2010年版SEO体得講座

第9回 SEOツールを使いこなそう!(5)SEOペナルティチェックツール「takotubo.jp」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

検索結果の順位が大幅に下がった時や,検索結果に表示されなくなった場合,検索エンジンからペナルティを受けている可能性があります。SEOペナルティが課せられるルールは,検索アルゴリズムと同様,公表されていませんので,ペナルティを受けているかどうかの判定は難しいものです。

ここで紹介するtakotubo.jpはペナルティの判定まではしませんが,判定のために使われるいくつかの指標を一度に調査してくれるツールです。中には4つのツールがあります。またトップページには最新のSEOペナルティに関するニュースが掲載されています図1)⁠

図1 takotubo.jp

図1 takotubo.jp

インデックス状況調査ツール

ひとつめは,インデックス状況調査ツールです。takotubo.jpを開いて,調べたいサイトのURLを入力し[Check!]をクリックすると調査結果が表示されます図2)⁠

図2 インデックス状況調査ツール

図2 インデックス状況調査ツール

いくつかの調査項目が表示され,調査の値が青色で表示されていますが,検索順位以外の部分が「なし」⁠1位」だけであればこの調査項目においてはペナルティに関する問題はなさそうです。それぞれの項目を見ていきましょう。

robots.txt
disallowの記述があるかどうかを調べます。サイト内のコンテンツでクローラーにインデックスさせたくないコンテンツがあるとき,このdisallowをrobots.txt内に記述するわけですが,このdisallowがある場合は,指定しているコンテンツが間違ってないかどうかを確認する必要があります。
meta robots
<meta name="robots">の中にnoindexの記述があるかどうかをチェックします。noindexの記述があると,検索エンジンに対して「このページを検索結果に出さないで」と言っていることになるので確認のためにチェックしています。

上記の2つは,ペナルティには関係ありませんが,検索結果に表示されなくなる原因にはなり得ますので,調査しています。

ドメイン年齢:
ドメインが取得されてからの経過年月数です。
検索順位
Yahoo!,Googleの検索結果の順位です。
Site:
Yahoo!,Googleで「site: (url)」と検索した時のurlの順位です。
Site:depth0
Yahoo!,Googleで「site: (url) depth:0」と検索した時のurlの順位です。上のsite: の結果をドメインルート直下のものに絞り込んで検索します。urlがドメインのトップページでない場合は正しく検索されません。
URLで検索
Yahoo!,Googleで「(url)」と検索した時のurlの順位です。
タイトルで検索
Yahoo!, Googleで「(urlのタイトル)」と検索した時のurlの順位です。

Site:以降の4つの順位計測はすべて1位になれば問題ありません。1位でないところがあれば,順位の部分のリンクをクリックして検索結果を眺めてみましょう。1位じゃなくてもすぐにペナルティというわけではありません。

外部発リンクインデックス状況調査ツール

2つめのツールは,外部発リンクインデックス状況調査ツールです。対象のページから外部サイトへのリンクをリストアップし,そのリンク先のページがペナルティを受けていないかどうかの目安を調査します。

上部の2つめのタブをクリックしてください。調査するURLを入力し[Check!]ボタンをクリックすると調査結果が表形式で表示されます図3)⁠

図3 外部発リンクインデックス状況調査

図3 外部発リンクインデックス状況調査

図を見ると,このページには外部に対して5本のリンクが出ていることがわかります。まず,それぞれのアンカーテキスト,リンク先URLが表示され,その右側にsite: とnofollowという列があります。

Site:
Yahoo!,Googleで「site: (リンク先url)」と検索した時のリンク先urlの順位です。多くは1位と表示されると思いますが,1位でない場合は,このリンク先URLのページがペナルティを受けている可能性があります。順位の部分のリンクをクリックして,検索結果を眺めてみましょう。
Nofollow
外部リンクの<a>タグタグの中にnofollowの記述があるかどうかをチェックしています。⁠あり」の場合は,もしリンク先URLがペナルティを受けていても影響を受けないと考えられるので参考までに載せています。

リンク先URLがペナルティを受けている疑いがある場合は,念のため<a>タグにnofollowを記述するか,リンクを削除することを考えましょう。

著者プロフィール

藤沢竜志(ふじさわたつし)

株式会社ディーボ 代表取締役社長

1964年大阪府出身。大阪大学基礎工学部情報工学科中退。大学在学中からソフトウェアベンチャーで仕事をはじめ、パッケージソフト製品の開発、マーケティングに従事。東京の食品流通業経営企画室で戦略情報システムを構築、米大手ソフトハウスのデータベース製品マーケティングマネージャー、ITソリューション営業を経て札幌へ移住。

1999年株式会社ソフトフロント開発担当取締役としてネットビジネスの共同開発を多数手がける。2001年営業担当取締役としてVolP、SIP技術ソリューション営業を担当、ヘラクレス市場への上場を経験。

2003年株式会社データクラフトの写真販売サイト(現イメージナビ)の事業責任者として画像検索エンジンの設計を行い、この頃からSEO対策に取り組み始める。

2005年株式会社ディーボ設立。SEO対策を技術面、運用面から研究。SEO対策は自社で行うべきという持論を持ち、現在はSEO対策のためのツールやサービスを開発し提供している。

著書に『即実践! SEO対策』がある。

コメント

コメントの記入