サルでき流 WordPressではじめる企業サイトの作り方

第39回 目指せ「いいね!」マスター!WordPressとFacebookを連携する方法(Facebookページ作成編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

Facebookのアカウントを取得しよう

さてさて。無事基礎知識も確認できたところで,早速Facebookのアカウントを取得してみましょう。

まずはFacebookのWebサイトにどうぞ。

こちらです

こちらです

アカウント登録用の欄がありますので,⁠氏名」「メールアドレス⁠⁠,⁠パスワード」⁠生年月日」⁠性別」を入力します。

「アカウント登録」ボタンを押すと出てくる次の画面で,⁠プロフィールの登録」「顔写真の設定」等を行い,その後Facebookから送られてくるメールの指示に従って,⁠登録を完了」ボタンを押せば取得完了です。

……クド目がウリのサルできにしては,いつになくサラサラっとお話してしまいました。

なんでこんなにサラサラかと言いますと,実はこのステップは,「個人としてFacebookにアカウントを取得する」というステップなのです。

え?何も問題ないですか?

えーと,この連載のタイトルを今一度思い出しましょうか。

「ホニャララではじめる企業サイトのホニャララ(前後略⁠⁠」でしたね。でしたっけ?とか言わない。

そう,大事なのは「企業」の部分。

Twitterであれば,アカウントに実名は求められませんので,⁠アカウント=企業アカウント」という考え方をしても良かったのですが,Facebookの場合は,アカウントに実名が求められますので,⁠アカウント=個人アカウント」という考えが前提になります。

企業に対して,⁠友達申請したり」⁠友達申請されたり」って…ねえ。ちょっと違和感ありますよね。

「ん?じゃあ,企業としてFacebookを使うにはどうすればいいの?」

そうそう。そう聞きたくなりますよね。ワタシとしてもそっちにページを割きたかったので,個人アカウントの取得についてはサラサラっとお話をさせていただきました。

それでは,企業がFacebookを使うためには一体どうすればいいのかそっちのほうをはっきりさせていくことにしましょう。

企業にとってのFacebookの使い方

みなさんは,こんな画面を見たことがありますか?

こんな画面

こんな画面

あるある~。という方,大勢いらっしゃるかと思います。見慣れすぎていて,あまり気にもしなかった,という方も大勢いらっしゃるかもしれませんね。

でも,あらためてこの画面をよく見てみましょう。

……なにやら先ほど登録した自分のタイムラインに似ているようでもあり,でもところどころ雰囲気が違うような気もする。

……っていうか,見出しのところに堂々と,⁠株式会社マイウェイ」って,会社名が書いてある。どう見ても個人のタイムラインではない気がする。

ふむふむ。そう!そうなんです!

この画面,明らかに個人アカウントのタイムラインでは無いんです。

よく目にするこの画面。一体ナニモノかと言いますと,これこそが,企業がFacebookを使うための方法,その名も「Facebookページ」と言います。

よく似ていますが,個人アカウントのタイムラインとはまったくの別物です。

Facebookページは,以下の様な特徴があります。

  • タイムラインを持つ専用のページ
  • 企業,組織,ブランド等の単位で作ることができる
  • 個人アカウントを持っていれば誰にでも作ることができる
  • 管理者を自由に設定することができる
  • ページに「いいね!」を押した人には「友達」同様投稿が流れる

「わお!コレコレ!こんなのが欲しかったの!」

ですよね。そうなんです。ワタシたちが探していたものにピッタリの仕組みが,ちゃんと用意されていました。

つまり,企業としてFacebookを使う場合,まずは,スタッフが個人アカウントを用意して,次に,Facebookページを作って,それから,投稿を行うという流れになります。

……あ,ですが。

スタッフの方が,⁠自分,仕事とプライベートを分けたい派なんで~」と言ってきた場合は,ちょっと面倒なことになります。

Facebookでは,個人が複数のアカウントを取得することを,ルールとして禁止していますので,プライベート用と会社用の個人アカウントを使い分ける,ということができません。

ですので……,もし,Facebook担当にしようと思っていた,現代っ子のIT担当鈴木君が,そんなことを言ってきたら,一度腹を割って話し合いの機会をお持ちくださいませ。

鈴木君も,営業畑25年の山田部長の熱い(暑い)説得ならきっと……きっと……。

さてさて!

ようやく全体図が見えてきましたね。

こうやって見ていけば,必要なところに必要な仕組みがちゃんと用意されているのですが,その辺の説明が実にアッサリしているのがFacebookの特徴でして。

ドコにナニがあるのか,作っていいのかダメなのか。スゴく自由な雰囲気がある一方,スゴく厳しいルールがある。その基準がよくわからない。

この辺がFacebookの取っ付きにくいところなのかもしれません。

ま,今回はするべきことはわかりましたので,安心して先に進みましょう。さっそく,Facebookページを作成しますよ~。

著者プロフィール

カワサキタカシ(かわさきたかし)

元アイ・ビー・エムERPコンサルタント,元アップル教育ソリューション開発者兼営業,他にも様々な経験を経て,人材育成会社『株式会社マイウェイ』を夫婦で起業。現在,同社の取締役兼なんでも担当。

「Webサイト」から「iPhoneアプリ」,「ビジネスサービス」から「会社」まで,『作ること』が好き。そして作る楽しさを誰かに『教えること』も好き。楽しく作る技術を学ぶコミュニティ,『サルでき.jp』をぐーたら管理中。

著書に『iPhoneアプリ開発塾』(技術評論社),『サルにもできるiPhone同人誌の創り方』(飛鳥新社)がある。

株式会社マイウェイ Webサイト
株式会社マイウェイ Facebook
カワサキタカシ Facebook
サルでき.jp


企業サイト作り(運用)にお困りの経営者さま・Webご担当者さま。ワタシ,『企業サイトを楽しく作る(育てる)ためのサポートサービス』もやっております。困り果てて現実逃避の小旅行に出かける前に,是非一度弊社Webサイトまでお気軽にご相談くださいませ。