今すぐ始めるECサイト~ショップサーブ2であなたもネットショップオーナーになれる!

[開店前準備編]STEP3:Webショップの基本となる運営スタイルを決めよう―お店の名前,キャッチコピー,決済方法……の準備

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第3回目の今回は,実際にホームページを作るために決めるべき事項について紹介します。

「独自ドメイン」を取得する

訪問者が覚えやすい簡潔な文字列に決める

独自ドメインとは「http://www.○○.com/」などで表されるネット上の住所のようなもの。お店ページのURLと,問い合わせ用などのメールアドレスに使用します。これらは,お店の訪問者に公開される「お店の顔」です。

プロバイダやブログ運営会社のサービスを利用しても,URLやメールアドレスを取得できますが,提供会社の名前が入ったり,無料サービスだったりと,いわば不安定な借家の状態。独自ドメインを所有することで,お店としての信頼度はグンと上がります。

ネットショップの多くは,独自ドメインでお店ページを運営しています。これから開業するお店にとって,独自ドメインは必須です。ドメインには「.COM」「.JP」などがあります。独自ドメインは,店名や商品をイメージしやすい名前が最適です。訪問者が覚えやすい簡潔な文字列にしましょう。

図1 独自ドメインとは

図1 独自ドメインとは

お店の名前を決める

図2 店主40人に聞いた!

図2 店主40人に聞いた!

「商品をイメージできる」などを重視して店名を付ける

ショップ名は,お店の「顔」です。それだけに,一度決めたらそう簡単には変更できませんので,慎重に決める必要があります。

では,どんな名前を付ければいいのでしょうか。ネットショップの店主40人に聞いたところ,「商品をイメージできる」「名前が覚えやすい」「インパクトがある」の3要素を重要視していることがわかりました。これらを意識しながら,付けていきましょう。なお,「おれもけ!」(上の画像参照)など,店名を短縮させたアイデアあふれるショップ名も,一度目にしたら忘れないユニークなショップ名の一つです。

ただし,すでに利用されている店名は使わないほうが良いでしょう。とくに「無印良品」など知名度の高い店名は,訴訟問題に発展する可能性があるので,絶対に使ってはいけません。

お店のロゴをつくる

図3 お店のロゴをつくる

図3 お店のロゴをつくる

お店の雰囲気に合う専用のロゴが必要

ネットショップのお店ページに訪問者がアクセスしたとき,「ちょっと見てみたい店だな」と判断するのにかかる時間は,約3秒。訪問者はぱっと見で,そのお店の良し悪しを判断してしまうことが多いです。

そのため,お店ページを作るときは,訪問者がまず初めに目にする可能性の高いトップページの作り方が重要。中でもショップ名は一番目立つ位置に配置されるため,とても大切。お店の雰囲気に合う専用のロゴを作り,目立たせてアピールするようにしましょう。主にベビー服を扱う「ボンボンママン」(図3左を参照)は,優しい雰囲気のロゴデザインが店のイメージにぴったりです。

また,イラストなどを使用しないで,文字(書体)だけでロゴを作成し,店名を表現する方法もあります。「さば寿司・美園~みその~」(図3右)は,シンプルな和風の書体を使うことで,落ち着いた印象をアピールしています。ただし,書体は想像以上にインパクトがあります。洋風の店に和風の書体を使うと,逆効果です。店のイメージに適した書体を選びましょう。

お店のキャッチコピーをつける

「自店のセールスポイント」「専門性」をアピール

ショップ名を決めて,お店の雰囲気に合わせたロゴや書体を作る過程で,もう1つ,重要な作業があります。それは,お店のキャッチコピーです。

訪問者が,お店ページを訪ねたときぱっと見が重要であることは,「お店のロゴをつくる」のページでで説明しましたが,このキャッチコピーはぱっと見の印象度を,さらに高める効果があります。

お店のキャッチコピーは,ショップ名だけでは伝えきれないことを,アピールする役割を担います。つまり,ショップ名を補完する存在となるのです。具体的には「自店のセールスポイント」「専門性」をアピールするのが基本です。

なお,キャッチコピーは,ショップ名の近くに配置すること。あまり離れていると,訪問者に対する訴求力は落ちてしまうので,要注意です。

また,コピーを「ロゴの中に埋め込む」のも戦略の1つ。こうすることで,店名とキャッチコピーの印象が合わさり,どんなお店であるかがイメージしやすくなります。

図4 キャッチコピーの付け方

図4 キャッチコピーの付け方

著者プロフィール

株式会社Eストアー

Eストアーは,企業の事業活動インフラであるEコマースの成長と発展に寄与することを経営方針として,あらゆるネットビジネスのサービスやそれを実現する手段の1つであるレンタルサーバーを提供しています。

ショップサーブ2http://shopserve.jp/

コメント

コメントの記入