の雰囲気から言っても,ネタをつらつらと書き綴る場所ではなさそうです。

こんな感じでコンテンツの横にちょこんとあります

こんな感じでコンテンツの横にちょこんとあります

このサイドバー,どうやって使うものかと言いますと。ウィジェットと呼ばれる便利機能を設定,表示するために使います。

イメージで言うと「多機能テレビリモコン」みたいなものです。棒に「ボタン」やら「情報表示用のディスプレイ」やらをペタペタくっつけて,コンテンツという名前のテレビの脇に置く。ほーら,使い勝手が良くなりそうでしょう?

ウィジェット自体は,今後の連載の中で詳しい設定方法をお話していきますが,せっかくですので,例えばどんな便利機能があるかということを,今ちょっとだけお話しておきましょう。

たとえば,

  • ユーザーが目的のコンテンツを探すための,⁠検索ウィジェット」とか
  • 最近更新されたコンテンツを一覧で表示する,⁠新着情報ウィジェット」とか
  • TwitterやFacebookの情報を表示する,⁠SNSウィジェット」などなど

Webサイトの使い勝手をグッと良くするものがたくさん用意されています。

前々回前回の2回に渡ってお話した「テーマ」同様,ウィジェットも日々新しいものが世界中の開発者によって作られています。便利ウィジェット特集,やりましょうね。お楽しみに。

では,サイドバーに話を戻しましょう。

このサイドバー,場所は「コンテンツの横」と言いましたが,コンテンツの左右どちらの横にあっても構いません。

配置はテーマ次第なのですが,テーマよっては,左右両方に設置されているものもあります。とりあえずコンテンツの近くにあればOKという位置付けです。

ちなみに,両方に設置するとスゲェ便利になる……というわけでもないです。サイドバーは確かに盛りだくさんになりますが,逆にコンテンツの領域を圧迫してしまいますので,本文が読みにくくなったり,画像を小さくせざるを得ない状況になったりもします。バランスをしっかり考えるのが大事,ということです。

さらに,たま~に,ですが。サイドバーが無いテーマがあったりします。この場合,コンテンツは超広くなりますので,⁠開放感がパネェ~!」というメリットの反面,便利なリモコンがそばに無いことによるストレスが出てきたりしますので,その点要検討になります。

忘れてはいけない情報を入れておく,フッター

最後は画面の一番下にある,フッターです。

…え?見つからない?

いえいえ。あるでしょう?下のほうに。ヘッダーをちょと貧素にして,目立たない場所にしまっておきましたよ,と言った佇まいの,そうそう,それです。

こんなにも目立たないところにひっそりとあります

こんなにも目立たないところにひっそりとあります

フッターはとにかく地味です。どのくらい地味なのかと言えば,Webサイト作りで初心者の方に,手作りでWebサイトを作ってもらうと,このフッターがしばしば忘れ去られるくらい地味です。

見た目同様,使い方もそれほど特徴的ではありません。

サイドバーのようにいくつかのウィジェットを設定することもできますし,もっと言ってしまえばコンテンツの一部を表示しておくことも可能なのですが……。

いかんせん場所が目立たない場所ですので,サイドバーがあるならサイドバーのほうが「近いし目立つし」で良いことが多いですし,コンテンツは真ん中にバーンとあったほうが,もちろんいいですし。中途半端なのです。

この子…要らない子…?

……いえいえいえいえ!

個人サイトでしたら,確かに上記の理由でフッターはそこまで必要無いかもしれません。わざわざ目立たない場所に,大事な機能やコンテンツを配置する理由がないですし。

ですが,企業サイトではしっかり使っていきます。

企業サイトの場合,個人サイトと違って,⁠派手にコンテンツ化する必要な無いものの,忘れていると後々トラブルになることがある」ような,そんなコンテンツがあるのです。

どんなコンテンツでしょう?ピンときましたか?

企業には,個人と違って,社会的な信用の問題から,⁠ごめん」じゃ許されないことがたくさんあります。そんなときに必要になる,アレ。

そうなんです。サイトの利用規約とか,プライバシーポリシーとか免責事項とか,ああいう「ちょっと小難しくて頭が痛くなりそうなアレ」が,企業サイトでは必要になるのです。

とは言え,別にそれがメインコンテンツ,というわけでもありませんので,自慢の商品のコンテンツと一緒に並べて書くのはちょっとイケてないですよね。

ほらー,そういうときに役立つ地味な子がいたじゃないですかー。

地味だけど全てのページにひっそり存在するフッター。「採用情報」「お問い合わせフォームへのリンク」辺りも含めると,企業サイトではかなり重宝しますので,覚えてあげてくださいね。

WordPressの場合,サイドバーとフッターについても,⁠専用の管理機能」から全体で1回設定します。コンテンツ以外は,サイトでまとめて設定,と覚えておけばOKです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は説明がシンプルな感じがした方,結構いらっしゃったのではないかと思います。いつになく内容が薄いような。

もしそう思ったら,それは「Webサイトの⁠お作法⁠がとても洗練されている」ということなのです。

それこそ一昔前は,意味不明な場所に大事な機能やコンテンツが配置されているサイトがたくさんありました。

各開発者さんが,独自で構成を考えていましたからね。きっと,作っているウチに盛り上がっちゃったんです。ヒトコトで言うと,斬新の向こう側。そんなサイトをよく見かけました。

で,そのたくさんの実験(?)の中から,⁠これは使いやすい!」というものが出てきて,さらにそれを他の開発者さんが真似することで,少しずつ角が取れて現在の形になってきたわけです。まさにベストプラクティスですね。

さてさて。それでは構成がわかったところで,各パーツの管理画面のほうを見ていきます。ヘッダー,フッター,サードバー。このあたりからマスターしていきましょう。

…おっと。

と,いうところで終了の時間です。

ではでは,今回はここまで!

次回をお楽しみに~。

画像

著者プロフィール

カワサキタカシ(かわさきたかし)

元アイ・ビー・エムERPコンサルタント,元アップル教育ソリューション開発者兼営業,他にも様々な経験を経て,人材育成会社『株式会社マイウェイ』を夫婦で起業。現在,同社の取締役兼なんでも担当。

「Webサイト」から「iPhoneアプリ」,「ビジネスサービス」から「会社」まで,『作ること』が好き。そして作る楽しさを誰かに『教えること』も好き。楽しく作る技術を学ぶコミュニティ,『サルでき.jp』をぐーたら管理中。

著書に『iPhoneアプリ開発塾』(技術評論社),『サルにもできるiPhone同人誌の創り方』(飛鳥新社)がある。

株式会社マイウェイ Webサイト
株式会社マイウェイ Facebook
カワサキタカシ Facebook
サルでき.jp


企業サイト作り(運用)にお困りの経営者さま・Webご担当者さま。ワタシ,『企業サイトを楽しく作る(育てる)ためのサポートサービス』もやっております。困り果てて現実逃避の小旅行に出かける前に,是非一度弊社Webサイトまでお気軽にご相談くださいませ。