今すぐ始めるECサイト~ショップサーブ2であなたもネットショップオーナーになれる!

[開店前準備編]STEP2:量販店で購入できる機材やソフトで十分

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第2回目の今回は,準備の一環として商品を販売する場所,つまり「ホームページを作る」ことに必要な機材や道具についてお話しします。

何が必要なのか?

「ネットショップを運営するためには,高機能パソコンやデジカメが必要なのでしょうか?」

こうした疑問を持つ人は多いことでしょう。しかし,ご心配いりません。量販店で買える機材やソフトで十分です。具体的に見ていきましょう。

ネットショップの運営に必須な機材は,「パソコン」「プリンタ」「デジタルカメラ(以下デジカメ)」の3点。すべてを一度に揃えると15万~20万円ほどかかりますが,すでにこれらの機材を持っている場合,改めて購入する必要はありません。また,インターネットに接続できる環境があれば十分です。

パソコンはデスクトップ型とノート型の2種類がありますが,どちらでも良いです。ただ,ネットショップを運営していると,パソコンのモニタの前で長時間過ごすことが多くなるので,できるだけ大きいモニタを選びましょう。なぜなら,大きいほうが快適に作業できるからです。

プリンタは,商品発送のときに同梱する納品書や請求書を印刷するなど,ネットショップの運営には欠かせません。プリンタを選ぶ場合,価格の安いインクジェットプリンタで十分対応できますが,できるだけ印刷スピードの速いものを選びましょう。

将来的に注文が増えた場合,送付状を印刷するのに便利なドットプリンタが必要になることもあるでしょう。

 Webショップを始めるために揃えておくべき機材は?

パソコンがないと始まらない!当然ながら,Webショップのお店ページを作るためにパソコンは不可欠。お勧めのOSはWindows。最近市販されているパソコンであれば,Webショップ運営に支障はない。
商品撮影に必須のデジタルカメラ現在,持っているデジカメを使えばほとんど問題はない。これから購入する場合は,以降の記事をチェック!
伝票類などを出力するプリンタ購入者に送付する納品書や請求書を印刷するためにプリンタは必須。印刷スピードの速い機種を選ぼう。
筆用ソフト類も揃えておく画像を編集・加工したり,ウィルス対策のために各種ソフトも必要になる。詳しくはこの後の記事をチェック!
プロバイダなどの契約も忘れないこと!すでにインターネットに接続できる環境の人も多いが,常時接続であることを確認すること。

デジタルカメラを選ぶ4つのチェックポイント~「ズーム」「露出補正」の機能をチェック

商品撮影に欠かせないデジカメ。まず,チェックすべきは「画素数」。300万画素などその数値が大きいほど画質は鮮明で,ピクセルという単位で呼ばれます。現在は,1000万画素のデジカメも販売されていますが,ネットショップに画像を表示する目的であれば,200万画素のデジカメでも問題ありません。

必ずチェックしてほしいのは「ズーム」の機能です。ズームしても画像が粗くならない「光学ズーム」を選びましょう。最近のデジカメは「光学ズーム3倍,3倍以上はデジタルズーム併用」をアピールする機種が多いですが,「光学ズーム3倍」機能だけでも十分です。

また,「露出補正」の機能も必要です。完成した商品画像の色合いが明るすぎたり,反対に暗すぎたりした場合は,手動で「露出補正」の数値を変更して撮影する必要があります。今後公開予定のSTEP5の記事にて,デジカメによる商品撮影術を紹介します。「露出補正」が重要な役割を担っていることをまとめていますのでご参照ください。

撮影後の商品画像をその場で確認するため,液晶モニタが必要になります。なるべく大きなモニタを選びましょう。

 デジカメを選ぶ4つのチェックポイント

1:画素数デジカメ写真のタテ×ヨコのピクセル数によって決まるのが画素数。200万画素あれば充分。
2:ズームズームには光学ズームとデジタルズームの2種類がある。光学ズームはレンズの焦点距離を変えて,遠くの物体を拡大して写す。ズームしても画像は粗くならない(デジタルズームは粗くなるので要注意)。デジカメ購入の際は,3倍程度の光学ズーム機能付きを購入しよう。
3:露出補正通常,露出補正は「0」に設定してあるが,見た目通りの色にならない場合は,手動で露出補正して撮影する必要がある。デジカメは露出補正付きを選ぶこと。
4:液晶モニタ撮影後に商品画像をその場で確認できると便利なので,大きな画面ではっきり見えるものを選ぼう。

「ウィルス対策」「画像編集」の2つのソフトを用意~お店の信用問題にもかかわる場合も

ネットショップを運営するためには,どんなソフトが必要でしょうか。まず必要なのが「ウィルス対策ソフト」です。万が一,パソコンがウィルスに感染した場合,運営者のパソコンに不具合が生じるだけでなく,購入者にウィルスをばらまいてしまう危険があります。ネットショップの信用問題にかかわりますので,必ず導入しましょう。

さらに「画像作成ソフト」も必須です。デジカメで撮影したままの画像は,そのままでは容量もサイズも大きすぎます。そこで,お店ページに適したサイズに修正する必要があります。その場合,活躍するのが「画像編集ソフト」です。また,このソフトを使えば画像も補正できます。撮影した商品画像が暗くなってしまった場合は,画像編集ソフトである程度明るく調整できます。

そのほかお店ページを作成する場合は,「ホームページ作成ソフト」があると便利ですが,ショップサーブ2などのネットショップ専用のホスティングサービスを利用すれば必ずしも必要はありません。

 窓の杜。ネット上からソフトをダウンロード!さまざまなソフトをダウンロードできるサイト。有料・無料のソフトが豊富に揃っている。

図 窓の杜。ネット上からソフトをダウンロード!さまざまなソフトをダウンロードできるサイト。有料・無料のソフトが豊富に揃っている。

 ウィルス対策ソフト

商品名メーカ名備考
ノートン・インターネットセキュリティシマンテック代表的なウィルス対策ソフト。ウィルスの脅威からパソコンを守るのはもちろん,ファイアウォール機能も付いている。

 画像作成ソフト

商品名メーカ名備考
フォトショップエレメンツ6アドビ システムズWebで公開する画像を最適化するなど,画像修正や加工に威力を発揮。
ペイントショッププロピーアンドエーネットショップの場合,画像編集はこのソフトがあれば可能。

著者プロフィール

株式会社Eストアー

Eストアーは,企業の事業活動インフラであるEコマースの成長と発展に寄与することを経営方針として,あらゆるネットビジネスのサービスやそれを実現する手段の1つであるレンタルサーバーを提供しています。

ショップサーブ2http://shopserve.jp/

コメント

コメントの記入