SwapSkills Free Event(vol.6)「レスポンシブウェブデザインと表裏一体の”モバイルファースト”を理解する」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2011年11月16日(水)に,スマートフォンサイト制作の主流になるコンセプト,モバイルファーストに関する勉強会が開催されました。

モバイルファーストというキーワードは日本のWebマーケティング界でも出現

モバイルファーストという言葉が,日本のWebマーケティング界のイベントでも出現するようになった事もあり,Webデザイナーやコーダーなどのデベロッパーの方々よりも,ディレクターやマーケッターの参加が過半数以上での開催となりました。

講演者の菊池氏はアップルストア銀座で開催された事や,いち早くモバイルファーストをパソコンに搭載している企業である事などの理由からか,スティーブ・ジョブズ氏が再度アップル社に戻った際のスローガンである「Think different.」という言葉を利用して解説しはじめました。

画像

「Think different.」とは,今までの考えとは違う考え方をしようという意味になります。

今までWebページは,まず初めにパソコンサイトを制作して,次に携帯などのモバイルサイトを制作していましたが,今後はモバイル(スマートフォン)サイトを初めに制作する事が常識になる,つまり「Think different.」の考えが必要になると解説しました。

モバイルファーストの必要性の理由として,近年のスマートフォンの普及を述べました。当初は,スマートフォンは男性の所有率が高く,ネイルなどをやっている女性には浸透しにくいと言われていましたが,2011年1月の調べでは,F1層(20歳から34歳までの女性)の7割がスマートフォンに興味を持ち,2011年10月時点の携帯電話の販売台数の70%がスマートフォンになっている情報を紹介しました。さらに,スマートフォンのアプリを紹介するアプリソムリエというコンテンツや,シニア向けスマートフォン利用講座などもあり,社会現象にもなりつつあると説明しました。

画像

また,日刊サイゾーのTweet日刊サイゾーの10月のスマホPV(スマホサイト+アプリ)が,PCサイトの1.5倍となり,軽くオリジナルを超えてしまった。もうみんなPCでニュースを見ない時代に完全に移行してしまっている 11月8日の声を例に,ユーザーの利用方法も変化していると解説しました。

つまり,ターゲットはパソコンユーザー層だけでなく「老若男女」になり,同じユーザーでも「パソコンからスマートフォンの利用」が増えてきていて,スマートフォンサイトを今までのようなサブ的な扱いで制作するのでは成り立たないと解説しました。

モバイルサイトで重要なものはコンテキスト

2007年に行われたSXSWというイベントでCameron Moll氏が発言したコンテキスト※1は非常に大切。人を取り巻く環境,場所やモノ。コンテンツがその状況を踏まえてなければ全く価値を見出すことはできないを引用し,スマートフォンを利用するシーンを考えながら,マーケティングやサイト制作をすることが,モバイルサイトでは最も重要だと話を進めていきました。

画像

例えば,急いでいる時と急いでいない状況でのスマートフォンの利用方法は異ると解説します。実体験として菊池氏は,飛行機の搭乗時についての話をしました。それは,モバイル画面でのチケットで搭乗しようと搭乗口に行った際に電話がかかってきてしまい,一旦電話を切ってその画面に戻ろうとしたがなかなか戻る事ができなかったというものでした。

このように,コンテンツによって想定される様々なコンテキストを考慮してサイトを制作する事が,モバイルサイトとして重要であると説明しました。

※1)
コンテキストとは「脈絡」⁠状況」⁠前後関係」⁠背景」の意味で解説しています。

著者プロフィール

SwapSkills

都内でWebプロフェッショナル向けに講座の開催をしていallWebクリエイター塾主催のマンスリー勉強会。講座では教えられない内容,実務についてのウェブの技術者にむけて低価格にて提供しています。2012年1月28日(土)に,菊池氏による本物のレスポンシブウェブデザインの技術で学ぶ,スマートフォンサイト制作講を予定しています。詳細は,本物のレスポンシブウェブデザインの技術で学ぶ,スマートフォンサイト制作講詳細ページまで。

コメント

コメントの記入